歩いて再び京の都へ、の前に 日光道中二十一次 二人旅へ、旅立ち一歩・後編。

2020年6月16日(火)日本橋を出立し、日光道中の旅が始まりました。 あちらこちらと寄り道しながら、亀足亀足で浅草雷門前へたどり着き、 時刻はお昼には少し早いが、雷門手前のレストランでマスク外して足休め昼食。 1時間ほどゆっくり足休めをして…

歩いて再び京の都へ、の前に 日光道中二十一次 二人旅へ、旅立ち一歩・前編。

2020年6月16日(火) 今日も梅雨の中休みで、薄曇りの夜明にそよ風。 できるだけ朝のうちに旅立ちしようと、身支度をして朝の5時半、 自転車にて最寄りの駅へ。 いや~、懐かしい時間帯だ!20年前まで毎朝通勤した時間帯。 夏の朝のヒンヤリ感がい…

歩いて再び京の都へ、の前に 日光道中二十一次 二人旅へ、プロローグ

日光道中へのプロローグ、 2013年2月9日旅への記述。 (作成ブログ自体は終了となり、趣味人クラブで一部記載) 某新聞社が読者へ配布した、歌川広重の浮世絵「東海道五十三次」 の額絵です。 ポン友が、3年ほど前に通しで歩きました。「しんどかった…

水無月6月の徒然 農道散歩道

令和2年6月8日(月) スイレンボクが今朝も沢山咲いた。 4日ほど前から連日の乱れ咲きとでもいうのか、30~50輪は咲き続いてる。 一日花なので夕刻には閉じてしまうので、今年はもう150花ほど咲いたようです。 (開花数を数えるのが日課になって…

水無月・6月の徒然 自粛解除だけど、

ちょっとお天気の不安定な6月。 閉塞感のあった日々も、徐々に開放され始めてきた。 このまま2次云々など起きないよう、願うばかり。 公園の駐車場も封鎖解除となり、お茶亭、市図書館も再開。 久しぶりにぶらぶら散策で回ってきた。 解放されたお茶亭庭園…

水無月・6月の徒然 雨の六月入り

昨夜来の霧雨模様の6月入り。 庭の花々も、しっとりとした姿で優しげに咲き続いています。 セイヨウバイカウツギ(西洋梅花空木) クレマチス プリンセス・ダイアナ カンパニラ ケント・ベル クレマチス 新枝咲きのエンテル 雨と言えばアジサイです。 ヤマ…

五月 日々徒然 庭の花 2

令和2年5月25日(月) コロナ騒動も、なんとか収束へ向かいそう。 首都圏も明日には解除宣言がだされるようだ。 以外にも気温の上がった午後、近くまで所用があり、デジカメをもって 久しぶりの公園を通て歩いてみた。 木々の緑は一段と深まり、池周りの…

五月 日々徒然 庭の花々

五月晴れ、はや5月も中半。 先が見えてきたように感じるコロナ騒動だが、まだまだ油断は禁物。 AM4:20 無風、晴れ。 夜明け空にはさざ波雲(巻積雲)が浮かんでる。 まるで秋の空到来のようだ。 日中は心地よい夏日になる予報。 AM4:20 夜明け…

五月 日々徒然 夏日になった日 多門院の花々

五月も3日、暑い夏日の憲法記念日、そして静まり返るGW。 コロナ騒ぎで昨年の5月1日、令和発令の日を思い起こさづに過ごしてしまった。 ぐんぐん気温が上がり、午前中に30℃を越えて真夏日になった2日。 自転車に30分ほど乗って、郊外の花のお寺・…

誕生 オオカマキリの孵化

昨年秋にいっぱい枝を伸ばした鉢植えの雲南黄梅。 傘仕立てにしようと、切り落とした枝に見つけたカマキリの卵嚢(らんのう)。 こりゃ、しまったと、卵嚢の付いた枝を短く切って、幹に縛り付けておいた。 何年か前にもツツジの枝に卵嚢を見つけ、翌年春のカマ…

4月徒然ブログ 今年もキンランが咲いていた。

家近くに広がる雑木林は、むかしは雑草が生い茂り、ゴミ捨て場状態で 近寄るのも避けていましたね。 環境問題が大きく取り上げられるようになってから、 県や市の管理が入るようになり、今は公園や散策道が続いてます。 整備された木漏れ日さす雑木林内に、…

4月徒然ブログ クレマチス・ダッチス・オブ・エジンバラ

令和2年2月24日 ふと見ると枯れたような枝に芽吹きがあった。 4年目を迎えたクレマチス ダッチェスオブエジンバラ。八重咲きのクレマチスで、完全に八重咲きになるという特徴をもっています。125年以上栽培されているという歴史があり、白花のクレマチ…

春は弥生の3月、車中泊1泊での最後の長距離ドライブ (完)

東京に桜咲いた、の宣言がでたら雪が降ったりの弥生三月。彼岸の21日は遂に傘寿、80才到達。マイカー無しで過ごしていたが、定年後に30年ぶりに運転再開。高齢者講習、検査を受けながら免許更新をし、まだまだの気は十分未練あれど、事故を起こしてか…

春は弥生の3月、車中泊1泊での最後の長距離ドライブ (5)

東京に桜咲いた、の宣言がでたら雪が降ったりの弥生三月。彼岸の21日は遂に傘寿、80才到達。マイカー無しで過ごしていたが、定年後に30年ぶりに運転再開。高齢者講習、検査を受けながら免許更新をし、まだまだの気は十分未練あれど、事故を起こしてか…

春は弥生の3月、車中泊1泊での最後の長距離ドライブ (4)

東京に桜咲いた、の宣言がでたら雪が降ったりの弥生三月。彼岸の21日は遂に傘寿、80才到達。マイカー無しで過ごしていたが、定年後に30年ぶりに運転再開。高齢者講習、検査を受けながら免許更新をし、まだまだの気は十分未練あれど、事故を起こしてか…

春は弥生の3月、車中泊1泊での最後の長距離ドライブ (3)

東京に桜咲いた、の宣言がでたら雪が降ったりの弥生三月。彼岸の21日は遂に傘寿、80才到達。マイカー無しで過ごしていたが、定年後に30年ぶりに運転再開。高齢者講習、検査を受けながら免許更新をし、まだまだの気は十分未練あれど、事故を起こしてか…

春は弥生の3月、車中泊1泊での最後の長距離ドライブ (2)

東京に桜咲いた、の宣言がでたら雪が降ったりの弥生三月。彼岸の21日は遂に傘寿、80才到達。マイカー無しで過ごしていたが、定年後に30年ぶりに運転再開。高齢者講習、検査を受けながら免許更新をし、まだまだの気は十分未練あれど、事故を起こしてか…

春は弥生の3月、車中泊1泊での最後の長距離ドライブ (1) 甲斐の猿橋 松本城

東京に桜咲いた、の宣言がでたら雪が降ったりの弥生三月。 彼岸の21日は遂に傘寿、80才到達。 20代に取得し、札幌勤務時代に社用車に乗っていたが、 東京勤務となって運転の機会がなく、マイカー無しで過ごし、定年後に諸事情で マイカー購入で、30…

春は弥生の3月

春!の陽気でスタートした3月だが、ちょっと不安定な日が続いてる。 春嵐のような強い東風も収まった6日、花の様子見に立ち寄り。 多門院の庭ではシラネアオイが芽生え、葉を広げだしていた。 いや、あれは!とデジカメをズームしてみると、 咲き始めてる…

セツブンソウの群生地へ。

県北西部の秩父地方、小鹿野には日本百名山の両神山(1723m)への 山道沿いに、日本一といわれるセツブンソウ群生地がある。 今年はかなり咲き進んでる様子なので、春日和の23日(日)、ドライブかねて 車を走らせた。 通り道の飯能市にオープンした…

春探し ちょっと寄り道 多門院

ぽかぽか陽気の21日、市郊外のホームセンターへの帰り、 春探しでいつものお寺多門院へ。 1週間前来たとき咲き始めていたフクジュソウは、あちこちに咲いていたが、 例年より少ない感じ。 咲き始めの黄花セツブンソウもちらほらだけ。 沈丁花が咲き始め、…

春探し、徒然歩き

朝晩の冬らしい冷え込みがあっても、日中は春の陽気が続いてる。 庭では遅れていたクロッカスも、白花が咲き黄花も2日ほど前から咲きだした。 これも例年より遅れたが、シレネ・カロリニアもプランター植えから次々と 咲きだしている。 今朝19日は冬らし…

早春花

ようやく庭の雪割草が花をひらいた。 今年も年明け早々には蕾が膨らみだしていたが、今年は暖冬の影響のようで、 なかなか花開かなかったが、白く膨らみも20日ころからようやく開き始め、 29日には一輪だけ花開いた。 庭の雪割草の開花を受けて、小春日…

歩いて再び京の都へ 旧中山道69次夫婦歩き旅  第37回    2日目・後編 五個荘村~武佐宿

地下道を抜けると直ぐの左側に道標が建ち、安土町東老蘇へ入ります。 続きです。 道標から約400m歩くと、安土町東老蘇集落で、奥石神社(おいそ)の大きな社標、鳥居が建ち、右前方に鬱蒼とした「老蘇の森」へ東参道が続いてますが、 表参道から入ること…

歩いて再び京の都へ 旧中山道69次夫婦歩き旅  第37回    2日目・中編 五個荘村~武佐宿

愛知川を渡り五個荘へ入りました。 (街にはこの案内板が要所要所に建てられてました) 2日目続き、 五個荘へ入ると左手に秋葉山常夜燈、さらに行くと左側に愛宕神社が祀られていました。 愛宕神社から約70m歩くと、臨済宗中興の祖と云われた東嶺禅師御誕…

歩いて再び京の都へ 旧中山道69次夫婦歩き旅  第37回    2日目・前編 愛知川 ~五個荘入口

11月24日(日) AM6:30 有難いことに青空も見える薄曇りの天気。 歩き旅にはちょうどくらいの気温予報で、遠くの山並みが紅葉してますね。 (ホテルの窓からアップで) AM6:30からのホテルの朝食を済ませ、ゆっくり準備をして近江八幡駅へ。…

歩いて再び京の都へ 旧中山道69次夫婦歩き旅  第37回    1日目・後編 高宮宿 ~愛知川宿入口

彦根市モニュメントが見送りです、 続きです。 彦根市モニュメントを過ぎ少し先には、左側に葛籠町標石が埋設されていました。 その先には出町交差点があり、交差点から約10m先の左側に出町と刻まれた標石が 埋設されていました。 付近は行政区域が複雑で…

歩いて再び京の都へ 旧中山道69次夫婦歩き旅  第37回    1日目・中編 高宮宿 ~彦根堺

近江鉄道・踏切を渡り、高宮宿へ入ります。 続きです。 高宮宿は江戸より第64番目。119里7町 468Km京へ16里6町(約64km)、鳥居本宿から約6キロメートル。 高宮宿は多賀大社の門前町として、また近江上布(麻布)の集散地として 大変栄えた…

歩いて再び京の都へ 旧中山道69次夫婦歩き旅  第37回    1日目・前編 鳥居本宿~ 高宮宿 

中山道、夫婦歩き旅も11月初の旅でついに近江の国へ入り。 残すところも70kmを切り大詰めが近づいてきた。 年内にできるだけ京へ近づきましょう、のカミさんの意向あって、 11月22日(金)~25日(月)に再び旅の空へ。 天気は小雨模様も予報さ…

歩いて再び京の都へ 旧中山道69次夫婦歩き旅 第37回 寄り道編 多賀大社

11月23、24日の中山道歩き旅の2日間を無事に歩き、帰りの寄り道は 湖東三山の内の2院、金剛輪寺、西明寺。 素晴らしい錦秋の2寺を後に、お天気も持ちそうなのでもうひつ寄り道へ。 国道307を北へ走り、途中の道の駅「かがやきの里こうら」で早め…