神田川沿い江戸川公園 初冬の秋景色

紅葉便りで初めて知った都文京区の肥後細川庭園。

さっそく所用帰りに寄り道で、東京メトロ有楽町線江戸川橋駅下車。

庭園へ向かうは「神田川」沿いの道で、公園として整備され、

幼い子を連れたファミリィーで賑わっていた。

(写真はクリックで大きくなります)

f:id:hansui:20211213064702j:plain

神田川は、東京都、井の頭恩賜公園内にある井の頭池に源を発し東へ流れ、

両国橋脇で隅田川に合流する、流路延長24.66kmの一級河川

というより、フォークソング、「神田川」で親しまれた川ですね。

f:id:hansui:20211213064756j:plain

神田川に沿って続く「江戸川橋公園」

公園には散策路があり、名残りモミジなどの秋景色が続いていた。

川側には桜並木が続き、春には晴れやかな風景が広がりそう。

f:id:hansui:20211213064820j:plain

f:id:hansui:20211213064843j:plain

f:id:hansui:20211213064909j:plain

f:id:hansui:20211213064934j:plain

f:id:hansui:20211213064956j:plain

f:id:hansui:20211213065021j:plain

f:id:hansui:20211213065045j:plain

f:id:hansui:20211213065110j:plain

f:id:hansui:20211213065139j:plain

f:id:hansui:20211213065203j:plain

f:id:hansui:20211213065224j:plain

f:id:hansui:20211213065246j:plain

 

f:id:hansui:20211213065339j:plain

公園の先には、椿山荘(裏手にあたるのかな)

f:id:hansui:20211213065434j:plain

さらに先き、目白台台地の急傾斜地に「水神社(水神神社)」

鳥井後ろの大銀杏は推定樹齢600年という、

f:id:hansui:20211213065508j:plain

生い茂りすぎて、今年バッサリ枝切り、それでも雄大な姿。

f:id:hansui:20211213065541j:plain

f:id:hansui:20211213065713j:plain

f:id:hansui:20211213065751j:plain

花壇には冬の花シクラメンの原種品種などが可愛らしく咲いている、

f:id:hansui:20211213065828j:plain

f:id:hansui:20211213115749j:plain

f:id:hansui:20211213065858j:plain

チョと珍しい花紋様ノビオラ

f:id:hansui:20211213065928j:plain

f:id:hansui:20211213115832j:plain

帰りの通りすがり、ヘイ、コンニチワ、公園内遊歩道をノッシノッシと散歩する大亀

f:id:hansui:20211213065959j:plain

体長、7~80cmくらいかな、ケズメリクガメというそうだ。

f:id:hansui:20211213070025j:plain

冬晴れの温かな川沿い公園、子たちの明るい声が聞こえてる・・・ 完










 

知ってすぐに訪れた「肥後細川庭園」

東京都文京区、神田川沿いに、旧肥後熊本細川家の下屋敷跡があり、

現在は文京区管理の庭園として公開され、名残の紅葉を楽しめると知り、

丁度都内へ所用で出掛けるのでと、昨11日立ち寄りをしてきました。

庭園パンフ案内を引用、

「この地は江戸時代中期以来、旗本の屋敷だったが、後に徳川御三家の一つ、

清水家の下屋敷となり、また一橋家の下屋敷にも転じ、

幕末に肥後熊本54万石、細川越中守の下屋敷、抱屋敷となりました。

昭和36年に東京都の都立公園として開園し、後に文教区に移管された。」

とあります。

そんな庭園の一部を記録ブログアルバムにしてみました。

(写真クリックで大きな写真になります)

f:id:hansui:20211212143616j:plain

f:id:hansui:20211212143817j:plain

江戸時代から品種改良を重ねて来た熊本独特の花「肥後六花」の中の肥後菊

f:id:hansui:20211212151003j:plain

f:id:hansui:20211212151055j:plain

f:id:hansui:20211212151158j:plain

f:id:hansui:20211212144020j:plain

f:id:hansui:20211212150837j:plain

地形の変化を巧みに取り入れた池泉回遊式庭園、

f:id:hansui:20211212144232j:plain

f:id:hansui:20211212144524j:plain

f:id:hansui:20211212144633j:plain

台地の湧水を取り入れた池、モミジの写り込みが美しい、

f:id:hansui:20211212144800j:plain

f:id:hansui:20211212145407j:plain

f:id:hansui:20211212145503j:plain

冬の風物詩、雪吊り

f:id:hansui:20211212145742j:plain

f:id:hansui:20211212150012j:plain

f:id:hansui:20211212150112j:plain

f:id:hansui:20211212150210j:plain

f:id:hansui:20211212150324j:plain

f:id:hansui:20211212150454j:plain

f:id:hansui:20211212151402j:plain

目白台台地の急傾斜を山に見立てた森へ踏み入る、

f:id:hansui:20211212151506j:plain

f:id:hansui:20211212151558j:plain

f:id:hansui:20211212152316j:plain

f:id:hansui:20211212152420j:plain

イイギリの赤い実が美しい

f:id:hansui:20211212152529j:plain

f:id:hansui:20211212152718j:plain

f:id:hansui:20211212152807j:plain

f:id:hansui:20211212152846j:plain

f:id:hansui:20211212153001j:plain

時をわすれ、歩き続けていたい肥後細川庭園。

f:id:hansui:20211212153423j:plain

令和3年12月11日 東京都文京区 肥後細川庭園  完

歩いて再び京の都への前に 日光道中二十一次 (第十歩)

日光街道第九歩は、11月18日、PM4:40夕暮れの小山駅で足止めに。

師走にはいり、世間は気忙しさが増してくる時候が、明日はいい天気になりそう、

て再び日光街道歩きへ。

12月5日(日)前回足止めの栃木県小山市へ早めの電車を乗り継ぎ到着。

AM9:30 小山駅から旅立ち。

f:id:hansui:20211206134231j:plain

駅前より、小山宿江戸口にあたる駅から南西へ約1,2kmの天満宮へ向かいます。

駅の西すぐ近くにあるのが、鎌倉時代創建という造土宗・常光寺。

1889年(明治22)からの20年間、小山町役場が置かれていたそうな。

f:id:hansui:20211206135533j:plain

山門を入ると正面に二十三夜堂、本堂はその左手にあった。

f:id:hansui:20211206145650j:plain

山門を入って右手に、六地蔵

街道書には、

小山市教育委員会指定文化財になっている阿弥陀如来坐像がある」記され、

寺の説明パネルも建てられていたが、有るのはその台座だったらしい石組台のみ。

f:id:hansui:20211206150915j:plain

常光寺の説明板によると、
(この青銅の阿弥陀如来坐像は、寛延元年(1748)の作であるが、
慶応四年の戊辰戦争小山の戦いで、幕府軍の流弾が台座後部に命中し、
今もその傷跡をとどめている歴史資料で、境内にある。)とある。
修理、もしくはどこかの博物館か美術館に出張されていたか?

(調べてみても不明のまま)

常光寺を後に街道(県道265)を西へ十数分、小公園の一角に

享和3年(1803年)建立という天満宮と掲げた石鳥居が建ち、

天満宮・稲荷神社・雷電神社三社が合祀され天満宮が祀られてます。

門前通り辺りに土塁や矢来柵がり、小山宿の江戸口(南)であったという。

f:id:hansui:20211206152034j:plain

お堂脇には嘉永3年(1850年)建立の十九夜塔(左)、宝篋印塔(右)がある。

f:id:hansui:20211206161842j:plain

日光街道小山宿は、元和3年(1617年)以降に宿駅に指定されたと考えられ、
江戸・日本橋から数えて12番目の宿場。

天保14年(1843年)日光道中宿村大概帳によれば、

家数423軒、本陣は1軒、脇本陣は2軒、旅籠が74軒、宿内人数 1392人

小山宿は「五街道追分の地」とも呼ばれ、日光街道日光道中)、壬生通り

結城道、佐野道、栃木道が交差する交通の要所であった。

江戸からの距離、20里2町20間(約79km)、「天下分け目の関ヶ原合戦」の

プロローグとなった地でもある。

天満宮前から改めて、小山宿へと入ります。

おっ、日光は近いね~

f:id:hansui:20211206154909j:plain

宿内を15分ほど行き、街道書の通り左手に折れると、右手に鐘楼山門の待宝寺。

享保13年(1728年)、八代将軍徳川吉宗が日光社参時に休息所としたという。

f:id:hansui:20211206160329j:plain

山門に掲げた木札には「弓削道鏡根本開基寺」とある。

道鏡の開基となると、奈良時代の開基の古刹ということだ。

弓削道鏡は、奈良時代の僧で、河内(大阪府)弓削郡(現・八尾市弓削)に生まれ、東大寺写経所の請経使から身を起こし、宮中の看病禅師となり、聖武天皇の娘・孝謙天皇(女帝・後の称徳天皇)の病気を呪法を用いて平癒させた。そのことから天皇の寵愛を受け、太政大臣禅師(人臣としての最高位)に任ぜられ、翌年には法王となり、天皇位をうかがうまでになった。
 しかし、称徳天皇が病死すると皇位を狙う陰謀の罪で下野国薬師寺別当として

流され、そこで没したとされる。龍興寺(下野市)境内に道鏡の墓と伝えられる塚がある

という。

f:id:hansui:20211206161250j:plain

梵鐘は、寛政4年(1792)に鋳造された、と街道書にあり、鐘楼門の鐘と思ったら、

境内の祠に安置されていた。

銘文に天皇の名有ったため、第2次世界大戦中の供出を逃れ、戦前に作成された

梵鐘としては、市内で唯一の鐘。

f:id:hansui:20211206163519j:plain

街道へ戻りすぐ先、道を挟んで右手に??マークだった記念館。

調べてみると、「2003年に亡くなった小野塚イツ子さんは、江戸から続く商家で

醤油を造っていた老舗の当主で、所有していた土地・建物・預貯金・有価証券な

どの5億円相当を遺言で小山市に寄贈され、その一部を歴史遺産として保存をして

いる」との資料があった。紛らわしい「蛇」は関係ないそうな。

f:id:hansui:20211206170309j:plain

50m程先に赤い燈籠の並ぶ須賀神社参道と案内板が建ち、

f:id:hansui:20211206171421j:plain

欅や銀杏並木、百基の朱塗り灯籠が並んでいる須賀神社への長い参道が続いてます。

一の鳥居。二の鳥居

 

f:id:hansui:20211206171451j:plain

参道をたどると、国道4号を越えた北側に須賀神社が鎮座しています。

社伝によれば「平将門の乱」を平定した小山氏の祖、藤原秀郷が天慶三年(940)に

京都・八坂神社を勧請し、小山城の鎮守とした。

元は小山城内にあったとされ、江戸時代の初期に小山藩主・本田正純によりこの地に

移された。

三の鳥居。

f:id:hansui:20211206171959j:plain

かっては牛頭天王あるいは祇園社と呼ばれた神社で、なかなかの大社である。
 神社の由緒によれば、上野国の横領使・藤原秀郷天慶の乱に際し、

日夜素戔鳴尊(すさのおのみこと)に戦勝を祈願し、これが成就したことにより、

天慶3年(940)4月、素戔鳴尊を祭神とする京都の八坂神社(祇園社)から分霊を

勧請し、北山の地(現小山市中久喜)に祀ったのが始まりとされる。

神門手前右手の藤原秀郷公碑

f:id:hansui:20211206173736j:plain

平治年間(1159-60年)に小山城を築いた小山政光は、城の鎮守とし、以後小山氏累代の崇敬社となり、小山66郷の総社として厚く信仰された。

神門、奥正面に拝殿、本殿。

神門には平成26年 奉斉の神像が祀られている。

f:id:hansui:20211206174112j:plain

f:id:hansui:20211206174650j:plain

f:id:hansui:20211206174716j:plain

f:id:hansui:20211207161117j:plain

f:id:hansui:20211207161242j:plain

徳川家康は、慶長5年(1600)7月24日、上杉征伐のため会津に向かう途上、下野国小山に着陣した。その時、石田三成挙兵の報が入り、翌25日、急遽家康は本陣に諸将を招集して軍議を開き、三成打倒で評議は一決し、大返しとなった。これが世に言う「小山評定」である。

市観光パンフによれば、

軍議は、豊臣秀吉子飼いの福島正則の「内府殿にお見方致す。」の一声で決まった。

会議は、常に声の大きなものに支配される。福島正則の一声で三成打倒の評議が一決したのである。また、堀尾忠氏のアイデアを盗んで自身の居城である遠江掛川城を家康に差し出すと言明した山内一豊がその後出世の一途を辿ることになる。

小山評定は小山城内の須賀神社の境内で行われ、現在の須賀神社の境内には「徳川家康公・小山評定之碑」が置かれている。

f:id:hansui:20211206175134j:plain

須賀神社の東には天台宗妙建寺。

本堂は享保年代再建だそうだが、補修工事中の様子。

格天井には百人一首が描かれてるという。

f:id:hansui:20211206181215j:plain

この先国道沿いに、北へ200m程行くと小山市役所があり、

慶長5年(1600)会津上杉氏攻撃のため小山に滞在していた徳川家康が、

伏見城鳥居元忠からの知らせで石田三成挙兵の報に接し、

大返しを行った小山評定場所は、現小山市役所の場と言われ、

その跡を示す標柱が市役所前の植え込みの中に立てられている.

f:id:hansui:20211207104526j:plain

先ほどの須賀神社に大返しを行った際には、必勝を祈願して西に向かった、

の碑が須賀神社に有りました。

更にその先に小山城跡の一部をしめる城山公園があるそうですが、

街道へ戻ります。

 

街道に戻り、この先は駅前交差点前までが小山宿の中心であったようで、

本陣や問屋などがあったとされるが、現在は商店やマンションなどの

ビルが林立し、当時の面影などほどんととどめてはいない。

街道へ戻ってすぐ左手に「明治天皇行在所」の碑、その奥に唐破風の玄関を残している家があるが、ここが若松脇本陣跡であった。

f:id:hansui:20211206181816j:plain

奥の塀前に石碑らしきものが三個あり、何やら文字らしきもの見えるが、

すっかり風化し判読はできなかった。

f:id:hansui:20211206181856j:plain

道路を挟んだ向かい側の「きもの・あまのや」辺りが控え本陣(本陣、脇本陣の控え)跡である。

f:id:hansui:20211206205434j:plain

すぐ先の「常陽銀行」辺りが問屋場跡であったという。

f:id:hansui:20211206205509j:plain

駅前上町交差点を過ぎて、右手奥の寺院らしき屋根が見え、向かうと

永仁5年(1297)創建と伝わる時宗の寺光照寺

f:id:hansui:20211207070608j:plain

光照寺」の墓所には新政府軍が小山宿で戦った戊辰戦争で戦死した、

新政府軍笠間藩士の墓があった。

f:id:hansui:20211207070533j:plain

小山での3度に渡る幕府軍と新政府軍の戦いは幕府軍優位のうちに終わり、
次の戦いを宇都宮へと移すことになる。

街道へ戻った付近に先ほどの須賀神社が鎮座していたとい元須賀神社が、

街道書にあるが、見当たらない。 過ぎてしまったかな?

須賀神社付近が日光街道の小山日光口(北口)で有ったようで、

小山宿を後にしたことになる。

100m程先右手に、嘉祥2年(894年)に建立という天台宗興法寺。

小山氏代々の祈願所として城内に置かれたが、江戸時代に移転したという。 f:id:hansui:20211207071444j:plain

f:id:hansui:20211207071608j:plain

f:id:hansui:20211207071644j:plain

f:id:hansui:20211207071715j:plain

 境内に建つ十三層塔は、かつて数百年間、浅草の浅草寺山内に安置されていたが、

古河市須藤家の大庭園に移されえいたのを寄進され、境内に安置されましたという。

なぜ須藤家に移されたのか???不明。

f:id:hansui:20211207071754j:plain

境内にある地蔵尊には戊辰戦争「小山の戦い」の被弾跡があるそうでしたが。

写し忘れてしまった。

興法寺の先、すぐ右手が貞応2年(1223年)、小山城主の小山朝政が

鬼門守護のため京都の愛宕神社より勧請して創建されたという愛宕神社

f:id:hansui:20211207075317j:plain

風化が進み丸みを持った狛犬天明5年(1785年)に奉納されたという。

f:id:hansui:20211207075415j:plain

神社のすぐ先にイタリアンレストランがり、時刻もまもなく正午で早めの立寄り。

ランチセットで1時間ほど足休めもかねて過ごし再び街道へ。

20分ほど足を進め「第一奥州街道踏切」と銘打った両毛線踏切を渡り、

f:id:hansui:20211207103540j:plain

踏切を渡ると旧喜沢村地域に入り、1kほど歩くと街道書に、道を挟んだ右手

に薬師堂と記されたお堂があり、境内に道標を兼ねた念仏供養地蔵尊があると

記されてるが、参道が見つけられず通り過ぎてしまったようだ。

さらに100m程先左手に日枝神社の社標があり、車の行き来を見計らい、

それっと国道を渡って参道へ。

f:id:hansui:20211207105842j:plain

参道には欅の大木が何本かあり、樹齢400年以上という。

f:id:hansui:20211207110305j:plain

参道を7,8分行くと参道は国道4号で分断され、神社境内は国道の先あった。

国道4号は旧奥州街道であった、との説があります。

f:id:hansui:20211207110707j:plain

日枝神社は旧喜沢村の鎮守で、創建年代は不詳という。

この社殿のある場所は、小山城の出城の喜沢砦で小山城廃城後の砦の跡地に、

社殿が建てられたそうで、社殿の背後の鬱蒼とした森には土塁が残っているという。

f:id:hansui:20211207112910j:plain

神社を後にし街道へもどり200mほど行くとを二股の「喜沢の追分」に着く。

喜沢追分の分岐点には、男體山と大きく刻まれた道標や、明治建立の馬頭観世音、

日清日露日支出征馬碑などがある。

この道標は、一時期日枝神社に移設されていたが、平成31年に百数年ぶりに

元の位置に復元されたといい、「右奥州」「左日光」と表示されている。

街道書には日枝神社にあることになっていたが、神社では見つけられなかったわけだ。

f:id:hansui:20211207120242j:plain

街道書を見ると、左日光とは、北西に斜めに進む壬生道(県道18号線)で、

先で日光例弊使道に合流し、今市を経て日光に至るという。

奥の細道松尾芭蕉は左手壬生道へ入っていったそうです。

f:id:hansui:20211207162032j:plain

分岐右の道はすぐ先で国道4号に合流し、街道は20m程先でさらに右手へ分岐する

細い道に入ってゆきます。

f:id:hansui:20211207121923j:plain

いかにも街道らしい、一車線くらいの細い道。

街道は次第に東北線東北新幹線の高架に沿って進むようになってゆく。

f:id:hansui:20211207122307j:plain

細い街道に入り12,3分行くと、左手雑木林の中に塚のようなものがあり、

街道書では「喜沢の一里塚の西塚」とあったが、説明、案内板など何も無し。

江戸から21番目の一里塚で、塚の木は榎だったそうです。

f:id:hansui:20211207131118j:plain

右手の空き地にも盛り土があったが、東塚の名残かもしれません。

f:id:hansui:20211207131200j:plain

小山喜沢から小山羽川地域に入り、しばらく先で右手を見ると、お城造りの家?

f:id:hansui:20211207131736j:plain

追分から鉄道沿いを30分ほど、新幹線通過の轟音を聞きながら足を進めると、

街道は小さい公園の少し先の二股を、左の細い道に入り国道4号に合流して、

f:id:hansui:20211207132255j:plain

合流より先が江戸から13番目の新田宿(しんでんじゅく)江戸口(南口)の様で、

新田と書かれた行灯型標識があり、電柱の無いすっきりした国道が続いていた。

f:id:hansui:20211207134846j:plain

新田宿は、江戸・日本橋から数えて13番目の宿場。

宿駅の管理は、当初は小山藩、元和5年(1619)以降は宇都宮藩、

元和8年(1622)以降は古河藩、貞享2年(1685)以降は幕府が担った。
 天保14年(1843)の『日光道中宿村大概帳』によれば、本陣 1軒、脇本陣 1軒

 旅籠 11軒で、宿内の家数は59軒、人口は244人であった。

10分ほど行くと左手に四脚門を構えた屋敷は、青木本陣跡で、

現在も青木家の方がお住まいの様子。

f:id:hansui:20211207135938j:plain

本陣と書かれた木札が掛っていた。

f:id:hansui:20211207140020j:plain

街道沿いの家には往時の屋号を掲げる家々があり、広い敷地を構えている。

f:id:hansui:20211207140953j:plain

 

f:id:hansui:20211207142013j:plain

f:id:hansui:20211207142108j:plain

 

f:id:hansui:20211207142144j:plain

この先で幕府代官屋敷跡の表示板が建っていて、左手に入ると

f:id:hansui:20211207142329j:plain

左手奥には、安政4年(1857)建立の羽川薬師如来堂があり、

南側にこの地域の天領を支配した幕府代官陣屋があったそうな。

薬師如来様は、厨子に祀られ春秋の彼岸の中日に拝顔できる、と説明板にあった。

f:id:hansui:20211207142605j:plain

堂前に十九夜塔、雨引観音塔はともに女性の守り神と仏。

f:id:hansui:20211207142737j:plain

墓地の一角に大きな墓苑は本陣家一族かな?

f:id:hansui:20211207142807j:plain

街道に戻り100m程先の国道右手に、鳥居と赤い燈籠も立ち並ぶ

橿原(かしはら)神社参道が奥へ伸びている。

国道は車往来が激しく、信号や横断歩道帯もないため見送ったが、

江戸時代までの新田宿の氏神は星宮神社であり、明治5年、九州の宮崎神宮より

勧請して橿原神社となった、と街道書にはあった。

火災により焼失、社殿は大正3年に再建されたとのこと。

f:id:hansui:20211207143323j:plain

5分程先銅市金属工業の角を左折して、すぐ右の細い道が旧街道だそうで、

この辺が新田宿の日光口(北口)で、旧日光道中の羽川石仏群がある

寛政12年(1800年)の道標を兼ねた馬頭観世音には「左おざく道」
宝暦2年(1752年)の供養塔には「左おざく・こくふんじ」と刻まれている
おざくは現在の鹿沼市石裂(おざく)のこと、と街道書にあった。

f:id:hansui:20211207151521j:plain

 暫く一車線ぎりぎりの細い道を行くと県営羽川住宅にあたり,旧街道は消滅で

右折して再び国道4号へ。

100m程先で再び左折すると旧街道となるようだが、

街道書を見ると、しばらくは単純な歩きの道のようなので、時刻も夕暮れ4時少し前。

国道をこのまま進み、

f:id:hansui:20211207152835j:plain

小山市と分かれて、日光道中の14番目の宿場・小金井宿のある下野市へ入り、

f:id:hansui:20211207153239j:plain

 600mほ進んで駅入り口で右折し、今日の街道歩き旅は小金井駅でフィナーレへ。

f:id:hansui:20211207154002j:plain

電車を乗り継ぎ、とっぷり日の暮れたPM6:30帰宅。

 

歩いて再び京の都への前に 日光道中二十一次 街道散歩(第九歩)の2

日光道中第九歩、続きを歩きます。

時刻はPM1:20,間々田駅入り口交差点だが、間々田宿中心部はもう少し先。

間々田j宿中心部を抜けて、約7km先の小山宿を目指すことにし足を進めます。

f:id:hansui:20211129182447j:plain

こんにちは、単独行の旅人がすたすた追い越して行く。

f:id:hansui:20211202064838j:plain

おつ、黒板塀に見越しの松、門を構えた大きな屋敷があた。

f:id:hansui:20211202064922j:plain

道路を隔てた東側に大きな蔵を構えた家は、主

屋・米蔵・肥料蔵・土蔵・表門の5棟が、国登録有形文化財に登録されている

小川家住宅。

江戸期は乙女河岸において肥料問屋「車屋」を営んでいたが、明治末期に

日光街道国道4号線)沿いに移転し、大半は当時の建屋だが、

一部は乙女河岸から移築したと考えられ、表門以外は、建築時期や棟梁を確認でき

る貴重な近代和風建築としての価値も高い建物だそうです。

f:id:hansui:20211202065205j:plain

蔵の屋根瓦、乗せ方が変わってるね、蔵二つの屋根瓦をつないだか?f:id:hansui:20211202065338j:plain

100m程先道の東側に琴平神社

すこし手前に、日光街道中間点にあたる,「逢いの榎」が有ったようだが

見渡せど見つけられないな~・・

f:id:hansui:20211202065659j:plain

慶安4年(1651年)徳川家光公の亡骸が日光へ向かう折り、

安置所が授けられたという龍昌寺。

江戸時代に住職が、疫病退散と雨ごいを願い、間々田の蛇祭を発案したという

伝承がるという。

(間々田の蛇祭りとは、毎年5月5日に藁で作った長さ20m近くの蛇体を子供たちが 「蛇がまいた(ジャガマイタ)、蛇が巻いた、4月8日の蛇が巻いた」と囃しながら

 練り歩き、 各町内の蛇が間々田八幡宮に集合し、神事や蛇の水のみ行事を行い

 各町内に散会する伝統行事、と間々田案内文にありました)

山門は「赤門」、境内に「寝起不動尊」があるそうですが、立ち寄らずに。

f:id:hansui:20211202065832j:plain

龍昌寺を過ぎて100m程、ここから電柱が無い、すっきりした街並みになりました。

示すものは何も無かったいが、間々田宿の江戸口だたのか?

f:id:hansui:20211202070016j:plain

すぐ左手の金網フェンスに囲われた空き地に、間々田宿問屋場の解説板が建っていた。

上原家が務め名主を兼ねていたという。

f:id:hansui:20211202070045j:plain

解説板による間々田宿案内には、

天保14年(1843年)の「日光道中宿村大概帳」によれば、

間々田宿 江戸から11番目の宿場町 江戸と日光との中間の位置にあり、

家数 175軒 人口 957人 旅籠 50軒 本陣 1 脇本陣 1」とあった。

f:id:hansui:20211202070114j:plain

問屋場跡の先左手にも解説板が建ち、青木家が務めた間々田宿本陣跡。

建坪は157坪で、明治天皇ご巡幸の折り休息所を務めたそうな。

f:id:hansui:20211202070254j:plain

f:id:hansui:20211202070324j:plain

本陣跡に付近に脇本陣が有ったようだが、それらしき痕跡、案内板などは

見当たらない。

5分ほど先に間々田八幡宮の社標、

f:id:hansui:20211202070431j:plain

地元の方が、今紅葉が綺麗だよ、と教えていただき左折。

二基の燈籠、一の鳥居をくぐって間々田八幡宮へ長い参道が伸びて行く。

f:id:hansui:20211202070503j:plain

ゆるく右手に大きく弧を描いて参道が続き、

f:id:hansui:20211202070533j:plain

参道を10分ほど行くと木立の森と二の鳥居で境内へ。

鳥居右脇の松は源頼朝が戦勝祈願をして植えた松と伝わる松。

ただし現在は三代目。

自然豊かな境内はに2万坪にも及び、一部が『間々田八幡公園』として

開放されている。

神社紹介文によると

「境内には八幡古墳群とよばれる大小様々な墳丘が点在し、古くからこの地が思川流域に発展した文化圏の一拠点であったことが窺えます」とあった。

f:id:hansui:20211202070624j:plain

振り返り二の鳥居

f:id:hansui:20211202070709j:plain

石畳のゆるい下り山道を奥へ進すむと、一旦石段を下って境内へ。

周辺の紅葉が見頃で、美しい。

f:id:hansui:20211202070800j:plain

石段を下ったところは小川と弁天池とがあるそうだが、何やら工事中で空堀に。

f:id:hansui:20211202070851j:plain

おっ、最近TVバラエティで放映されてた「無事帰るちゃん」だね。

f:id:hansui:20211202070941j:plain

f:id:hansui:20211202071021j:plain

空堀になった弁天池側に祀られてるのは、厳島神社の分社。

f:id:hansui:20211202071102j:plain

ご本殿は石段を登てお参り。

f:id:hansui:20211202071203j:plain

 

f:id:hansui:20211202071258j:plain

石段を上がると御神殿。江戸時代に焼失し社殿は1851年に再建されたという。

f:id:hansui:20211202071336j:plain

すっかり老いてきたかな、愛嬌のある狛犬

f:id:hansui:20211202071407j:plain

f:id:hansui:20211202071435j:plain

案内の中に、

「5月5日に開催される祭り『間々田のじゃがまいた』(蛇まつり)は、平成31年

 国の重要無形民俗文化財に指定されました。

 15mを越える7匹の蛇が一堂に集う様は圧巻で、新緑香る神社の境内は毎年多くの

 見物客で賑わいます。」とある。

通ってきた龍昌寺の江戸時代に住職が、疫病退散と雨ごいを願い、間々田の蛇祭を

発案したという伝承がるというが、蛇祭は間々田八幡宮の祭りとして

伝わってるということなんでしょうね。

f:id:hansui:20211202071517j:plain

f:id:hansui:20211202071545j:plain

f:id:hansui:20211202071615j:plain

境内の紅葉を愛でて、参道を戻らず街道へ方向へ向かうと、

f:id:hansui:20211202071642j:plain

街道へ戻る手前右手に浄光院の案内版が有り、

f:id:hansui:20211202204053j:plain

奥に鐘楼門の浄光院がある。

本堂は安永4年(1775)に再興されたもので、境内には観音堂や江戸時代の石造仏などがあるというが、立ち寄らずに足を進めます。

f:id:hansui:20211202071801j:plain

街道へ戻ると道向う右手に行泉寺がり、このあたりが間々田宿日光口だったようだ。

f:id:hansui:20211202071844j:plain

味気ない長い国道歩きが30分ほど続き、左手に「古墳のまち千駄塚」の看板で、

浅間神社への参道が奥へ続いている。

f:id:hansui:20211202072558j:plain

参道脇には覆屋内に青面金剛庚申塔天保15年(1844年)建立という

馬頭観音像が祀られていた。

浅間神社は千駄塚古墳(円墳)の上に鎮座しているそうだが、先を急ぎ立ち寄らず。

古墳(円墳)は、県内有数の規模を誇る円墳で、高さは約10m、直径は約70mにもなる

という。

f:id:hansui:20211202071945j:plain

f:id:hansui:20211202072647j:plain

10分ほど足を進めると立派な長屋門があった。

f:id:hansui:20211202072851j:plain5分程先左手一帯は西堀酒蔵。

「若盛」とか「門外不出」という銘柄を持ち、大正時代の建物が残り、

国の登録有形文化財に指定されている。

f:id:hansui:20211202072941j:plain

銘酒「門外不出」か試飲ができるそうだが、う~ん、今日は我慢だな・・・

f:id:hansui:20211202073100j:plain

300m先で国道4号は左手に分かれて、街道は直進で小山市街地へ入ってゆく。

f:id:hansui:20211202073152j:plain

国道との分岐地点には信号、横断歩道が無いとの情報があり、横断歩道のあるところで

手を挙げて、国道右手へ渡る。

f:id:hansui:20211202073311j:plain

国道を葉挟んで左手に安房神社の鳥居と参道が伸びていた。

PM3:30、日没までには小山駅へと先を急ぎ、立ち寄らずに行きます。

街道書によると、安房神社は千葉県館山市には安房国一之宮を祀る人々の一部の人々がこの地へと移り住み、神を祭ったのが始まりとも言い伝えられているそうです。

調べた社伝によると、

崇神天皇代の創建であり、仁徳天皇代に再建されたと言われる。

 『延喜式』には「阿房神社」として記されている。

 939年、藤原秀郷平将門討伐に際して戦勝を祈願し、社領を寄進したとも伝え

 られる。中世には粟宮と呼ばれ、小山氏・佐野氏・結城氏・古河公方などの崇敬を

 受けた。」とあった。

f:id:hansui:20211202073424j:plain

安房神社のすぐ先で国道と分かれ、直進道は県道265線。

おっ、レース鳩の市場があるんだ。

f:id:hansui:20211202073459j:plain

15分ほど歩むと白壁の之も堂々とした長屋門を構えた屋敷。

f:id:hansui:20211202073545j:plain

更に15分ほど行き、国道50号と高架で交差し、小山市街地へ。

f:id:hansui:20211202073637j:plain

市街地へ入り300m程行くと左手に天満宮が祀られてる。

この辺りが小山宿の江戸口(南)で、土塁や矢来柵などがあったそうです。

参道の鳥居は享和3年(1803年)の建立で、境内には嘉永3年(1850年)建立の十九夜塔んどがありと、街道書に有った。

時刻は夕暮れ迫る、午後の4時。

次回の街道旅は小山駅からここまで戻ってのスタートとし、境内にへは寄らずに

足を進めます。

f:id:hansui:20211202073728j:plain

記念館があるが? 後で調べてみよう。 

隣の看板は「すっぽん、マムシ 蛇しま」??

蛇を扱う専門店のようだが、あの→からは、記念館敷地内にあるのかな?

f:id:hansui:20211202073814j:plain

小山市内も電柱が無く、すっきりした街並みが続いてる。

f:id:hansui:20211202073902j:plain

先に天慶3年(940年)京都八坂神社を勧誘したと街道書にある「須賀神社参道口

 

f:id:hansui:20211202073947j:plain

次回の旅でゆっくり参拝。

f:id:hansui:20211202074006j:plain

5分ほど先左手に唐破風玄関が見えるところは、街道書では若松脇本陣跡と

なっている。

f:id:hansui:20211202074046j:plain

次の信号駅前上町交差点は、右折でJR宇都宮線小山駅

f:id:hansui:20211202074128j:plain

PM4:40夕暮れの小山駅、間々田駅から約13k、今日お旅は足止めに。

次回の旅は、天満宮まえ戻り、小山宿はスタートをすることにし、

天気に恵まれた晩秋の街道旅を足止め。

f:id:hansui:20211202074155j:plain

電車を乗り継いで帰宅へ。

電車ドアガラス越に富士の山のシルエトがくっきりと見えた。

栃木県からでも富士の山は見えるんですね、!!

f:id:hansui:20211202074241j:plain

日光道中二十一次、第九回目はフィナーレ。
















































 

歩いて再び京の都への前に 日光道中二十一次 街道散歩(第九歩)の1

2021年が明け夏が過ぎ、秋がきてよやくコロナも落ち着きをとり戻しつつあり、

来春に向けて中山道の最後の詰めが可能になりそう。

街道も秋から冬へ向かうが、訛った体ならしで「歩いてみるか日光街道」。

2021年11月8日、1年ぶりの街道旅へは、

野木宿を過ぎて友沼地区に入りJR野木駅にて足止め。

11月18日、日光道中は野木駅から旅の再開。

f:id:hansui:20211129132002j:plain

駅より1km弱北へ歩き、AM10:30 街道(国道4号)をスタート。

f:id:hansui:20211129132710j:plain

無風、快晴 東へ10分ほど行くと、道左角に微かに南無妙・・と読める「題目碑」は

慶応2年(1866年)建立と街道書に有った。

f:id:hansui:20211129133224j:plain

道を隔てた北側には、デジカメ拡大で写してみると「馬頭観音」があた。

f:id:hansui:20211129133507j:plain

題目碑の脇を入って左手、塚の上に祀られたは、塞ノ神、火防の神の愛宕神社

f:id:hansui:20211129133600j:plain

東隣の小道を入ると、左手に観音堂境内でお堂が建ち、境内の国道に面したところに

f:id:hansui:20211129135702j:plain

文政2年(1819年)の爾廿三夜塔、嘉永元年(1848年)の十九夜塔、

友沼村女人三十五人と刻まれた観音塔は女人講が建てたものか。

f:id:hansui:20211129141227j:plain

f:id:hansui:20211129141314j:plain

f:id:hansui:20211129141357j:plain

街道(国道4号)を50m程、右手に冬桜咲く立派な長屋門を構えた屋敷がある。



f:id:hansui:20211129141816j:plain

f:id:hansui:20211129141906j:plain

4,5分程先街道に北側角に、デジカメ拡大で確認できた

友沼村の馬持ちが建立したという馬頭観音があった。

f:id:hansui:20211129142559j:plain

更に300m程先、国道北側にガラス張りの仁王門を構える真言宗法音寺。

f:id:hansui:20211129143216j:plain

仁王像の彩色は緑色で、境内内側には持国天や廣目天像が祀られている。

f:id:hansui:20211129143350j:plain

f:id:hansui:20211129144134j:plain

f:id:hansui:20211129144209j:plain

f:id:hansui:20211129144239j:plain

仁王門を入ると山門が有り奥正面に本堂、右手長屋門は庫裏へと続いている。

f:id:hansui:20211129153422j:plain

山門左手前に、奥の細道松尾芭蕉が間々田に宿泊したという、

安永9年(1780年)建立の、「道ばたのムクゲは馬に喰われけり」の

句碑があった。

f:id:hansui:20211129144844j:plain

法音寺一帯はかっての法音寺城跡だたとの記述もあった。

法音寺前の交差点、向かい角には友沼八幡神社(正八幡宮)があり、

日光参拝の将軍が古河を出て、最初に休憩する場所で御休所跡と街道書にある。
筑波山が正面に見える景勝地であったという。

本殿横に樹齢550年とい大欅があった。

f:id:hansui:20211129145433j:plain

の途

f:id:hansui:20211129155739j:plain


次、こ

f:id:hansui:20211129155815j:plain周辺はかっては筑波山が見える景勝地で、数軒の茶屋があり立場であったというが、

面影は全く見られない国道沿いの住宅地。たったったと街道旅人が追い越していった。

f:id:hansui:20211129160529j:plain東京から68.7k、野木町から小山市間々田乙女地区に入る。

f:id:hansui:20211129160743j:plain乙女地区へ入って5.、6分、大きな榎の根元に鳥居、石灯籠、

祠が祀られたところは、江戸から18番目になる「乙女の一里塚跡。

f:id:hansui:20211129161405j:plain先左手には、若宮八幡宮

f:id:hansui:20211129164749j:plain

参道を入ると、境内覆屋の中にに銅製の大日如来坐像が鎮座する。

f:id:hansui:20211129164849j:plain

露座の石仏で「濡れ仏」と呼ばれ親しまれていた。

「覆屋建立記念碑」によると、
「宝永6年(1709年)、江戸湯島の渡邊九兵衛が父母の供養のため鋳造し
その生国に安置したと伝えられている

神社のものでは無く、神社の東側にある満福寺の寺宝」とあったが、

満福寺とは、若宮八幡神社別当寺で廃寺でにでもなってるのかな?

f:id:hansui:20211129165007j:plain

街道へ戻ってすぐ右手にパスタレストランがあり、早めのランチ

(サラダ、スープ、ドリンクセットで美味しかった、御馳走様)

f:id:hansui:20211129170043j:plain2分程先左手に明治22年建立の如意観音像の十九夜塔

f:id:hansui:20211129170656j:plain

車往来の激しい国道を行き。東京から70km距離表を過ぎて、しばらく行くと

f:id:hansui:20211129173149j:plain

右手に門前に新たに建立された様子の仁王像を据えた佛光寺

f:id:hansui:20211129173254j:plain

境内に文久元年(1861年)の十九夜供養塔、

十一面観音像を安置した観音堂(観音像は厨子の中)がある。

f:id:hansui:20211129174006j:plain

f:id:hansui:20211129174129j:plain

佛光寺の向かい、国道北側に村社八幡宮の大きな社標と、

1703(元禄16)年に建立された、市内で5番目に古い神明鳥居型式石造鳥居鳥居。

伸びる参道は「乙女八幡宮」参道。

f:id:hansui:20211129175515j:plain

f:id:hansui:20211129175145j:plain

八幡宮は、創建は鎌倉時代と伝わる神社。

近くを流れる思川は、徳川家康関ケ原の合戦の為船で江戸へ向かったといい。

思川には江戸時代には乙女河岸が設けられ、日光東照宮の資材などが陸揚げされ、

商人たちからの信仰も厚かったという。

f:id:hansui:20211129182650j:plain

f:id:hansui:20211129182725j:plain

f:id:hansui:20211129180509j:plain

20m程東へ進むと、間々田駅入り口交差点だが、

まだ間々田宿中心部はもう少し先。

時刻はPM1:20,時間は早い。

先へ進み、間々田j宿中心部を抜けて、約7km先の小山宿を目指します。

f:id:hansui:20211129182447j:plain続きます・・


に大境内に大日如来坐像(3枚目写真)がある
戸外に安置されていたため濡れ仏と呼ばれていたが今は屋根が出来ている

宝永6年(1709年)、江戸湯島の渡邊九兵衛が父母の供養のため鋳造し
その生国に安置したと伝えられている

神社のものでは無く、神社の東側にある満福寺の所有となっている日如来坐像(3枚目写真)がある

戸外に安置されていたため濡れ仏と呼ばれていたが今は屋根が出来ている

宝永6年(1709年)、江戸湯島の渡邊九兵衛が父母の供養のため鋳造し
その生国に安置したと伝えられている

神社のものでは無く、神社の東側にある満福寺の所有となっている

東京
こで将軍が休憩したところである

将軍家御休所跡と書かれた説明板があった

古河を出た一行が最初に休憩する場所で
筑波山が正面に見える景勝地であった様

黄昏の富士の山

12月、師走入りの夜明けは、豪雨で明けた。

そらは陽が昇るとともに急速に青空が広がりだし、日中は18℃と10月中旬並み。

空の青さに魅かれ、富士山の見える農道へ夕刻の散歩へ。

黄昏の空は、大きな雲がながれ、赤焼け空には成らなかったが、

富士はくっきりと浮かび上がってきた。

バシャバシャ写して楽しんだ、写真を順に並べただけですが、ZISOアルバムに。

PM4:30

f:id:hansui:20211202043906j:plain

f:id:hansui:20211202044209j:plain

f:id:hansui:20211202044057j:plain

 

PM4:40

f:id:hansui:20211202044410j:plain

f:id:hansui:20211202044539j:plain

f:id:hansui:20211202044654j:plain

f:id:hansui:20211202044813j:plain

PM4:45

f:id:hansui:20211202044908j:plain

日没

f:id:hansui:20211202045053j:plain

f:id:hansui:20211202045228j:plain

f:id:hansui:20211202045314j:plain

f:id:hansui:20211202045357j:plain

PM4:50

f:id:hansui:20211202045642j:plain

夕焼け富士

f:id:hansui:20211202045839j:plain

f:id:hansui:20211202045947j:plain

f:id:hansui:20211202050155j:plain

pm4:55

f:id:hansui:20211202050241j:plain

f:id:hansui:20211202050507j:plain

f:id:hansui:20211202050604j:plain

f:id:hansui:20211202050712j:plain

PM4:59

f:id:hansui:20211202050840j:plain

明日は再び師走の寒空に戻る様子。残りの日々、穏やかに願って・・・  完



 

 

新座市 金鳳山平林寺 秋のアルバム

各地から紅葉便りが聞かれますが、埼玉県新座市臨済宗、金鳳山平林寺も、

見頃を迎え、次の週末は大変な人出が予想されそう、とあった。

それではと週末前の11月26日(金)、電車、バスを乗り継いで4年ぶりに

訪れてきた。

平林寺・総門(県指定充当文化財

f:id:hansui:20211126205341j:plain

臨済宗、金鳳山平林寺

平林寺は、永和元年(1375年)、現在のさいたま市岩槻区に創建され、

その後寛文3年(1663年)年、川越藩主であり、徳川幕府に老中として仕えた

松平信綱の遺命によって野火止へ移転された650余年の歴史を有する、

関東の名刹寺院。

13万坪以上にも及ぶ平林寺境内林は、昭和43年(1968)、国の天然記念物に指定され、

武蔵野の雑木林の趣を残す貴重な文化財として、継続的な整備と管理が行われている。

f:id:hansui:20211126205512j:plain

山内は、四季折々の雑木林の風情と、開創650余年の古刹の禅風を湛え、

特に紅葉の秋は関東の紅葉名所として知られ、大勢の方々が散策に訪れています。

錦秋の境内

f:id:hansui:20211126205729j:plain

仁王門の山門(県指定有形文化財

築350年の風格を湛える平林寺の山門は、

江戸時代前期、岩槻から移転された際に移築。

f:id:hansui:20211126205845j:plain

 

f:id:hansui:20211126205603j:plain

f:id:hansui:20211126210242j:plain

f:id:hansui:20211126210315j:plain

f:id:hansui:20211126210456j:plain

 

f:id:hansui:20211126210557j:plain

 

f:id:hansui:20211126211133j:plain

f:id:hansui:20211126211237j:plain

山門を振り返り、

f:id:hansui:20211126211435j:plain

茅葺屋根の端正かつ威厳ある佇まいは「仏殿」県指定有形文化財

本尊には釈迦如来坐像、脇侍には迦葉尊者と阿難尊者を祀る。

f:id:hansui:20211126211546j:plain

これより奥、寺院中心の本堂や禅修行道場へは2018年より、

散策路変更にて立入ることは出来ません。

パンフを見ると散策路は、従来より約半分の地域になってるようです。

奥の建屋は鐘楼堂

f:id:hansui:20211126211648j:plain

戴渓堂(たいけいどう)
日本に書法・篆刻を伝えた独立性易(どくりゅうしょうえき)禅師を祀る。

f:id:hansui:20211126211806j:plain

仏殿(右)中門(左)

中門より先へは入れません。

f:id:hansui:20211127065735j:plain

総門をそのまま小さくしたような造りの中門、県指定有形文化財

総門、山門、仏殿、中門の4棟は総門から一直線上に配されていて、通年閉門。
f:id:hansui:20211127065803j:plain

放生池越に半僧坊感応殿

f:id:hansui:20211127065943j:plain

 

f:id:hansui:20211127070112j:plain

 

f:id:hansui:20211127070330j:plain

f:id:hansui:20211127070444j:plain

f:id:hansui:20211127070532j:plain

 

f:id:hansui:20211127070717j:plain

うっそうたる境内林

f:id:hansui:20211127070824j:plain

f:id:hansui:20211127072826j:plain

平林寺は大河内松平家菩提寺で、幕府初期尾老中を務めた松平信綱夫婦の墓所など

約3,000坪の墓域に、一族歴代の墓石170基余が建ち並んでいます。f:id:hansui:20211127071642j:plain

松平信綱は、第3代将軍家光や第4代将軍家綱の幕府老中も務め、

島原・天草の一揆鎮圧、明暦の大火処理、また川越藩主として玉川上水

野火止用水の開削事業も行い、「知恵伊豆(ちえいず)」と称えられた。

松平信綱夫婦の墓所

f:id:hansui:20211127071158j:plain

f:id:hansui:20211127072913j:plain

 

 

f:id:hansui:20211127070824j:plain

 

f:id:hansui:20211127074133j:plain

半僧半俗の姿をした摩訶不思議な神通力を持つ守護神を祀る「半僧坊感応院」

f:id:hansui:20211127074249j:plainf:id:hansui:20211127073028j:plain

半僧坊感応院専用門

f:id:hansui:20211127074354j:plain

f:id:hansui:20211127074506j:plain

f:id:hansui:20211127074608j:plain

f:id:hansui:20211127074636j:plain

久しぶりの豊かな木々の紅葉に囲まれた平林寺、いい散策の一日でした。

f:id:hansui:20211127074704j:plain

 

令和3年11月26日、埼玉県新座市野火止、臨済宗、金鳳山平林寺。  終