思い出旅 高野山への旅 (1)室生寺

(3年間の写真保存を兼ねた旅紀行を、下書保存作成していたブログ) 思い出旅 ブログ・スイス旅編を終えて、次の思い出旅は和歌山県、高野山です。 2016年6月18日、午後2時51分、 日本橋から126里余(約495キロ)、53の宿場町を通り、 東海道五…

平成31年 写真保存を兼ねてブログ 4月徒然 春 (10)

4月25日(木) 平成もあと5日で、新年号の時代へとバトンタッチですね。 明け方に小雨。 病院の歯科へ行くカミさんを車で送り家へ帰り着いたころには 薄日が差してきた。 予報は曇りでしたが、かなり蒸し暑い一日になりました。 庭のアッツザクラも例年…

平成31年 写真保存を兼ねてブログ 4月徒然 春 (9)

4月24日(水) 薄曇り、一時にわか雨。 20日に一輪開いた、ライラック(リラの花)が、かなり咲き進んできた、 リラックといえば札幌ライラック祭りがよく知られてますね。 いまはすっかり定着した、札幌、いや北海道の初夏の花まつりに なったようです…

平成31年 写真保存を兼ねてブログ 4月徒然 春 (8)

4月22日(月) 昨夜は夜明け近くにトイレへ起き、ベットからの立ち上がり方が悪かったのか、 手術後の傷口が傷み、調剤されていた痛み止めを服用。 夜明けも近いので、そのまま起床。 湯を沸かしいつものように朝のコヒーを入れ(インスタント)、 パソコ…

平成31年 写真保存を兼ねてブログ 4月徒然 春 (7)

4月21日(日) 春らしい、チョッピリひんやり感の残る夜明けを迎えようとしていました。 西の空にはまだ月が姿を残してます。 明るさが増し、日の出を迎えるようです。 21日、日が昇り始めました。 AM5:25 夜明け 日が昇り、月もひっそりと姿を隠…

平成31年 写真保存を兼ねてブログ 4月徒然 春 (6)

手術を受け5日間の入院も終わり、予定通り19日午前に退院出来た。 短い間だったけれど、庭の花々はのびのびと育ち、 山シャクヤクの白花は二鉢とも咲き終え、一輪だけが辛うじて 持ちこたえていた。 昨年は咲かなかった「山シャクヤク・赤花」は大分背丈…

平成31年 写真保存を兼ねてブログ 4月徒然 春 (5) ヒメヒオウギ

先週訪れた神代植物公園の花店で、白花と薄ピンクの花色が気に入って、 二鉢を買ってきた、ヒメヒオウギ。 アヤメ科フリージア属の多年草、南アフリカ原産 6枚の花被片のうち、下側の3枚のつけ根の部分に濃い紅色の斑が入るが 特徴のようですが、いろんな…

平成31年 アルバムを兼ねてブログ 4月徒然 春 (4) 庭

4月の雪。 県北西部では結構積雪があったようだが、家周りはミゾレ?くらいの 終日の前。 冬に逆戻りの厳しい寒さだった。 一夜明けた11日の夜明けは、無風、快晴。 冷気は感じつつも、さわやかな春の戻り。 朝日を受けて、昨夜の前の雫を光らせるミツバ…

平成31年 アルバムを兼ねてブログ 4月徒然 春 (3)  神代植物公園

今年も春のスミレ展の案内ハガキが来ていたので、 おっ、明日が最終日だ、と気づき7日(日)に車を走らせた。 気温は高め、微風。 午前10時に園内へ入り、まずは入口近くのスミレ展へ。 会場入口に飾られた花々の中に、八重咲の柔らかなピンクイの花は、 …

平成31年 アルバムを兼ねてブログ 4月徒然 春 (2)

春4月を迎えて少し遅いかな?と思いながら、4日の午後に都瑞穂町の カタクリの里へ、車を走らせました。 4月にはいってからの大きな寒暖差や強風の影響か、少し傷んだ姿も 多々見受けられ、昨年より群生密度は少ない感じかな。 白花も咲いてましたが、今…

平成31年 アルバムを兼ねてブログ 4月徒然 春 

新元号も「令和」と発表され、新たな新年度が始まった4月。 若者、いや若者だけでなく人々も大移動が始まりますね。 世間では入社式が行われた会社も多かったようです。 1日は快晴の夜明けで迎え、のち曇りそして夜には雨。 (1日夜明け) 雨降って地固ま…

平成31年 アルバムを兼ねたブログ 春徒然 春蘭

3月17日(日)、カミさんがOL新入社員時代から続いてる親友たちと、 年に2回行く旅行の春の打ち合わせを兼ねた昼食会へ行くので、 駅まで送った足で、そのまま30分ほどで行ける瑞穂町の施設と、 更に足をのばして都の薬用植物園へ車を走らせてきまし…

平成31年 アルバムを兼ねたブログ 春徒然 青い菊

昨年、クレマチス園の一般公開へ行った茨城県・筑波実験植物園で、 「世界初の青い菊」の花を初めて一般公開展示されてることを知り、 3月14日車を走らせました。 技術の開発成功は、2017年に記者発表され報道されていたそうです。 今回は、標本のよ…

平成31年 アルバムを兼ねてブログ 3月徒然 春 1

3月9日(土) 東京都多摩のホームセンターへ出かけた帰り、通り道にある 瑞穂カタクリの里と、山野草を楽しめる瑞穂町の社会教育施設「耕心館」へ 寄り道。 弥生3月、春の風 瑞穂町カタクリの里はそろそろ目覚めたか、葉を伸ばし始めたがちらほら。 桜と見誤…

平成31年 アルバムを兼ねてブログ 2月徒然 春探し2 

2月20日 AM6:30 朝焼け、無風、快晴朝靄が漂ってます。 今日は春の陽気になる予報。 庭のオキザリス、クロッカス、雪割草 朝から気温が上がりだし、昼前には窓を開けて春の陽気を・・ あいや~STOP、すぐにピシャリ。 (そうでした、花粉症がい…

平成31年 アルバムを兼ねてブログ 2月徒然 春探し

7日、所用で出かけ帰りに少し回り道して、都薬用植物園へ寄り道。 お目当ては先週寄ったときはまだ見られなかった「節分草」。 入園し真っすぐに山地性植物を栽培のロックガーデンへ向かいます。 あれ、咲いてないのかな?? コーナーに近寄って、目を凝ら…

平成31年、アルバムを兼ねて徒然ブログ 2月立春入り

節分、立春が過ぎて、2月も早6日が過ぎてます。 1日夜明けの月と木星 2日、夜明けの月 3日、夜明けの月、AM6:01 月が昇ります。 月が生まれ変わる新月は5日。 月の出が夜明け後で陽の光の中に溶け込んでしまうので、 肉眼で見える一番細い月のよ…

平成31年 日々徒然 保存写真整理でデジブックアルバムにして、

14年も前の大雪の2月に、ツアーで行った世界遺産の合掌集落・岐阜県白川郷。写真を保存していたCDを、誤って廃棄したと思って諦めていたら、嬉しやひょいと本棚の陰に見つけた。前にもデジブックアルバムにしていたが、誤って消去してしまったので、再…

平成31年1月 アルバムを兼ねたブログ 「冬なれど」

平成の最後の年入り、早くも1月も残すところ5日。 平成の締めもあと3か月となってきましたが、日々は何事も無く 穏やかに過ぎてます。 今月の中頃は、義母さんの99歳の誕生日でした。 お世話になっているグループホームへ、義兄、義姉夫婦、私達が寄合…

平成最後の年の幕開け

平成31年(2019年) 元旦 家の北側の農地へ出て、新たな年の幕明けを迎えます。 月の出も新年の午前2時、 明けましておめでとうございます。 紅梅 蝋梅 夕暮れ夕富士 そして明日へと・・ 穏やかに笑顔で過ごせる世となりますよう。

コハクチョウ

11月中頃に「今シーズンもコハクチョウの飛来が始まりました」との情報が あった埼玉県 川島町を流れる越辺川(おっぺがわ)。 昨21日所用帰りの午後、様子見の寄り道。 おっ、居るいる・・ シロサギのコロニー バン この川にはカモメも飛来する、と聞い…

はや師走も半ば、

師走入りしてから雨模様や雲の多い日々が続いてきた。 久しぶりに夜明けから青空が広がったのは、やっと14日になってから。 北風は強めだったが、冷え込みは若干緩んだ様子。 この風景もいづれは見納めになる動きが始まっている。 当地へ移り住んだ30余…

冬の花、蝋梅(ロウバイ)

はやくも蝋梅が咲いているの花だよりがあって、蝋梅園のある公園へ足を運んでみましたが、葉が生い茂りまだ蕾が見えるくらい。 いつも行く近くの多門院もわりと早くの開花があったのを思い出し、足を延ばしてみた。 多門院の蝋梅は若木が多く、他の木々でも…

メタセコイアの風景

十年以上も前に行った群馬県・鬼石(現藤岡市)冬桜。 途中で見かけたゴルフ場のコース縁取りに、見事な円錐形の茶褐色に煌めく 並木を見て気をひかれ、帰り道に立ち寄ってみると「メタセコイア」と樹札 がありました。 そういえば散歩公園の池周りにもあっ…

夕暮れ近くに二重の虹が現れた。

昨日は曇り空で気温も低く寒かったが、 今日3日も雲の多い一日、なれど気温は高めの予報。 午前中には日も差し込み青空も広がりを見せるか、・・ と期待したが 昼ちかくから再び雲が広がり日差しは途絶え、ぱらぱら雨の雫も。 そんな日中を過ごし、午後の4…

平成30年(2018年)も最後の師走いり、

平成30年12月1日、師走。ということは平成最後の年の暮れということ。 中仙道街道旅も来春までは足どまり(の予定)。 旅の記録をブログで残してきましたが、ついついブログに疎遠に。 脳トレを兼ねて、日々徒然をアルバム替わりに、記すことに。 まず…

歩いて再び京の都へ 旧中山道69次夫婦歩き旅  第32回 大湫宿~御嵩宿 (四)

PM2:20、皇女和宮通行の際、御殿が造られたという物見峠の御殿場展望台 で、暫しの足休め。 展望台には子供や、法要姿の方が数人いました。 あれ?どうしてこんな峠に礼服を着た方がいるんでしょう?? 10分ほど足休めをして、街道へ戻ります。 トイレ…

歩いて再び京の都へ 旧中山道69次夫婦歩き旅  第32回 大湫宿~御嵩宿 (三)

細久手宿を後に、御嵩宿へと足を進めます。 右手の土手の上には、石窟に祀られた「西坂辻の穴観音」があります。寛政13年(1801年)に建立された馬頭観音が安置されてます。長寿クラブの案内板に「九万九千日観音この観音様の縁日に線香をお供えしてお…

歩いて再び京の都へ 旧中山道69次夫婦歩き旅  第32回 大湫宿~御嵩宿 (二)

弁財天の池で暫し小魚を探したりしながら足休めをし、丘陵上の県道65を 進みます。 街道書に、この先に「ハナノキ自生地」がある、と記されています。 9月の中津川~大井(恵那)の旅路に、マンホール蓋にハナノキを見つけ 中津川山中に国指定天然記念物…

歩いて再び京の都へ 旧中山道69次夫婦歩き旅  第32回 大湫宿~御嵩宿 (一)

*ひょいと歩き出した東海道五十三次。途中で、断念かの肝臓癌をなんとか乗り越えて、京の三条大橋へ到着。勢いをかって「歩いて再び京の都へ」と乗り出した中山道六十九次。またまた腹部大動脈瘤、心臓動脈硬化、そしておまけに腹部ヘルニア。挫折しそうに…