読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歩いて再び京の都へ 旧中山道夫婦旅   (第5回) 鴻巣宿へ

中山道 武蔵国

江戸から7番目、鴻巣宿を後にします。<5回目、中山道旅の続きです。 すぐに第3中山道踏切を渡り、旧j中山道(県365)は北鴻巣、箕田(みだ)に向かいます。

画像

地図でチェックしてきましたが、このあたりが「日本橋から50km超えと思われます。

画像

左手に曹洞宗・寛永11年創建の永林寺、さらにすすむと天長2年(825年)創建の古刹、真言宗光徳寺が あります。

画像

右手に渡辺綱ゆかりの馬頭観世音菩薩を祀る「箕田観音堂」

画像

左手奥に宮登神社。本殿裏に市指定史跡、宮登古墳があります。

画像

左に創144年の箕田小学校、右奥に永長2年(1097年)開山、徳川家代々将軍より寺領5石を給付された 真言宗豊山派の龍昌寺がありました。

画像

小学校を過ぎて右側に箕田郷27ヶ村の鎮守、氷川八幡神社があります。 箕田郷は箕田源氏(武蔵武士)発祥の地、境内に宝暦9年(1759年)建立の箕田碑があります。

画像
画像

しばらく進み左手に馬頭観音拝み先を右奥に入ると、承平元年(931年)創建の氷川神社が 古墳の上に鎮座してます。

画像
画像

神社の前にある真言宗のお寺の塀沿いに行くと、武蔵水路に突き当ります。 水路は首都圏の水確保のため利根川から荒川に引き入れた全長14.5kmの用水路でした。 昭和40年(1965年)完成。

画像画像
画像

右は行田(忍)、館林を通り、日光例幣使街道に合流する日光脇往還の館林道で日光裏街道と言われます。 (北鴻巣駅は右へ行きます) 旧中山道は左へ入り、入口には地蔵堂、庚申塔があります。 鴻巣宿からほぼ一里(約4km)、旅人はここらで一休みしたのか往時は立場があったという。

画像

街道に入ってすぐに、石塔が2基(1727年、1714年建立とか)、すぐ先に正徳2年(1712年)建立の庚申塔罔象女神(みつはのめのかみ)が祀られています。 そして右手に祠の中に六地蔵碑。

画像

田園風景の広がる中山道を進みます。 左手に道を折れて入ると、正徳2年(1625年)開創の曹洞宗・龍昌寺があります。 関東郡代伊那備前守が開山旦那で、境内に多くの板碑がありました・

画像

街道へ戻ると角に前砂村標石が立ってます。 「江戸より15里余、池田英泉の鴻巣吹上富士はこのあたりで描かれた」とありました。

画像

英泉画

画像

(今日はうす曇り。富士は雲の中、あのふきんかな?)

画像

「あら、この柱が一里塚跡かしら??) カミさんの声で道端を見ると、白い杭が立ってます。 よく見ると、一里の文字が辛うじて読めました。 江戸から14番目「前砂の一里塚でした。

画像

(56km来たことになるんだね) 街道案内を見ると、右手の江原家門内に「忍領界石標」があると記してます。 道からチョとのぞかせてもらいました。あの立ってるのがそうだね。

画像

先の前原信号地で道は二手に分かれます。 「中山道こうのすふきあげ・・・」の中山道道標がありました。 「京三条大橋へ百二十一里三十二町、熊谷j宿・へ二里二十二町」などが刻まれてます。

画像

中山道みち案内もありましたね。

画像

中山道は右手の道を行きます。 JR高崎線の線路が近寄ってきて、しばらくして第4中山道踏切を渡って線路を超え、すぐ左手の道に中山道は続いています。

画像

左を行くと、先にまた二股。妙徳地蔵堂がありました。 眼病に霊験からたかと謂れ、お参りする人が絶えなかったそうです。

画像

もうすぐ先、吹上駅入り口です。 手前右手奥に、浄土宗のお寺がり、家の宗派なのでお参りによりました。 浄土宗吹上山。勝願寺。 創建は不明のようですが、江戸期徳川家から寺領八石の朱印状を拝領していたそうで、 境内の鐘楼で時の鐘をついたと言われます。

画像

午後3時、吹上駅前にて、今日の旅は足止めです。

画像

吹上駅より北本駅へ電車で戻り、駐車してたマイカーで家路へ。 (年内に歩けるとこまで、歩いてしまいましょうね、・・カミさんがのりのり・・) 今度の土日、いづれかも旅かな? 、