歩いて再び京の都へ 旧中山道夫婦旅   (第22回)  贄川宿~奈良井宿 後編

*「大雪になる前に、あと一回旅へでたいわね」のカミさんの一言があって、
帰宅後すぐに週間天気予報とにらめっこ。
よし、25日(土)なら歩けそう、と再び旧中山道夫婦歩き旅へ。*
 

の後編です。

奈良井宿へ到着です。

f:id:hansui:20171201091339j:plain

奈良井駅」。
 明治42年(1909)12月1日中央東線塩尻~奈良井間延伸と同時に開業。
観光地の奈良井宿の玄関口ですが,特急は停車しません。

線路の東側は奈良井川が流れ、川を挟んで水辺公園側と国道19号から

直接入れる駐車場を大きな木製太鼓橋で結ばれた、「道の駅・奈良井大橋」が

あります。

ただし、道の駅は物品販売や食事処などは併設されてい、不思議な道の駅ですね。

f:id:hansui:20171130131242j:plain駅左側に大きな奈良井宿の看板、右手の乗り入れ禁止の立て札後ろに並んだ

樹木は、木曽谷を管轄していた尾張藩によって、伐採や持ち出しを厳しく管理され

ていた、桧・さわら・ねずこ・あすなろ・高野槇の木曽五木が植栽されてます。

f:id:hansui:20171130133118j:plain

分厚い板柱と宿場案内板

f:id:hansui:20171130133852j:plain

奈良井駅の少し先の右手に戻るように付いている坂道を山側上って行くと、

奈良井川の左岸を通って橋戸の一里塚から平沢へと通じていた、江戸時代初期の

中山道・杉並木の一部や、奈良井宿の鬼門除け八幡宮、観音像が194体ある

二百地蔵堂などがありますが、雪で足場が悪いと教えていただき、今回は寄らずに

次回の楽しみとして宿場内へ足を進めます。

f:id:hansui:20171130134959j:plain

駅前を過ぎると、いきなりとゆう感じで、大勢の観光客の姿が見え始めます。

f:id:hansui:20171130135214j:plain

中山道奈良井宿は、鳥居峠上り口にある鎮神社を京都側の端に、

奈良井川沿いを緩やかに下りつつ約1kmにわたって町並みを形成する、

日本最長の宿場です。

中山道木曽路十一宿のうち、北から2番目の難所:鳥居峠を控えた宿場町。

江戸側の板橋宿から数えても京側の守山宿(大津、草津東海道)から数えても

34番目に位置する中山道の丁度真ん中の宿場町です。

 昭和53年に国から重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。

 

国土交通省重要伝統的建造物群保存地区規範事例集より抜粋)

*記録上では20回に及ぶ火災にあい、特に弘化4年(1847年)の大火により

 全焼し現在の街並みはそれ以降に形成されてます。

 一般的に伝統的街並みが失われる原因として、

 1)、火災、

 2)鉄道整備(街の空洞化により消失) 

 3)道路の整備(拡張により   消失) 

 4)建物の老巧化(建て替えにより消失) 

 5)人口r流失による過疎化

   などがあげられる。

 奈良井の場合は

1)定住率が高い(人口の7割以上が、明治前より定住し、地域への愛着が強い)

2)鉄道、国道が旧街道を迂回、

3)町を愛する住民の存在

4)外部の人たちや組織にプロデュースを任せず、日常生活をしながら身の丈に

  合った街づくりをしてきた。

というような幸運な条件が重なって保存されてきた。

昭和53年度から平成9年度に渡り、国庫、県、補助事業により210軒の

修理(建物全体)、138軒の修景(表層のみ)を行っている。

電柱は昭和63年に建物の裏側に移設させ、あたかも無電柱化を図ったような

景観を実現している。

自動販売機のクロス貼り、郵便ポスト自作など、手作りの街造りも行われている。

 と、記述されてます。

f:id:hansui:20171203065509j:plain

 

f:id:hansui:20171130144056j:plain

江戸へ64里22町14間。宿場町並8町5間(885m)。
木曽路で最も標高の高い位置(940m)にある。
鎌倉時代から宿駅の体裁が整い,慶長7年(1602)徳川家康により
中山道の宿駅と定められ,街道にそって南側から上町・中町・下町に分かれ,
中町に本陣・脇本陣・問屋などが置かれていた。

近世,奈良井は檜物細工,塗り物,塗櫛などの木工業などが盛んとなり
「奈良井千軒」と云われたほど賑わった宿場である。 

f:id:hansui:20171130144218j:plain
連子格子や二階正面に「袖うだつ」をもつものも多く、特徴のある町並みを作って
いる。
 

f:id:hansui:20171130144402j:plain

天保14年(1843年)中山道宿村大概帳によれば、
 家数:409軒,本陣:1,脇本陣:1,旅籠:5軒、人口:2155人,
であった。

奈良井宿は他の宿場とは大きく異なり旅館業よりも曲げ物、櫛、漆の器など

木工細工を主な産業とした職人の町でした。
 (旅籠の数は天保14年の記録でも5軒と少ないが、商人の家が旅籠の役割を

 果していたといわれる)

 電柱や電線が無く、街並みをかくもすっきりさせ、軒の低い格子戸がはめ込まれた

町家がどこまでも続いてます。

f:id:hansui:20171130170256j:plain街道書では、右手山側、専念寺への参道分岐付近に、桝型という桝のように

四方形に石垣や土塁を築いた場所が設けられている、とあります。 f:id:hansui:20171130172907j:plain

桝形のすぐ先右手、奈良井宿にも水場があります。

f:id:hansui:20171130173057j:plain

1条の水が枡に流れ込みそ、こからは2条で流れ出る奈良井宿の標準的タイプの

水場。柄杓もあり水を飲むことが出来ます。

奈良井宿には6か所の水場が設けられ、それぞれの水場に水場組合が作られ、

維持・管理を行っているそうです。 f:id:hansui:20171130173352j:plain

街道時代は油屋を営んでいて、昭和40年代から旅館「あぶらや」として営業。

f:id:hansui:20171130180741j:plain

この奈良井宿には、十数年前に初めてマイカーで長距離ドライブをし、

上高地や、当時マイカー乗り入れが出来た標高2700mの乗鞍岳畳平などへ

行き、林道走りなどで遠回りしての帰り道で、道の駅利用の際に立ち寄った

ことがありました。

一部だけ歩いたような気がしますが、まだ街道や宿場などに感心もなく、

古色蒼然とした街並み、とだけの印象が残ってました。

f:id:hansui:20171130183051j:plain

ゆっくりとした坂道の奈良井宿

f:id:hansui:20171130183546j:plain

 個々の家でも独自のディスプレーを施して見る目を楽しませてくれます。

f:id:hansui:20171130202323j:plain

 漆店の看板ですが・・山型積みは薬草?

f:id:hansui:20171130202810j:plain

f:id:hansui:20171130202912j:plain

水場

f:id:hansui:20171130203120j:plain

典型的な町屋造りは、創業寛政5年(1793年)銘酒「杉の森」蔵元

「杉の森酒造」です。

切妻、平入り、外壁は正面が真壁造り白漆喰仕上げ、腰壁と両面は

下見板張縦押縁押え、2階外壁は1階外壁より前に張り出し、伸びた椀木に桁を

流し、そこで外壁を支える出桁造。

中2階の建物で通常の2階建てよりは軒が低くいのが特徴です。

この宿場は雪国の為か軒の出は非常に深く、窓には千本格子を設え、隣家との

間には延焼対策と思われる袖壁があります。

袖壁は他の地域で見られるような土蔵で屋根上部まで伸びている形式と異なり、

簡易的なものですが、火事の延焼やプライバシーの確保などに一定な効果はあった

と言われます。

今は仕込みの時期かな、軒の下酒林(杉玉)はまだ提げられていませんね。

(残念ながら2012年頃から、酒造りはしていない(廃業?)、

  とのお話を頂きまし)

 

f:id:hansui:20171130204556j:plain

杉の森酒造の向かい、右手に大きな 「楢川村奈良伝統的建造物群保存地区」の

標柱が建ち、樹齢400年と言われる松の根元に、津嶋神社庚申塔が立ってます。

f:id:hansui:20171130205531j:plain

右手木枠門から細い参道を入ると、天正10年(1582)、当時の領主奈良井義高が自らの菩提寺として創建した「臨済宗妙心寺派 広伝山・大宝寺」があります。

裏山には開基となった奈良井義高の墓があります。

このお寺には十数年前に、寄った記憶がありました。

七福神めぐりの寿老人、隠れキリシタン信仰にまつわる、子供を抱き膝も頭部も

破壊され、わずかに胸の十字架だけが残っている、マリア地蔵尊や、

享保年間(1716~35)に作庭されたと言われる庭園、などを拝観した記憶がありました。

(カミさんも記憶を辿った様で、マリヤ地蔵尊を見たわね、て)

f:id:hansui:20171201092610j:plain

大宝寺は覗いただけで後にし、宿内へ戻ります。

延宝3年(1675年)創業と言われる、脇本陣も勤めた旧旅籠「徳利屋」

島崎藤村正岡子規など文人・文豪が泊まったこともあるそうです。

現在は郷土館を開いてます。

f:id:hansui:20171201091843j:plain

山駕籠かな?

f:id:hansui:20171201093900j:plain

街道書によれば、この付近から右手に入ると、本陣跡とあります。

 

f:id:hansui:20171201094700j:plain

奥が本陣跡で標柱と嘉永2年(1849年)建立の常夜燈がありますが、

現在は公民館、郵便局、駐車場などで、本陣としての遺構は何もありません。

f:id:hansui:20171201094933j:plain

ある説では、規模も小さな本陣だったようで、行列は街道へ出て整えたそうで、

道が広くなってるそうです。確かに付近の道は広がってますね。

f:id:hansui:20171201094002j:plain

 文政元年(1818年)創業、脇本陣を勤め下問屋も兼ねた「伊勢屋」

f:id:hansui:20171201103245j:plain

寛政年間(1789~1801年)創業と言われる旅籠・越後屋(今も旅館盛業)

f:id:hansui:20171201120619j:plain

手塚家が勤め庄屋を兼ねた「上問屋」、現在は資料館となってます。

建物は切妻平入りの中2階の建物で、典型的な町屋形式となっており、
平成19年(2007)に国指定重要文化財に指定されています。

奈良井宿の案内板によると、

「この家は慶長7年(1602年)から明治維新に宿場制度が廃止されるまで、

270年間、奈良井宿の問屋(伝馬と人足を管理運営)をつとめ、天保年間からは

庄屋も兼務して明治維新に至りました。

現在の建物は天保11年の建築で、その当時の記録が残されています。

明治13年6月26日明治天皇が御巡幸の際御在所となった、・・・(後略)」

とあります。

(手塚名は平沢でもありましたよね)

 

f:id:hansui:20171201120855j:plain

f:id:hansui:20171203065942j:plain

f:id:hansui:20171203070002j:plain

上問屋のすぐ先右に入ると、創建は南北朝時代の貞治5年(1366年)との言い伝えがある、曹洞宗・長泉寺があります。
徳川家光の時代、茶壺道中の本陣で、拝領の茶壺の一つが残されているようです。
本堂入口の天井に描かれた「龍の大天井絵」は一見の価値があります。

f:id:hansui:20171201134035j:plain

外国の男女三人が盛んにカメラを向けてましたね。

f:id:hansui:20171201134302j:plain

街道へ戻ると先は桝形です。

f:id:hansui:20171201135605j:plain

f:id:hansui:20171201140418j:plain

中町から上町への桝形は「鍵の手」と呼ばれ、碑が立ってます。

f:id:hansui:20171201141048j:plain

そして、桝形に水場が設けられ旅人の喉を潤すとともに、防火にも活用され、f:id:hansui:20171201141303j:plain

荒沢不動尊は水、火とのかかわりから水場の守りと、火防の守護神として、

また男女双体道祖神が道の守りとして旅の安全を長い安置されているそうです。

f:id:hansui:20171201144730j:plain三つ目の上町へ入りました。

f:id:hansui:20171201141429j:plain

古い様式の猿頭(屋根板を押さえたもの)をつけた家が3軒並んでます。

f:id:hansui:20171202160620j:plain

上町の真ん中付近、街並みに溶け込んで、唯一の洋館が立ってます。

(カミさん曰く、きっと医院だったのよ)

f:id:hansui:20171201142349j:plain

*帰りの道すがら地元の方に聞くと、つい最近まで奈良井診療所だったそうです*

上町外れ近く、中村利兵衛家。

木櫛の上に上質の漆を塗った漆櫛の創始者・中村恵吉家の分家で、

代々奈良井宿で塗櫛の製造販売を手掛けた櫛問屋を生業としてきました。

現在の中村家住宅は、天保8年(1837)の奈良井宿大火で類焼後の

天保10年(1839)頃に再建されたもので、現在は資料館として公開されます。 

奈良井の町並みを残そうと、住民が考えるきっかけになった家ですね。

f:id:hansui:20171203041343j:plain

奈良井宿瓦版の記事を紹介。

奈良井宿の木櫛の歴史は大変古く、江戸時代初期に始まり、木曽の「お六 櫛 」

は全国的に有名です。

寛政年間、中村屋恵吉 けいき ちがこの木櫛に漆を塗り、中山道を通る旅人 に

大変もてはやされ、その後、吉野屋治兵衛  が苦心して蒔絵 ま き え を付け

奈良井宿の産業 として成立させました。

塗櫛は、江戸や京の都へ出荷され今も「江戸ぬり櫛問屋○ ○○」という立派な

金看板が残っています。 大正時代にはいると、奈良井で木地、塗りを 施し、

東京でつまみ細工をして仕上げました。 これが、島崎藤村の「初恋」で知られる

「花 はな 櫛 ぐ し 」 ですが、大正末期にはすっかり姿を消してしまい ました。

その後、昭和42年ころから塗櫛を復活させ、 現在でもつくり続けられています。

江戸時代初期から今まで350年余りも続いた、 木曽のお六櫛は、その永きに渡る

歴史において 数々の工夫技法が凝らされ、今日の美しい姿へ 変化してきました。* 
(お六櫛は<ミネバリ> というとても硬い木が素材だそうです)
(栄泉画 奈良井)
峠へと坂道を上ってきてます。栄泉の画はこの中村屋を描いたものでしょうか。

看板に「お六櫛」の文字があり、商い中の人々が描かれています。
旧東海道を旅していた時に、鈴鹿峠を越えた土山宿で「お六櫛」の商い看板を掛け

た店がありました。遠く木曽方面から仕入れしていた、と解説されてましたね。

はるか近江の国へ中山道を運ばれてきてたんですね。

f:id:hansui:20171201212924j:plain

少し上り坂の傾斜がきつくなり、集落の西端が近いようです。

昭和48年(1973年)に復元された、奈良井宿高札場があり、

側に木曾谷の伝統的な板葺石置屋根の、宮の沢水場があります。

 

f:id:hansui:20171201044640j:plain

高札場の先に、

f:id:hansui:20171201044319j:plain

 PM3:00

奈良井宿の鎮守、12世紀後期創建と言われる「鎮神社」前に着きました。

町並みの西端の鳥居峠の上り口にあります。
今日の歩き旅は、いや、今年の旧中山道夫婦歩き旅はここで足止めし、

来春の雪解けまで休眠します。

f:id:hansui:20171201042340j:plain

再び訪れ歩き旅を再開することが出来たときに、新ためて神前に参拝することとし、

鳥居前で黙礼して、すぐ先の鳥居峠口を確認し旅を締めくくりました。

f:id:hansui:20171201041253j:plain

 木曽路は山に日が遮られ、夕暮れは足早に訪れます。

再び1kmほどの戻り道を歩き、駐車場へ、

f:id:hansui:20171203043834j:plain

f:id:hansui:20171201152619j:plain

9月17日に,、再び歩き始めることができた旧中山道69次夫婦歩き旅も、

来春の雪解けまでの足止めです。

PM4:00、帰路へ。

途中で寄った諏訪PAから、夕暮れの八ヶ岳が綺麗に見ることが出来ました。

f:id:hansui:20171201041922j:plain

中央高速は相変わらずの渋滞時間帯、PM8:00帰宅。

第22回旅、終わりです。

歩いて再び京の都へ 旧中山道夫婦旅   (第22回)  贄川宿~奈良井宿 中編

*「大雪になる前に、あと一回旅へでたいわね」のカミさんの一言があって、
帰宅後すぐに週間天気予報とにらめっこ。
よし、25日(土)なら歩けそう、と再び旧中山道夫婦歩き旅へ。*

 

の後編です。

ゆっくりと道の駅・木曽ならかわで足休めして、街道へ戻ります。

道の駅の手前で地区名は贄川(旧木曽楢川村贄川)から

木曽平沢(旧木曽楢川村奈良井木曽平川)と変わってます。

国道と奈良井川の間に、中山道は続いてます。

f:id:hansui:20171127210619j:plain

魚は岩魚?鮎?

f:id:hansui:20171128175302j:plain

ゆるい登り坂道が続きます。

f:id:hansui:20171128175532j:plain

右手に馬頭観音の立つところで、今日初めて街道旅の御夫婦とすれ違いました。
 

f:id:hansui:20171128175801j:plain

下りとなり、物見坂。

前方の建物は塩尻市「楢川支所」、元楢川村役場でした。

 平成の大合併塩尻市に編入されるまで、
贄川から奈良井に至る地域は、楢川村と呼ばれていた。

1889年(明治22年) 町村制の施行で、西筑摩郡奈良井村と贄川村の区域は、

改称して木曽郡となり、楢川村が発足。

贄川と奈良井が合併する際に、奈良井のナラと贄川のカワを合わせて
楢川(ならかわ)になりった。
そして楢川村役場は、贄川、奈良井の両宿の間にあり、
旧村内のもう一つの大字名である木曽平沢に置かれた。

さらに、2005年(平成17年)塩尻市に編入し楢川村は廃止に。

現在の地番、地域名や地図上では楢川は有りませんが、旧楢川村役場名が支所名で

残ってるんですね。 

f:id:hansui:20171128180427j:plain

支所前に「お塗處・吉久屋」、う~ん、良いですね。

f:id:hansui:20171128180533j:plain

左手は塩尻市楢川支所の敷地内に、木曽平沢の解説板と芭蕉の句碑があります。

貞享五年(1688)に芭蕉が木曽を訪れたときに詠んだと言われる。
   「送られつ送りつ果ては木曽の秋」

宝暦十一年(1761)木曽代官山村甚兵衛良啓が建立したものです。

「国選定重要伝統的建造物群保存地区」の解説板は、日本語、中国語、ハングル字、

英文で書かれてます。

今は冬、あたたかなシーズンになれば、外国の観光客も多いのでしょうね。

f:id:hansui:20171128183829j:plain

そして旧中山道は、句碑の後ろで右手の草道坂に入ってゆきます。

これが旧中山道・諏訪坂です。

f:id:hansui:20171128184218j:plain

短い坂を上りと左手に鳥居が立ち、大宝2年(702年)創建と言われる

平沢諏訪神社があります。

鳥居を入ると、正面は舞屋、その奥に覆屋を兼ねている拝殿は、柱や壁が赤と黒

塗られています。

本殿は後部が透かし塀の覆屋内に鎮座しています。

 (左、舞屋 右、拝殿を兼ねた覆屋)

f:id:hansui:20171128184701j:plain

街道書によると、

天正10年(1582年)鳥居峠木曽義昌に敗れた武田勝頼は、敗走の途次

社殿に火を掛け全焼した。

現在の本殿は朱塗(総漆塗りだそうです)で、享保17年(1732年)の再建。

(覆屋の板塀隙間から覗くと赤い建物が見えました)

境内の左右には2本ずつの御柱が建てられていて、『楢川村文化財散歩』には、

木曽郡下では平沢諏訪神社贄川麻衣廼神社でのみ、御柱祭がおこなわれている。

この平沢諏訪神社御柱祭が木曽谷における南限地となる」とあります。

f:id:hansui:20171128210110j:plain

境内右手から石段を下ると中北道標と二十三夜塔が立ってます。

傍らの説明板の二十三夜の伝承は、

 「神に願かけ叶わぬならば、二十三夜さまお立ち待ち」  月が出るまで飲酒談合して待つのだが「お立ち待ち」といって月が上がるまで腰を下ろさず立ち続ける」

とありました。

f:id:hansui:20171128211000j:plain

坂を下ると、県道257号に合流する左側に中北道標が建ち、中山道と彫られた小さな石碑が立ってます。

f:id:hansui:20171129100408j:plain

先に集落の街並みが見えてきました。

旅館、ここが??

f:id:hansui:20171129100800j:plain

 向かい土手上は墓地です。土手に,石仏石塔群がありました

f:id:hansui:20171129101010j:plain

道両側に漆器を扱うお店がずらりと軒を連ねている、400有余年の歴史を誇る

  「漆器の里 木曽平沢」へ入ります。

木曽平沢は海抜およそ900メートルの高地にあり夏は涼しく、冬は寒いという独特な
気候で自然豊かな大森林は良材を育み、漆を塗る作業に良く、漆器の里として

栄えてきた。 

f:id:hansui:20171129101206j:plain

すぐの左手に、先ほど「木曽暮らしの工芸館」で見ることができた、

あの「長野オリンピック漆蒔絵入賞メダル」企画作成した「まる又漆器店」が

ありました。

f:id:hansui:20171129101933j:plain

 町並み保存の家・まるやま

敷地前面の三角形の空地アガモチと呼ばれ、街道と斜交いに建物が立ってます。

f:id:hansui:20171129104345j:plain

 創業300年の看板を掲げた店

f:id:hansui:20171129114156j:plain

切妻出梁造りの旅籠風家屋

f:id:hansui:20171129114327j:plain

「ちきりや手塚万右衛門商店」は寛政年間(1789~1800)創業で、

 向かいに古い漆器や作業道具を展示した「漆資料館」を併設しています。

f:id:hansui:20171129114656j:plain

職人同士が軒を並べている町、木曽平沢
中山道奈良井川が南北に縦断する市域南部の中央に位置し、
谷あいを北流する奈良井川が大きく湾曲した河川敷に発達した集落です。

 

f:id:hansui:20171129120905j:plain慶長7年(1602年)に、奈良井川対岸にあった中山道を現在地付近に

付け替えた際、周辺の民家を集められて成立した。 

f:id:hansui:20171129121542j:plain

宿場ではなかったが、檜物細工や漆器地場産業として発展し、
江戸時代中期以降になると、中山道沿いの集落の中では最大の漆器生産地として
発展し、何時しか「平沢塗物」として全国的にも知名度が広がりました。

f:id:hansui:20171129121607j:plain

現在の木曽平沢の町並みは寛永2年(1749)の大火後に計画されたもので、
火災の経験を生かし、短冊状の敷地割にはアガモチと称する前面道路と主屋の間に

空地を設け、主屋、中庭、塗蔵(漆塗をする作業場、土蔵造りで、2階が乾燥場)、

離れ又は物置の順に配され、隣家の建物同士を離す為、敷地奥に設けられた塗蔵

へは外部の通路を通すなどの工夫が見られます。

木曽平沢は全国的にも少ない、漆工という伝統的工芸の職人町、漆器店が軒を

連ねる町として、平成18年(2006年)に、
重要伝統的建造物群保存地区」に選定されています。

f:id:hansui:20171129121633j:plain

本通りと称される、中山道に面して、1軒だけ見かけた前庭を持つ和洋の建物。

f:id:hansui:20171129122612j:plain

通りには漆店以外の飲食、土産物店など商店街風は全くなく、看板などもありません。

調和のとれた美しい家並みが、緩い曲がりを描き続いています。

漆以外の看板を掲げていた、唯一のようなお店・・

(店先には何故か果物が・・)

 

 

f:id:hansui:20171129121655j:plain明治時代に大火があり,江戸時代のものはあまり残ってはいないが,
縦格子をはめ込み,垂木構造の小庇を持つ出梁造り、切妻の出梁造りの旅籠風の
建築、大谷石の蔵などなど、ゆっくりと眺めて、漆製品を見せていただき、

お話をお聞ききしたりと、保存され残された町並みではなく、現在も生活の場、

活動する漆塗りの産業地、なんとも楽しい散策に名残を惜しみ、町を後にします。

(街外れの、国登録有形文化財の漆工房巣山、昭和初期の状態が保持されている)

f:id:hansui:20171129110743j:plain

f:id:hansui:20171129120312j:plain

近世前期に「木曽物」で知られた木曽の漆器は、ほとんどが奈良井宿で生産されていましたが、
近世後期になると「平沢塗物」の名で流通するほどに発展します。
明治以降も技術革新によって成長し続けました。
木曽平沢は現在でも日本有数の漆器生産地として、

その地位を維持し続けているそうです。

町並みの南の外れ,右手からの道を併せたところに津嶋神社があり、

道祖神御嶽山三社大神が祀られ、奈良井まで1.7kmの標識と

「国選定重要伝統的建造物群保存地区」の看板も立ってます。

f:id:hansui:20171129173334j:plain

その先で道は二股になり左側の細い道をゆき、すぐに元の奈良井川道に戻ります。

f:id:hansui:20171129173759j:plain

奈良井川の対岸には「雀おどり」の屋根飾りを乗せた、木曽漆器館がありました。

f:id:hansui:20171129174403j:plain

「笹良漆器会館」の先で道は二股に分かれ、中山道(県道258号)は左手踏切を

渡って国道19号に合流し、奈良井駅付近で奈良井川を渡り、奈良井宿

通じてるようですが、街道書は県道とは離れ右手の坂を下り、JR線のガードを

くぐり奈良井川の左岸沿いの道(信濃路自然歩道)へと記されてます。

f:id:hansui:20171129175701j:plain

ガードを過ぎ堤防上の遊歩道に上がると,街道書に奈良井川の歩道橋を渡った対岸に

一里塚跡があると、記されています。

奈良井川の一本鋼桁の歩道橋を渡った対岸に案内板がが見えてます。

f:id:hansui:20171129180535j:plain

橋は渡らず川沿いを行くと、対岸に「橋戸一里塚跡」と白い説明板が見えてます。

橋戸一里塚は,中山道の付け替えで残された江戸から64番目の一里塚です。

地区住民により中山道の歴史をしのぶ公園(橋戸一里塚パーク)として親しまれ、

周辺整備が行われているそうです。

f:id:hansui:20171129180835j:plain

 奈良井川左岸の道を行き少し先の左手に,木曽の木材を多く使用して造った

「木曽楢川小学校」があります。学校名はそのままなんですね。

街道書では、「給食の食器は漆器が使われている」とありますが、今でもかな?

f:id:hansui:20171129182826j:plain

小学校からしばらく進むと、右折して奈良井川を渡る道、左手に国道19号に

合流する道、直進した先でて国道に合流する分岐の三叉路となり、

街道書の通り、真っ直ぐ進み奈良井大橋へ出ると、

f:id:hansui:20171129183658j:plain

国道から右手に分かれてきた県道258(中山道)と合し、奈良井橋を渡ります。

f:id:hansui:20171129200936j:plain

渡った正面に馬頭観音、左手に中山道の石柱。

左手にとって川沿いを奈良井宿へと向かいます。

f:id:hansui:20171129202436j:plain

 橋のたもとで、奈良井駅から来た、地域振興バスに出会いました。

「あら、朝のバスと同じ運転手さんよ!」の声で見ると、バスの運転手さんも

気づいたようで、手を挙げ笑顔で返してくれましたね。

f:id:hansui:20171129202542j:plain

道の道路標識には「楢川村奈良井」のままですね・・

f:id:hansui:20171129203127j:plain

左手は奈良井川、右手山側は鉄道路線に挟まれて、街道は緩く下って行き、

踏切を渡ると奈良井の集落へと入ってゆき、

f:id:hansui:20171129203847j:plain

左先に奈良井の駅が見えてきました。

f:id:hansui:20171129204209j:plain

 途中に石造りの3階建て蔵を持つ「丸山漆器店」という店がある。

街道書によると、

「栃木県宇都宮大谷に産し、土台石や塀などによく使われてる大谷造りで、

 木曽地方で大谷石とは珍しい」と記されてます。

遥か栃木県宇都宮大谷から運んだのでしょうか。

f:id:hansui:20171129205158j:plain

 奈良井宿へたどり着きました。

f:id:hansui:20171130122029j:plain

f:id:hansui:20171129205745j:plain続きます。

 

 

 

 

歩いて再び京の都へ 旧中山道夫婦旅   (第22回)  贄川宿~奈良井宿 前編

*ひょいと歩き出した東海道五十三次
途中で、断念かの肝臓癌をなんとか乗り越えて、京の三条大橋へ到着。
勢いをかって「歩いて再び京の都へ」と乗り出した中山道六十九次。
またまた腹部大動脈瘤、心臓動脈硬化、そしておまけに腹部ヘルニア。
挫折しそうになりながらも、カミさんの支えもあって、またまた乗り越え
旅の再開。
そんな、じじばば道中ブログです*

 11月3日に歩き残してた「碓氷峠越え」を果たし、街道は江戸から
28番目・和田宿へ一本線に継ながりました。

先にはこれまた難所の和田峠越えがあり、雪の季節となり

峠越しは雪融けを待ってとし、元気なうち歩ける内にと峠を飛ばして

足を前へと進めています。

 

先日の21回目、後半はとうとう雪降り街道旅(おおげかな?)となり、

江戸から33番目、贄川宿(にえかわ)手前の贄川駅で足を止めてます。

f:id:hansui:20171127095831j:plain

帰りの車の中で、

「大雪になる前に、あと一回旅へでたいわね」のカミさんの一言があって、

帰宅後すぐに週間天気予報とにらめっこ。

よし、25日(土)なら歩けそう、と再び旧中山道夫婦歩き旅へ。

中央高速を走り、前回と同じくみどり湖PAで朝ラーメンで朝食。

塩尻ICから国道20、19と走りAM8:30、前夜降ったらしい新雪積もった

道の駅・奈良井木曽の大橋の水辺公園・駅東駐車場へ車を停め、地域振興バスで

前回足止めの贄川駅へ向かいます。

野山は雪景色、北国で過ごした子供のころを思い出し、なにかワクワクする

気分になるのが不思議ですね。

f:id:hansui:20171127101222j:plain

AM9:30 贄川駅前から第22回目の旧中山道夫婦歩き旅の旅立ち。

f:id:hansui:20171127101521j:plain

今日の歩き旅は、江戸から33番目「贄川宿」から約2里(8km)の

34番目「奈良井宿」までの短い距離です。

すこし雪道を歩くことになりそうですが、風もなく国道気温標識は4℃、

歩きやすい一日になりそうです。

国道19号、駅のすぐ先に「贄川宿」の大きな看板が立ってます。

f:id:hansui:20171127103348j:plain

さらに駅から300mほど行くと、左手JR中央線の向こう側に、復元された

贄川関所跡」が見えてきます。(左端)

f:id:hansui:20171127105120j:plain

国道から左折すると、関所橋でJR中央本線を渡ります。

関所橋は、大名行列の欄干飾りや、欄干に吊るされた金属パイプを連続して叩くと

「木曽節」の一節を奏でるところから、別名「メロディー橋」と呼ばれています。

(カミさんが演奏?したら、なんとも間延びした「木曽節」で大笑い)

f:id:hansui:20171127111032j:plain

これはプリズム塔だね、

f:id:hansui:20171127111453j:plain

当時の関所はいまの位置より西側にあり、旧中山道贄川駅の北方向から線路を渡り、駅舎の東側を通ってこの関所前へ続いていたそうです。
現在は鉄路敷設に伴い、失われた街道となってます。

f:id:hansui:20171127121025j:plain

 左手に坂を下ると
明治初年に取り壊されましたが、昭和51年に古図をもとに”板葺き石置屋根”の
贄川関所(木曽考古館)として復復元され、一般公開されています。

f:id:hansui:20171127110302j:plain

 

解説板によれば、

建武2年(1334)頃,源義仲7代の孫讃岐守家村が贄川に関所を設けたのが最初で,天正18年に豊臣秀吉が番所を置き、木曽材木の監視のため南の妻籠番所とともに取締りに当たり,関ヶ原の戦いの後、徳川幕府もこれを継承して、福島関所の副関所として木曽代官山村氏の配下が守り,鉄砲と女改めに加え木曽檜の加工品や木材などの搬出を厳重に監視し尾張藩の”北番所”とも呼ばれた。」

木曽路尾張藩領で本山宿の松本藩との領界。

(マンホール蓋も関所です、カラーでないのが、またいいですね)

f:id:hansui:20171127112914j:plain

f:id:hansui:20171127112959j:plain

関所前が江戸方(東方)、関所から戻り贄川宿内へと足を進めます。 

f:id:hansui:20171127115607j:plain

江戸から数えて三十三番目、62里27町14間(246.5km)

木曽11宿の最北端の宿場で、江戸からの木曽路の入口宿場です。

 

街道書に書かれている、

木曽路はすべて山の中である。

あるところは岨(そば)づたいに行く崖の道であり、あるところは数十間の深さに

臨む木曽川の岸であり、あるところは山の尾をめぐる谷の入口である。

一筋の街道はこの深い森林地帯を貫いていた」
『夜明け前』島崎藤村、の有名な始まりです。

(高校生のころ一度だけ読んだかな?記憶があいまい)

 

贄川」の名は,古くは温泉が出たことから「熱川(にえかわ)」が,温泉が

枯れて現在の字が充てられるようになったとの説や,奈良井川で獲れた川魚を

諏訪大社の神事の御贄として奉納していたことから、神に供えるいけにえ(生贄)

の魚を捕る川という説の二説があるそうです。

宿は天文年間(1532~54)に開設され,桜沢から小野を経て下諏訪に到る

中山道の宿として,さらに塩尻峠の開通により,贄川から本山,塩尻を経て

諏訪に到る中山道の宿駅として整備された。 

昭和5年(1930)の大火で町の大半が焼失し往時の面影はほとんど残って

いない。

天保14年(1843年)、本陣1軒、脇本陣1軒、旅籠25軒、人口:545人

(広重画、贄川

f:id:hansui:20171201212612j:plain

ここにも  水場がありました。

f:id:hansui:20171127132813j:plain

郵便局の向かいあたりが本陣跡、木曽家の子孫千村家が勤め,問屋,庄屋を兼ねて

いた、と街道書にはあるが印すものは何もありません。

立派な門を構えた家がありましたので、パチリ。

f:id:hansui:20171127135649j:plain

f:id:hansui:20171127132928j:plain

郵便局の向こう隣りの民家。

f:id:hansui:20171127134512j:plain

津島、秋葉神社

f:id:hansui:20171127140243j:plain

神社の左隣り「麻衣廼(あさぎぬ)神社」の石柱と「観音寺」との案内板があり、

右手の細い道を入りJR中央線を橋で渡り、信号で国道19号を越えると、

大きな観音像の建つお寺がありました。

山門の前に大きな観音様、寛政4年(1792年)に再建されたと云う立派な

山門を持った、大同元年(806年)創建されたと言われる古刹、観音寺です。

高野山金剛峯寺を本山とする真言宗智山派寺院。

f:id:hansui:20171127143249j:plain

f:id:hansui:20171127143422j:plain観音寺の左手奥に延びる参道に登ると、麻衣廼(あさぎぬ)神社の鳥居の前に

出るのですが、少し深そうな雪道となって足元が悪そうなので拝観は取りやめ。

このあとの街道旅の行き来で、近くを通る機会がありそうなので再訪したいですね。
街道書によれば 

「麻衣廼(あさぎぬ)神社は天慶年間(938~47)の創立,

諏訪大社の系列の長い歴史をもつ神社である。
天正10年の戦火により焼失,文禄年間(1592~96)現在地に再建された。
現在の社殿は延享4年(1747)建立,拝殿は慶応元年(1865)再建。

毎年春の祭りに加え6年目ごとの寅年と申年に御柱祭を行う。

この神社の御柱は4本並列配置である」とありました。

 来た道を戻り、宿場の街並みへ。

右手に贄川家が勤めた脇本陣あと。

街道書では今は酒店とありましたが、閉店したようです。

   (「たばこ販売店」と書かれた赤いプレートに、贄川の文字が見えました) f:id:hansui:20171127145017j:plain

街並みの中に漆塗店の暖簾をかけたり、屋号をつけた民家が何軒かありました。

f:id:hansui:20171127151934j:plain

少し先右手に秋葉、津嶋神社

f:id:hansui:20171127150624j:plain

隣りに水場があって、野沢菜を洗ってました。

f:id:hansui:20171127152247j:plain

向かいの建物が、贄川宿に唯一残る江戸時代の建物、深澤家です。
 深澤家は屋号を加納屋と称し,行商を中心とする商家を営み

文化年間(1804~17年)には,京,大阪などから北陸・東北地方への

遠隔地商売を展開し贄川屈指の商人となった。
街道に西面した短冊型の敷地(564.47㎡)に主屋(2階建切妻造)が建ち,

その背後に中庭を挟んで北蔵と南蔵が並ぶ。

主屋は嘉永4年(1851年)の大火後の再建で同7年に竣工。

北蔵は文政4年(1821年),南蔵は文久2年(1862年)の建築。
 各建物の建築年代がほぼ明らかで,保存状態も良く江戸末期の木曽地方宿駅の

町家の姿を忠実に留め,主屋の規模・大きさ,独特な正面外観,整然とした架構,

洗練された重厚で落ち着いた室内が構成され,木曽地方の町家建築の到達点を

示す建物として価値が高く,国重要文化財に指定されている。

 

f:id:hansui:20171127153901j:plain

f:id:hansui:20171127154141j:plain

 幕末に建てられた深沢家住宅三棟(国重要文化財)は実にどっしりしています。

f:id:hansui:20171127154523j:plain

f:id:hansui:20171127154319j:plain

深澤家住宅から約60m歩くと、右側にひのきや漆器店があり、店の先を

右折し桝形状に進み跨架橋で鉄道を越し国道へ合流します。

街道書にも記載がありませんが、京方(西方)になるのでしょうか。

f:id:hansui:20171127160115j:plain

国道を進むと右手に、推定樹齢千年というトチの木(長野県天然記念物)の

案内板があります。

贄川のトチ」

 推定樹齢千年,樹高33m,根元周囲17.6m。
1mの高さに瘤があり,その上3mから大枝が分かれさらに5本に分岐している。

元文四年(1740)の書物に、「栃の大木一本有り」との記述があり、280年前に

はすでに大樹であった。

枝張り,樹姿,樹幹の美しさは県下一のものとされ,地元の人たちから樹下に

祀られている小祠にちなんで「ウエンジンサマのトチの木」と呼ばれ大切に

されていると云う。

f:id:hansui:20171127160433j:plain

f:id:hansui:20171127162510j:plain

樹高33m,一切の支え無しで堂々としてますね。

f:id:hansui:20171127162721j:plain

根元周囲17.6m。

f:id:hansui:20171127163149j:plain

後ろへも回ってみたかったが、結構な傾斜で雪もあるため

諦めて、右から左から飽きずに眺めましたね。

花の咲時期にもう一度訪れてみたいもんです。

国道(中山道)へ戻り先へ進みます。

中山道はこの辺は国道左下の鉄道敷地内を通っていたそうですが、今は消滅です。

f:id:hansui:20171127164312j:plain

トチノ木入口より約200m弱歩くと右手に、地蔵尊観音菩薩馬頭観音などの

石仏石塔群が並びぶ傾斜地があり、奥には枝垂れ桜の古木や桜木が立ってます。

f:id:hansui:20171127172127j:plain

街道書には、「桜の宮跡」とありました。

f:id:hansui:20171127170033j:plain

f:id:hansui:20171127171606j:plain

200m程先で、国道両側には歩道帯がなくなり、土曜日ですが大型車両がびゅうんびゅん行き交います。

街道書では国道左手に木曽路民芸館があり、その先国道の擁壁上に設けられた

グレーチング(金網)を敷いた側道「旧中山道用の歩道」を行くとあり、

それ!と横断して国道の左側へ渡りました。

(TV的に言えば、よいこのみなさん、マネしないでね・・でした)

f:id:hansui:20171127174153j:plain

擁壁上にグレーチングを敷いた雪道を進み、突き当りの仮設階段を上ります。

f:id:hansui:20171127174613j:plain

階段を上ると落ち葉の積もった草道となり、お地蔵さんや馬頭観音を見ながら

しばらく行くと、

f:id:hansui:20171127175138j:plain

 中山道碑や津島神社などが祀られる桃岡集落へ入ります。

f:id:hansui:20171127175430j:plain

街道時代からの道幅と思われる桃岡集落を抜けると、ここにも水場があり

小屋の中には水神さんかな?

f:id:hansui:20171127180147j:plain

その向かいの畑の中に日本橋から63番目の押込の一里塚跡で、石碑と解説標板が

立ってます。

江戸時代、押込村と云われた地籍があったが,国道や鉄道敷設などのため消滅した由。

f:id:hansui:20171127180342j:plain

その先右手は国道19号、その奥山側は鉄道路線で、トンネルがありました。

丁度タンク車連結の貨物列車がトンネルへ入ります。

f:id:hansui:20171127181256j:plain

撮り鉄さんが一人三脚を立ててましたね)

すぐ先十字路左手からくる道は、贄川駅付近から国道と奈良井川の間に通された

明治道で、右折してすぐに国道19と合流し、左手に進み桃岡橋を渡り

鉄橋下を進みます。

f:id:hansui:20171127182503j:plain

 振り返り鉄橋、トンネル、列車来ないかな~・・諦めて歩みます。

f:id:hansui:20171127182828j:plain

このあたり漆器店、工場が目についてきます。

f:id:hansui:20171127211839j:plain

200mほど先で中山道は国道から左に分岐し、旧長瀬集落へと入ります。

f:id:hansui:20171127183417j:plain

街道らしい道幅の集落を、およそ7,800m歩きます。

「あら、メジロよ」4,5羽もいましたね、柿を啄ばんでます。

f:id:hansui:20171127202417j:plain

 

f:id:hansui:20171127183751j:plain

抜けると再び国道に合流し、さらに約500mほど歩くと平沢北交差点となり、

横断して右手の道、県道257木曽平沢線へ入ります。

f:id:hansui:20171127184354j:plain

AM11:30、道の駅ならかわへ。

塩尻市に合併する前は楢川(ならかわ)村でした)

f:id:hansui:20171127201809j:plain

おっ、二連重の貨物列車だ!

f:id:hansui:20171127202956j:plain

お昼も近しで、併設のCafé、UーLIFE(フィンランド料理のお店だったようです)で、パスタでランチ。

コーヒーもいただきゆっくりと足休め。

(オーナーはフィンランドの方だそうです)

f:id:hansui:20171127204534j:plain

暮らし工芸館を見学。

 お目当ては実物を見る機会が無かった、長野オリンピック時の、

金銀銅メダル(漆塗)でした。

目にしたメダル、素晴らしいです!!

単にオリンピックメダルというより、美術工芸品ですね。

(館内は撮影ご遠慮くださいになってます)

 

*木曽暮らしの工芸館、HP*

http://www.kiso.or.jp/info/post-1.html

 

木曽で作られている漆器類の展示販売や漆塗り体験学習なども開かれています。f:id:hansui:20171127205923j:plainゆっくりと時を過ごし。街道へ復帰し漆器の里集落「平沢」へ向かいます

f:id:hansui:20171127210619j:plain

続きます、

 

 

歩いて再び京の都へ 旧中山道夫婦旅   (第21回)  塩尻宿~贄川宿 後編

*ぐ~んと冷え込み各地で降雪予報の19日(日)。
再び街道旅へと向かいました、

坂道をくだり、左手で国道19号との出会いです。
両側に山並みが迫り、信濃路からいよいよ木曽路へと近づいて来たようです*

 

の後編です。

 

本山宿を抜けて坂道を下ると、左手からの国道19号に合流し,

しばらくの間、国道とJR中央西線の間を歩きます

ほんらいは左手の山の高巻き道や、釜の沢越えと言われる捲き道迂回旧道があった

ようですが、今は通行不能となってるそうです。

(青く塗られた小屋前が出口かな?)

f:id:hansui:20171122212850j:plain

中山道は先の右手、砂利道に入り、工場側へ第2中仙道踏切を渡ってゆきまし。

f:id:hansui:20171122213502j:plain

踏切を渡ったところの工場横に、「日出塩の青木跡」の道案内板が立ち、貴人の塚

と言われる上に大桧があって,

「洗馬の肘松,日出塩の青木,お江戸の屏風の絵でござる」

         と唄われた銘木があったと記載されている。

  案内に沿って工場の裏へ回ると・・・若木と碑がありました。

f:id:hansui:20171122214315j:plain

「あら、白いものが、雪じゃない!!」びっくりしたようなカミさんの声。

見回すとちらちらふわふわ、白いものが!なんと雪が降って来たんです。

降ると言うより、風に乗って舞ってるような・・

空には青空もあり、雲の流れで日差しが射したり曇ったりです。

少し先で,国道から分かれた日出塩(ひでしお)集落に通じる車道に合流,

再び右手に分かれ細い道を行くが,すぐに先ほど分かれた道に戻ると,

道の左手に江戸から61里,京へ71里、標柱のみの「日出塩一里塚跡」が

現れます。

f:id:hansui:20171123103418j:plain

ここからは、本山宿と先の贄川宿の間に置かれた「立場茶屋」があった旧日出塩

集落になります。

熊の毛皮や熊の肝などを商っていたそうです。
左手に、洞宗秀永山長泉院。

門前に庚申塔など石仏・石碑,六地蔵などが並んでます。

f:id:hansui:20171123110537j:plain

日が差してますが雪が舞ってます。

前方の木曽谷方向は山間が少し霞んでます。

f:id:hansui:20171123111211j:plain日出塩は地元の「節分草を育てる会」が、節分草を大切に守り育てているそうです。

日出塩駅の北側に「桜の丘公園」があり、公園内にも節分草を育成しているエリア

があるのだそうです。

咲く季節の通る機会があったら、公園へ寄ってみたいですね。

左手へ入るとJR日出塩駅、時刻はPM1:20でした。

今日の街道旅の「二番目」の目的足止め地にしていたのが、ここ日出塩駅前、

塩尻駅から約12kmでした。

第一の目的足止め地にしてるのは、ここから5km先の贄川駅前。

青空があるとはいえ、木曽谷方向の左側は雪降りか、霞んでいます。

雪も降ったり止んだりの気象・・さて進むべきか、足止めか・・・

f:id:hansui:20171123111553j:plain

JR贄川駅からの塩尻駅へ戻る列車の時刻は、PM4:06、あと2時間40分

「雪は舞ってるけれど、ほとんど風はない」

「この分なら、先へ進めそう」とカミさんと意見も一致、小雪舞う街道旅を続けます。

f:id:hansui:20171123114924j:plain

集落外れ下り道に道祖神・筆塚・秋葉大権現などの石塔群。

f:id:hansui:20171123115954j:plain

坂を下り国道19号のガード下を抜けると、左手に線路ガードを潜る道があり、

日出塩の鎮守、熊野神社があるようです。

f:id:hansui:20171123122203j:plain

街道はそのまま進んで国道に合せず、斜め右手の細道へ入り、国道19号の高架を

潜り国道右側の歩道帯に合します。

f:id:hansui:20171123132009j:plain

いよいよ木曽路、木曽谷間の街道旅となって来たことが強く感じられます。

左手山裾にはJR中央線、一段下がって国道19号。

歩道右手は急斜面の落ち込みで、下には奈良井川、と山裾。

f:id:hansui:20171123132633j:plain

600mほど進むと右手に江戸初期中山道の解説板が立ってます。

f:id:hansui:20171123133641j:plain

先に見える建物の手前から、左手の山(峠)へ通じる県道254があり、
これが慶長6年(1601年)大久保長安によって整備された、下諏訪から

岡谷を経て三沢(小野)峠を越して小野へ出て、牛首峠を越してここに出た
「初期中山道(古中山道)」です。

f:id:hansui:20171123134557j:plain

大きく左へカーブする右手はトンネル工事現場になってます。

いずれは谷沿いの国道はトンネルで短縮されるのでしょう。

大きな「木曽」の文字が入った看板が立ってます。

f:id:hansui:20171123140803j:plain

急カーブを曲がると奈良井川に注ぐ旧境川(桜沢川)に架かる桜沢橋のたもとに

「是より南・木曽路」標識が見えます。

この境川の進行方向が木曽路、そしてこれまで歩いてきた部分の信濃路に分かれ、
古くは木曽と信濃、江戸時代には尾張藩と松本藩の境界になっていた場所です。

また現在では塩尻市と楢川村との境界になっています。

f:id:hansui:20171123143720j:plain

橋を渡った右手の崖上の広場に東屋、地域案内板、そして昭和初期に建てられた

大きな石碑が立ってます。

石碑には「是より南・木曽路」とあり、石碑の裏側には
木曽路はここ桜沢より、神坂に至る南20余里なり」という内容が書かれています。

いよいよ信濃路から木曽路へと入ります。

この辺は標高812m。

f:id:hansui:20171123142901j:plain

f:id:hansui:20171124053536j:plain

(15年か、わしの生まれた年だ!)

ここで危く街道を見失うところでした。

この辺から、奈良井川の浸食による断崖の淵を避けるため、高巻きの道が

設けられてるそうですが、街道書では

「江戸方面からは、木曽路碑向かいの坂道を上がる」としか記載されて

いません。

高巻とは沢や淵などの難所を避けるため、沢の上流側や山の上斜面に迂回する

道です。

国道の向かい側面には前方へ上って行く道が見当たりません。

それらしき道標も見当たらないんです。

f:id:hansui:20171123151507j:plain

右手の奈良井川側は、かなり深い崖となっていて、

「ここから左手の山へ高巻になってるはず」と、

もう一度確かめると、向かいのコンクリート壁に沿って、フェンスも無しの

落ち葉の積もった狭い登り道らしいのが、戻る感じで左へと山の中へと続いてます。

f:id:hansui:20171123152704j:plain

(写真、中付近に桜沢橋が見えてました)

少し上ると国道脇の石碑も見えてます。

f:id:hansui:20171123153155j:plain

ジグザグにしばらく高度を上げると、国道の崖上を国道と並行する崖の

岨道(そばみち)です。

畑の有るところから、崖上道を南へと進むようになります。

f:id:hansui:20171123153648j:plain

左手の斜面には厄除馬頭観世音文字塔と馬頭観音像が祀られ、この山道が街道である

ことを示していて、一安心ですね。

f:id:hansui:20171123154007j:plain

右手を覗きこむと国道のさらに下方に奈良井川の清流を望む。

往時この辺りは断崖で街道は崖上を迂回する高巻き道となっていた。

村の人たちが自力で岩を削って道を作り、通行料を取っていたとか。

(なるほど、有料道路なんだ!)

f:id:hansui:20171123155413j:plain

先に進むと左手の祠の中に、三面六臂馬頭観音像が安置されています。

傍らには道祖神、明和9年(1772年)建立の南無阿弥陀仏名号碑があります。

f:id:hansui:20171123161635j:plain

「あら、なにかしら?」と、ちょっと奥の山側に登ったカミさんが「トンネルよ!」

旅の事前調べていた、昔の中央線のレンガ造り廃線トンネルでした。

内部は完全に埋まっている。
 塩尻ー奈良井間の鉄道の開業は,明治42年(1909年)。

昭和40年代から列車の増大に対応するため電化・複線化が進められた際に,

ルート変更が行われ,廃棄されたトンネルでした。

f:id:hansui:20171123160944j:plain

軌道跡なんでしょうね、先へと延びていました。

f:id:hansui:20171123161226j:plain

街道はトンネルしたから急降下で国道と合さります。

f:id:hansui:20171123165117j:plain

小やみだった雪が、また舞ってきました。

f:id:hansui:20171123165313j:plain

木曽路にはいって最初の集落が桜沢集落で、街道に沿って家並みが続きます。
この集落は江戸時代に本山宿と贄川宿の間の宿として、また木曽路の入口として

栄えていました。 

f:id:hansui:20171123170137j:plain

桜沢立場で立派な門構えの風格のある屋敷が,藤屋百瀬家が勤めた茶屋本陣。

明治天皇櫻澤御膳水休碑、明治天皇櫻澤御小休所碑、明治天皇櫻澤御駐簾跡碑がある。

上段間と次の間を残しているそうですが、公開はされてません。

(あの「是より南 木曽路石碑」を立てた家ですね)

f:id:hansui:20171123170535j:plain

街道書を見ていたカミさんが、

「洗馬宿の本陣の家も百瀬家だけど、ここの百瀬家と一族なのかしら?」て。

(帰宅してから調べたけれど、まだ不明)

国道下、奈良井川との間に何軒かの家があり、一部旧道があるそうです。

f:id:hansui:20171123171311j:plain

左手傾斜地に、小さな祠があり小さな神社が鎮座しています。

何を祀ったのかな??

f:id:hansui:20171123173336j:plain

国道を進むと右手の眼下に奈良井川の片平ダムの景が広がります、奈良井川木曽駒ケ岳北の茶臼山に源を発し、流末は梓川に落合います。

f:id:hansui:20171123173652j:plain

先で奈良井川を片平橋で渡ると左手の林越に古い橋が見えてます。
本来の中山道は,現片平橋よりやや上流側を渡り、杉林の中を通過していたと云う。

旧片平橋は、昭和10年竣工の「日本近代化土木遺産Aランク」に選定されていて、

開腹部をアーケード・RC造りアーチ橋として美しい姿を残していると云う。

残念ながら現在は通行不可になっており、遠くから眺めるだけです。

f:id:hansui:20171123174444j:plain

先50mほど進むと右手に階段があり、その上に白山神社の鳥居がありますが、

立ちよりはしませんでした。

f:id:hansui:20171123175446j:plain

道筋が変わってしまったんだね、原の奥にポツンと庚申塔

f:id:hansui:20171123175812j:plain

300mほどゆくと道は国道19号から右手の坂道へ分かれ、旧片平村へと入ります。分岐点には中北道標「←片平地区を経てJR贄川駅2.2km/

是より南木曽路碑1.3km JR日出塩駅3.0km→」がありました。

f:id:hansui:20171123180656j:plain

ほんの100m程の集落ですが、旧家と思われる家々です。

f:id:hansui:20171123181119j:plain

国道に出会い右手の坂道左が、永平寺の末寺で,境内が国道に削られこじんまりした

無住職の寺、「飛梅山鴬着寺」、「鶯が着く(来る)お寺かしら?」てカミさん。

街道書には(おうちゃく)寺とありました。

なんの変哲もないお寺ですが、あとで偶然みた贄川宿に伝わる民話に、こんな逸話が。

「参勤交代の加賀藩主前田候が中山道を通り、片平のある寺に立ち寄り休憩された。
 この時、和尚様が寺の名前が定まっていないことを幸いに、寺の名を請うた。
 折は春で、庭に鶯が飛んできて「ホーホケキョ」とさえずった。
 そこで前田候は鶯が着く寺と言う意味の「飛梅山 鶯着寺としたらよかろう」と

 申された。
 以後前田藩から毎年下げ渡し金が届いた」
(楢川村むらおこし農家組合)とありました。

カミさんの推測は正しかった!

f:id:hansui:20171123181348j:plain

(でも前田候は、なぜ遠回のこの道を通ったりしたのでしょうね?)

鴬着寺の先の横断歩道で、国道19号を左手にわたります。

渡ると歩道橋脇に男女双体道祖神や供養塔などが並んでます。

f:id:hansui:20171123182426j:plain

 再び歩道橋で国道の右側へ戻り、足を進めます。

木曽路の前方は右側は明るさがありますが、左側の山々は白く、遠くは

白く雲の中、雪が降ってるかな。

f:id:hansui:20171123202948j:plain

国道沿いを300mほど行くと、右手擁壁上に国道に削られて小さく

西塚を残している、江戸日本橋より六十二里目の若神子の一里塚跡。

f:id:hansui:20171123204254j:plain

その先すぐに国道から街道は右手に別れ、旧若神子集落へと入ってゆきます。

中北道標には「JR贄川駅・1.7km」とあります。

f:id:hansui:20171123205911j:plain

 山は雪山になってます。チラチラ雪が舞い降りてます。

左手のコンクリート製品は何??

f:id:hansui:20171123210229j:plain

 集落内には何か所かの水場があり、今も現役で使用されている様子。

f:id:hansui:20171123210955j:plain

このオブジェは??

f:id:hansui:20171123211316j:plain

集落の終りの左手曲り角に石塔群が残ってます。

f:id:hansui:20171123212015j:plain天文3年(1534年)建立の道祖神、明和2年(1765年)建立の廿三夜待供養の

そして馬頭観音などが祀られてます。

f:id:hansui:20171123212643j:plain

みぎての上の方に参道を辿ると、若神子村の鎮守、諏訪神社が祀られてます。

f:id:hansui:20171123213003j:plain

集落から一旦下り街道は国道へは出ず、再び標識に従って右手の上り道へ

入ってゆきます。

雪の舞が多くなってきました。

先の山では結構降ってるような感じです。

f:id:hansui:20171123213453j:plain

f:id:hansui:20171123213719j:plain

f:id:hansui:20171123213814j:plain

青空も見えてますが雪は降り続いてます。

f:id:hansui:20171123213930j:plain

谷間に下ると石造群

f:id:hansui:20171123214055j:plain

道の整備などで移動され、ここに集められたかな?

無造作に沢山置かれたと言う感じだ。

f:id:hansui:20171123214229j:plain

谷間から登ると、左手下に線路と国道が平行し続いてる展望が開けた道になり、

雪降りに煙る山々を見ながら進みます。

f:id:hansui:20171123214324j:plain

その先で林の中への道を行く「JR贄川駅0.6キロ」と書かれた標柱が立ち、

f:id:hansui:20171124090252j:plain

その先で道は国道へ下る道と、右へ山側の草道に出会いますが、

街道書には「山道は古中山道である」と記され、中山道は左、国道へ下るとあります。。

f:id:hansui:20171124090937j:plain

前方左手にJR贄川の駅舎が見えてきました。

道路の温度計は2℃、雪の舞から雪降り街道となってきました。

f:id:hansui:20171123214626j:plain

右から古中山道も下ってきて、本来の中山道はここで国道、JR鉄路を縦断して

川沿いに進み、先の贄川宿番所前へと続いていたそうです。

鉄道敷設、国道新設などにより街道は消滅し、今は国道を歩き贄川宿へ向かいます。

 

f:id:hansui:20171123214730j:plain

駅手前、数軒の民家が建ち並ぶ道路沿、ここにも水場がさずけられてました。

f:id:hansui:20171124063804j:plain

木曽路の山々は雪雲に蔽われ、見通せなくなくなってきました。

あの付近はかなりの降雪になってるんでしょうね。

左手が贄川駅です。

ここもJR贄川駅舎は、贄川の宿場から離れたところに設けられ、

駅周りには「そば処」が1軒あるだけです。

f:id:hansui:20171123214930j:plain

時刻はPM3:20、5km強の道のりを、約2時間かけて歩いて来たんです。

(スタスタ歩いたつもりでも、人々の倍は掛かってますね)

 

 

f:id:hansui:20171124063523j:plain

贄川宿はここから300m程先が入口の関所跡がありますが、21回の旅は

ここで足止めします。

電車時刻まで、駅隣りの蕎麦所で、あたたかいコーヒでくつろぎ、電車で塩尻駅へ。

f:id:hansui:20171123215027j:plain

松本行きの車内では、登山スタイルの10名ほどの外国の方が居ました。

御嶽へ登ったかな?それとも、これから北アルプス方面へ向かうのでしょうか。

塩尻駅前から中央高速を走り、渋滞があって5時間ほどかけて帰宅。

「大雪になる前に、あと一回旅へでたいわね」のカミさんでした。

第21回旅、終わりです。

 

歩いて再び京の都へ 旧中山道夫婦旅   (第21回)  塩尻宿~贄川宿 中編

ぐ~んと冷え込み各地で降雪予報の19日(日)。

再び街道旅へと向かいました、の中編です。

 

*洗馬宿を後にし、JR中央線のガードを潜って中山道(県道304)次の本山宿へと向かいます。   

f:id:hansui:20171121164201j:plainガードを潜り尾沢川を渡ると、左手へ入る荒れた道があり、鳥居が見えてます。

道を入ってみると、川沿いに道は奥の山中へと続いてゆきます。

街道書では、

草道の参道を辿ると、国道19号を越えて尾沢川沿いに滝神社があり、

由来となった滝が落ちている、と記載がありました。

f:id:hansui:20171121164109j:plain

尾沢川と言えば、宿にあった洗馬宿案内版に、「洗馬宿設立時、この尾沢川から

用水を引き入れ宿内に水を供給した」とありました。

上流の方から取水したと思われますが、滝神社と関係があるのかな。

街道に戻ると今度は登り坂となり、

f:id:hansui:20171121171101j:plain

左の道路わきに新設された感じで「一里塚」の石碑と案内板が建ってます。

案内板には「牧野の一里塚跡、江戸より60里,京へ72里」とある。

塚の上?には旧牧野村公民館が建ってましたね。

 

f:id:hansui:20171121175447j:plain

その少し上の斜面に馬頭観音や石塔が見えました。

f:id:hansui:20171121175829j:plain

坂道を上ると平坦地となり、街道は穏やかなかっては立場茶屋が置かれたと言う、

牧野の集落を行きます。

f:id:hansui:20171121180546j:plain

けっこうな頻度で中央線の特急電車が行き来してますね。

(各駅停は朝、夕中心に1時間に1本ですが)

f:id:hansui:20171121180855j:plain

一里塚跡からおよそ1km,牧野信号で国道19号に併せ、しばらく

国道を歩きます。

f:id:hansui:20171121181725j:plain

およそ約700mほど行き国道19号から離れ、ため池の有る右手へ道(県304)

に入ってゆきます。

f:id:hansui:20171121182248j:plain

ため池の先、すぐの右手に「中山道本山宿 しののめのみち」と書かれた標柱が

あります。

「しののめみち」は塩尻観光案内誌には

「松本平の明け方の方向にある東山沿いの道。どこからでも美しい北アルプスを眺望できます。この道は塩尻市の本山宿にはじまり、延長50km。道沿いには多くの仏閣、神社をはじめ、温泉、史跡、宿場、高原などがあり、四季の彩りや鮮やかな自然と共に、訪れた人を魅了します」と記載されてます。

f:id:hansui:20171121210213j:plain

そのすぐ先左脇に秋葉神社馬頭観音,お地蔵さんなど11体の

「石仏群」が並んでいます。(案内板によると、ここへ移設したそうです)

 

f:id:hansui:20171121210552j:plain

f:id:hansui:20171121210847j:plain

f:id:hansui:20171121210734j:plain

軒下の飾り、いいですね~思わずパチリ、

f:id:hansui:20171122094047j:plain

 畑の先に右へ入る細い道角に、池生神社社叢入口標識があり、

ここが本山宿の下木戸跡(江戸口)です

ため池近くにあった秋葉神社、石仏石塔群はかってはここにあったんですね。 

f:id:hansui:20171122150716j:plain

手前に案内板、収穫の終わったそば畑奥に、本山そばの里(食事処)があります。

本山地域はそばの産地として知られ、宝永3年(1706)の雲鈴の隋筆[風俗文選]

に今風の細長い蕎麦になった「そば切り発祥の地」が本山であることが記載されているそうです。

f:id:hansui:20171121211117j:plain

f:id:hansui:20171122105858j:plain

中山道を往来する旅人の舌を満たした蕎麦切りの技術は、ここ本山宿から全国へ

と広がりました。

時代の流れでその姿を消してい きましたが、その技術は家々に継承され、

平成3年、歴史ある蕎麦切りの里の復活を願う有志により、

地元産の蕎麦粉 100%を用いた蕎麦打ち体験もできる「本山そばの里」が

復活したそうです。

お昼も近いので、ここでお蕎麦を頂きました。

蕎麦掻もメニューにあったので、一人前だけとって食してみました。

(宿内のそば処はここだけだったような?) 

f:id:hansui:20171121211304j:plain

付け合わせで出た、パセリの佃煮風が美味しかったて、カミさん。

(余談、蕎麦切りの発祥の地については山梨県だという説や、木曽の須原宿という

 説などもあるようですが、どれが正しいのか分からないようです)

さあ、宿内へ足を進めましょう。


本山宿は、江戸から数えて32番目の宿場。

天保14年(1843)に編纂された「中山道宿村大概帳」によると宿場は

松本平の出口、中山道木曽路の入り口として栄え、宿往還の長さ5町20間。
 人口:592人,家数:117軒,本陣1軒(小林家・下問屋と兼任)、

脇本陣1軒(花村家・上問屋と兼任)、問屋2軒、旅籠34軒が設置され京都からみると、松本藩最初の中山道の宿場町であったことから、口留番所が

置かれ人物改めや荷改めが厳重に行われ重要視されました

 

宿は南から上町・下町に区分され、中央には本陣・脇本陣問屋場がありました。
何度か大火に見舞われたが、現在残る建物は幕末から明治時代の建築で、
道に面して屋敷割りは、洗馬宿の3間間口に比べて4~5間の家が多く、
 各家には屋号が付けられ、当時をしのぶことができます。
比較的広い街道の両側に、倉や、「俵屋」など平入り出桁造り、千本格子窓の旅籠。

古民家にはそれぞれに屋号が付けられ、風情ある町並みが続きます。

(置き屋根造りの倉)

f:id:hansui:20171122114913j:plain

古民家の左手、二本の木が立つ奥が、諏訪神社跡(合祀され本山神社となった)

 

 

f:id:hansui:20171122115300j:plain

 

f:id:hansui:20171121211804j:plain

f:id:hansui:20171122120155j:plain

f:id:hansui:20171121211935j:plain

明治時代の大火でほとんどの建物が失われてますが、出梁造の町屋が点在し、

元旅籠の

秋山家(若松屋)(明治前期、木造2階建、切妻、鉄板葺、平入、出桁造)左奥、

田中家(池田屋)(明治前期、木造2階建、切妻、鉄板葺、平入、出桁造)中、

小林家(川口屋)(明治前期、木造2階建、切妻、鉄板葺、平入、出桁造)右手前

が国登録有形文化財に登録され、当時の雰囲気は感じることができます。

建物の並び方が斜交(はすかい)屋敷といい、家が道と斜めにのこぎり状に並んで

いるのがよくわかりますね。。

f:id:hansui:20171122121104j:plain

f:id:hansui:20171122121613j:plain

向かいが、代々小林家が世襲した本陣跡。

文久元年(1861)の皇女和宮や明治13年(1880)の明治天皇御巡幸の際に

宿泊として利用され、特に皇女和宮が本山宿を宿泊した際には、松本藩が警備し

4日間で総勢8万人が宿場を通過しています。

(奥の雀おどり屋根飾りの建物は、子孫の方のお住いとか)

f:id:hansui:20171122132209j:plain

左手は小林家が兼任していた下問屋跡

f:id:hansui:20171122161322j:plain

本陣跡の宿場案内版

f:id:hansui:20171122144028j:plain

案内板の隣には江戸時代からの水場が今もこんこんと流れ出ていました。

f:id:hansui:20171122162952j:plain 本山仲町バス停の左に、現在は公民館となっている「花村屋脇本陣跡」「上問屋場跡」

葉を落としたモミジがポツンと立ってます。

f:id:hansui:20171122163553j:plain

街道は緩い下り坂となり、その先で大きく左手へ曲がってゆきます。

f:id:hansui:20171122164827j:plain

右手に「口留め番所跡」
 本山は松本領としては木曽路入口の重要な場所であったので,番所を設け厳しく監視をしていた。年貢米が他領に流出しないよう,また関所同様,女人の通行手形改めもしたと云う。

f:id:hansui:20171122165029j:plain

左曲がりの緩い坂道の左手土手上は廃寺となた 長久寺・常光寺の跡地で小公園に

なってます。

長久寺は慶応4年(1868年)、松本藩主がここで東山道軍(官軍)総督岩倉具定

に勤皇を誓うが、決定が遅いと藩主は謹慎、藩には軍資金、兵糧の献金と出兵が

命じられたと言われる歴史のお寺でした。

土手に沿って登って行くと、荒瀬不動尊があり石造群があります。

f:id:hansui:20171122173119j:plain

f:id:hansui:20171122173313j:plain さらに奥の山へ、国道19号を跨線橋で渡った先に、本山宿江戸口近くにあった

諏訪神社と、八幡神社が昭和26年合祀された「本山神社」
社地には檜,松などの老木が多く,拝殿の後ろの神殿は本峰造り一間社流造りだ

そうですが、板格子囲いの建物に鎮座しています。

 

f:id:hansui:20171122174047j:plain

本山神社から来た道を街道へ戻ると、石垣と街道の間に石垣に沿って入れる道があり、

すぐの石垣下に高札場跡、秋葉大権現、秋葉常夜燈があり、

f:id:hansui:20171122181532j:plain

その先に大きな本山宿の看板が立ってます。

(この先は水路の橋で渡れないわよ!)

高札場跡が、本山宿の京方(西口)でした。
 

f:id:hansui:20171122181305j:plain

坂道をくだり、左手で国道19号との出会いです。

両側に山並みが迫り、信濃路からいよいよ木曽路へと近づいて来たようです。

f:id:hansui:20171122182441j:plain

 広重が本山宿として描いた場所の特定には諸説あります。

最も有力な説は本山宿の西(京口)の外れを、宿方向に向かって描いたというもの

です。

「街道は上りから下りにちょうど切り替わっています、本山宿の宿並は東(江戸口)から上り坂の中に構成されています。

これが宿の外れで下りに変わります、ここが正に広重が本山として描いた場所といわれる根拠です。

強烈な野分の後でしょうか、松の大木が横倒しになり、丸太で支えられています。

その奥にはすでに切り倒された切株があります、斧ではなく、木挽き(こびき)に

よって倒された痕跡を残しています」

f:id:hansui:20171122214918j:plain

続きます。

 

歩いて再び京の都へ 旧中山道夫婦旅   (第21回)  塩尻宿~贄川宿 前編

*ひょいと歩き出した東海道五十三次
途中で、断念かの肝臓癌をなんとか乗り越えて、京の三条大橋へ到着。
勢いをかって「歩いて再び京の都へ」と乗り出した中山道六十九次。
またまた腹部大動脈瘤、心臓動脈硬化、そしておまけに腹部ヘルニア。
挫折しそうになりながらも、カミさんの支えもあって、またまた乗り越え
旅の再開。
そんな、じじばば道中ブログです*

 11月3日に歩き残してた「碓氷峠越え」を果たし、街道は江戸から
28番目・和田宿へ一本線に継ながりましたが、先にはこれまた難所の

和田峠越えがあり、雪の季節となって一再び中断。

峠越しは雪融けを待ってとし、元気なうち歩ける内にと足を先へと向けて、

11月12日、下諏訪宿から木曽路への入口塩尻宿へ到着。

 

ぐ~んと冷え込み各地で降雪予報の19日(日)。

再び街道旅へと向かいます。

今朝も早めに家を出て、中央高速をひた走り。

休憩したPAからは朝日を受けた南アルプス甲斐駒ヶ岳北岳が雪山となって

輝き、遠くには金峰山の五丈岩まで見渡せました。

(右、甲斐駒ヶ岳、左上、五丈岩)

f:id:hansui:20171120093228j:plain

みどり湖PAで朝食は、カミさんがラーメンがいい、というので

いつも持参のカップ天蕎麦は止めて、食事処でラーメン朝食。

あれ、この辺は昨夜は雪が降ったんだ!

(食事処で聞いたら、初雪だったそうです)

f:id:hansui:20171120093805j:plain

 塩尻駅前に車を停めて、トイレを済ませて前回足止めした、塩尻・下大門交差点

へ向かいます。

塩尻はブドウ栽培が盛んだったんですね。

駅前の観光協会の建物にもデザインされてます。

案内所で「木曽路イラストマップ」配布しているそうですが、まだ開いてませんね。

f:id:hansui:20171120094252j:plain

駅より2kmほど東へ歩き、前回足止めの三叉路となっている下大門交差点へ。

中山道、伊奈街道(国道153)長野道が交わる追分の交差点では、

18、19日の2日間開催される、県北長野市から県南飯田市間、217.5m

全22区を走る、超長距離・長野縦断駅伝のコースで、関係者の方々が大勢準備を

してました。

間もなく選手が通過、私たちが通ってきた塩尻宿を走り抜け、東の追分から

伊奈街道(国道153)へと向かうそうです。

1952年(昭和27年)「若者たちの体力と精神力を養うのに役立つスポーツを」と、

長野県を南北に一本の襷を繋ぐ駅伝が誕生し、今回が66回と伝統の大会でした。 

選手の通過応援をしたい気持ちがありましたが、もうしばらく時間がかかるとの

ことで、居合わせた係りの方にシャターを押していただき、

AM8:30、第21回旧中山道夫婦歩き旅へ旅立ち。

f:id:hansui:20171120094747j:plain

正面に日を受けて輝く雪山を見ながらしばらく西へ進みます。

f:id:hansui:20171120102059j:plain

前方に巨大な木々が見え、そこは「大門神社」で、大木は樹齢300年の3本の

見事な大欅でした。

f:id:hansui:20171120102351j:plain

大門神社縁起によれば、

「昭和37年中央線の再度の開発のため、二番町の若宮八幡神社と柴宮八幡神社

移転合祀し大門神社となった、大門地区の氏神
また,昭和35年,境内から高さ64cmの弥生時代の銅鐸が出土した。

長野県は,銅鐸文化の圏外と思われていたので注目され,考古学者の間では知られた

神社でもある」と。

f:id:hansui:20171120103507j:plain すぐ先右手に小さな祠があり、案内板は「耳塚」で、
耳の形に似た素焼の皿やお椀に穴を空けて奉納されている。

耳の聞こえが良くなるとの評判が立ち伊奈地方からなど多方面から

参拝者がいると云う。
 天文17年(1548年)5月,武田信玄小笠原長時との桔梗ヶ原合戦の際,

討ち死にした将兵の耳を葬った所とも云われている。

(カミさんが、どうして耳だけなのかしら??)

f:id:hansui:20171120103942j:plain

右手民家の電信柱下に小さな男女双体道祖神

f:id:hansui:20171120104251j:plain

新しそうですが、立派な長屋門ですね。

f:id:hansui:20171120112018j:plain

左手に海鼠塀の倉と、大きな屋号(曲尺の中に文字、カネホンかな)。

たしか普通は「カネホン(屋号)〇〇商店」のような表示だと思うが、

あれで「カネホン商店」だ、何を扱っていたんだろう?

木塀囲いになってるので、今は廃業したかな?

f:id:hansui:20171120112459j:plain

(他の資料に元は、「酒店」とありました)

私の父親の家の屋号がこの「カネ」で、本家がカネに桝形で「カネマス〇〇」

分家はカネに勝で「カネカツ〇〇」とカネに八で「カネハチ〇〇」と称してました。間もなくJR中央東線のガードが見えてきましたが、手前を右に少し入ると、

有明山御神燈と道祖神

有明山御神燈は、坂上田村丸が、安曇郡有明山の賊退治の平定後に祀った社が、

先の塩尻宿京方に鎮座する阿禮神社の奥宮との事。

f:id:hansui:20171120120039j:plain

ガード上はJR中央線、操車線で、国鉄塩尻駅は,明治35年篠ノ井線開通時には,

ガード先の”昭和電工”の北隣りにあった。
明治39年中央東線,明治42年中央西線が開通。昭和57年(1982年)

塩嶺トンネル開通により中央東線が辰野を経由しなくなったのを機に,新駅が

西500mの位置に移された。旧駅は「塩尻大門」として主に貨物列車の退避場所・

操車場として残されている。
ガード先100m程の住宅地を行くと、右手は”昭和電工工場”の長が~い

コンクリート塀が続きます。

f:id:hansui:20171120135406j:plain

ガードをくぐって約1kmほどの平出遺跡十字路のすぐ先に「平出一里塚」。

松は,武田軍軍師山本勘助が,赤子を拾った伝説にちなみ「勘助子育ての松」と

呼ばれ、宝暦6年頃には茶店も2軒あった様です。

f:id:hansui:20171120141805j:plain

街道からは左側だけしか見ませんが、右側は民家の裏にありました。

f:id:hansui:20171120141935j:plain

先ほどから左手と前方に広がる広大な畑が桔梗ケ原で、東西3km,南北5kmの

台地で、天文17年(1548)5月武田信玄小笠原長時の桔梗が原の合戦の戦場で

あった。

f:id:hansui:20171120150148j:plain

一里塚の200mほど先左手一帯に「平出遺跡」の案内板が見えてきます。

このあたりは「うばふところ」と呼ばれる丘陵地帯で、「桔梗ケ原」に復元された

竪穴住居が何棟も見えている。
縄文時代から弥生時代平安時代にかけては大集落跡(175戸)であった。
遺跡は江戸時代から土器や石器が拾える場所として知られ,本確的な発掘調査は,

昭和25年から始まり,中でも古墳~平安時代の豊富な出土品は,当時の生活様相を

復元可能にするものとして貴重なものであると評価され、昭和27年国史跡に

指定された。

日本三大遺跡に数えられる大きな遺跡。

土器・石器など約2万点の出土品は隣接の平出博物館に展示されています。

また日本一大きな、奈良時代中期の瓦塔も展示されているそうです。

f:id:hansui:20171120150522j:plain 青森の三内丸山遺跡静岡県の登呂遺跡など有名な遺跡が有り、立ち寄ったことが

ありますが、こ平出遺蹟は殆ど知らなかったですね。

f:id:hansui:20171120150728j:plain

この場所から北アルプスの山並みが見えるそうですが、雲がかかり姿を見せて

くれませんでした。

平出遺跡を後に、どこまでもつづくぶとう棚が広がる街道をさらに進んでいきます。
江戸時代にはこの辺りは畑以外何もない原野が広がっていたといいます。

このことからこの辺りを「桔梗ヶ原」と呼ばれていました。

甲斐の武田信玄が松本を根拠とした小笠原氏と合戦し、これを破った戦が行われた

古戦場です。
振り返へると、霧ヶ峰、美ヶ原の雪の山並みが大きく見えてました。 

f:id:hansui:20171120152220j:plain 付近のブドウ棚にはもう収穫はしないのでしょうか、たくさんのブドウが残され

てます。

f:id:hansui:20171120152713j:plain

おっ、スイスへ行ったときに見た、木立式のブドウ畑。

f:id:hansui:20171120153033j:plain

中山道は,中央西線の踏切を渡り,”中信農業試験場”,”野菜花き試験場”の前を

通過する。イチョウの木には銀杏が鈴なり!

f:id:hansui:20171120153240j:plain 
ブドウ畑やワイナリーが点在の道を行くと、間もなく国道19号への突き当たりが、

その名も。中山道一里塚交差点。

f:id:hansui:20171120153825j:plain

国道を横断して右手下に旧中山道跡が残り、200m程先で国道19号に合流する

ようです。

f:id:hansui:20171120155120j:plain およそ1km先,コスモ石油手前から左の細い草道に入り、しばらく行くと国道に出,

<平出歴史公園>交差点で国道を斜めに横断し、右手の緩い坂道を下って

県道304号線を「洗馬」集落へと入って行きます。

f:id:hansui:20171120160006j:plain

f:id:hansui:20171120160234j:plain

おっ、雀おどりの屋根飾り!

f:id:hansui:20171120160608j:plain

坂道となり右手下に田畑が広がり、川も流れているようです。

f:id:hansui:20171120160906j:plain

左手側に山が迫り、山裾の段丘上の国道から分かれておよそ500m,

右手に「細川幽斎肘懸松碑」と呼ばれる

一本の赤松が道にせり出して立ってます。

説明版では、「洗馬の肘松日出塩の青木お江戸屏風の絵にござる。」と歌われた

赤松の銘木だったそうな。
細川幽斎が「肘懸けてしばし憩える松影にたもと涼しく通う河風」と詠んだ

と伝えられ、また、江戸二代将軍秀忠上洛の時、肘を懸けて休んだとの説もある。

昔の写真も添えられており、大きさから現在の松は何代目?

坂道は「肱松の坂」と呼ばれるそうです。

f:id:hansui:20171120161430j:plain

「あら、道標が、ここを下るのよ」

道脇草むらの中にちっちゃな道標が有りました。

f:id:hansui:20171120163602j:plain

細い坂道を下ると、左手からの道と合流の桝形で、高さ4mの

旧分去れ(かわされ)の常夜燈が建ってます。

安政4年(1857年)の建立で、ここが北国西往還(善光寺西街道)追分。

(現県道294号)

右:桔梗ケ原を経て塩尻宿へ向かう中山道
左:松本,麻績を経る善光寺道  

ここからが洗馬宿の江戸方(東口)かな。

f:id:hansui:20171120170226j:plain

f:id:hansui:20171120170334j:plain

50m程先で下って来た県道303との合いには、新「分去れ道標」や石塔群が

県道が出来たとき桝形の「旧分去れ」から移設されて建ってます。

f:id:hansui:20171120172844j:plain

街道案内によれば、

江戸から59里33町(約235km)、31番目の洗馬宿 (せばしゅく)。
慶長19年(1614年)の中山道塩尻峠経路に付け替えられたのに伴い、

近くの村が集合して塩尻宿・本山宿とともに新しくできた宿場です。

左手の鳴雷山、霧訪山などの山裾段丘上に開かれ、さらに下がった右手平地には

奈良井川が流れています。

北国往還善光寺道との追分にあたり,善光寺詣り,御岳講の人々などの旅人の往来で

賑わった宿場。

当初は松本藩の管轄下にあったが,享保10年(1725年)幕府直轄領となる。

何度かの大火に見舞われたが、昭和7年(1932)の大火で、宿場のほとんどが

廃墟と化し,往時をしのぶことはできない。

天保14年(1843年)中山道宿村大概帳によれば、

往還の長さ5町50間。

家数:163軒,本陣:1,脇本陣:1,旅籠:29軒、宿内人口:661人,

 

案内木柱に従って、右の細い横道に入り階段を下った所に、「洗馬(せば)」の地名の

由来になったと言われる「邂逅(あうた)の清水」

欅の古木の根元から清水が湧き出していて、塩尻市ふるさと名水20選の

ひとつである。

伝わる故事によると、

 木曽義仲の重臣今井四郎兼平が,義仲の旗揚げを知ると直ちに馳せ参じて

この清水で邂逅した。義仲の馬は強行軍に大変疲れており,そこで兼平は馬の脚を

この泉の水で洗ってやると,たちまち元気を取り戻したという、

そこから「洗馬」と呼ばれるようになった。
(一説には、洗馬の地名の由来とも云われるが,平安時代に既に洗馬牧の名が

 あったといわれる)
下方の田畑の中を”奈良井川”が蛇行しながら流れています。

f:id:hansui:20171120180521j:plain

*広重は洗馬として、宿の西を流れる奈良井川の夜景を、邂逅の清水辺りから
 描いたと言われます。
 川面には満月の明かりを頼りに進む、柴舟と筏を描き、 絵の中央には洗馬の

 宿並みが描かれています。
 この絵は、広重の最高傑作といわれています*

f:id:hansui:20171120174122j:plain

(宿場が奈良井の流れる平地ではなく、山側の高台地上に開設されたのは、

 水害を避けたのでしょうか)

街道に戻り先に進みます。
昔の建物は大火で焼失してしまっているので,宿場の面影はなく,

道幅も大火の経験からか宿場町としては広く、人通りはほとんどありません。

f:id:hansui:20171120180836j:plain

洗馬駅への入口で、奥突き当りから右手が駅舎の有る敷地は、本陣、脇本陣

名所案内にもうたわれた名庭園があったところだそうです。

f:id:hansui:20171120184635j:plain

駅入口から50mほどのところに「宗賀農林漁業体験実習館」という比較的新し

そうな建物がありその壁に「洗馬宿」の街並みについて説明版が掲げてありました。

f:id:hansui:20171120203828j:plain

f:id:hansui:20171120203934j:plain

 洗馬駅入り口を過ぎて,左手に
「百瀬本陣跡」

f:id:hansui:20171120204141j:plain問屋を兼ねていた「志村脇本陣跡」

f:id:hansui:20171120204429j:plain

*「本陣」,「脇本陣」の庭園は,「善光寺名所図会」に「中山道に稀な・・・」と

紹介された名園であったが,明治42年(1909)中央線の開通によって

洗馬駅の敷地となり失われたそうです*

「荷物貫目改所跡」

「公用荷物の重さを計り運賃を決める役所」だったそうで、

中山道では、板橋、追分、洗馬の三宿に設置された。

f:id:hansui:20171120204323j:plain

向かい側に朱塗り山門の、真宗大谷派正・徳山萬福寺

f:id:hansui:20171120205005j:plain

さらに進むと、民家と洗馬公園の間から登る参道が裏手の山への「洗馬神明宮」の参道で、大祭に演じられる太神楽が塩尻市無形文化財だそうです。

JR中央線の線路をこえての林の中に見えてました。

f:id:hansui:20171120212817j:plain

f:id:hansui:20171121100809j:plain

進むと、洗馬公園のフェンスの中の「芭蕉句碑」に
   つゆはれの わたくし雨や 雲ちぎれ   芭蕉

f:id:hansui:20171120210114j:plain

そして「高札場跡」が続く。

f:id:hansui:20171120210316j:plain

その先、洗馬宿の西のはずれの桝形(西の口・京方)は急坂となっていて、

そのさきでJR中央線のガードを潜ってゆきます。

その桝形坂手前の左に 新福寺跡と言成地蔵尊(いいなりじぞうそん)を安置する

地蔵堂の案内板が建ってます

f:id:hansui:20171120212938j:plain

f:id:hansui:20171120213610j:plain

桝形を左に曲がったガード手前に案内標柱が立ち、上り200mほど山の方へ

行くと、新福寺地蔵堂(言成地蔵)が祀られてるようです。

なぜか立ち寄りはしませんでしたね、なんでかな??

街道書には

「元は西の桝形あたりに安置されていたが(案内板が建っていたところでしょうか)

あまりに落馬する人が多いので,ある時一人の武士が怒って地蔵様を斬って

しまった。

これでは縁起が悪いと村人たちが新福寺に移し、言成地蔵として地蔵堂に安置した。

その後、明治3年(1870)の廃仏毀釈により新福寺は廃寺となり、

地蔵堂は言成地蔵として境内の南方の一角に須弥壇とともに遷された。
境内には旅の途中で死んだ人など墓31基その他があり,今も参拝者が絶えないと

云う」とあります。

f:id:hansui:20171120214244j:plain

 街道はこの先でJR中央線のガード下を通って右にカーブし、次の本山宿へと

足を進めます・・・後編へ。

 

歩いて再び京の都へ 旧中山道夫婦旅   (第20回)  下諏訪宿~塩尻宿 後編

 *ひょいと歩き出した東海道五十三次
途中で、断念かの肝臓癌をなんとか乗り越えて、京の三条大橋へ到着。
勢いをかって「歩いて再び京の都へ」と乗り出した中山道六十九次。
またまた腹部大動脈瘤、心臓動脈硬化、そしておまけに腹部ヘルニア。
挫折しそうになりながらも、カミさんの支えもあって、またまた乗り越え
旅の再開。
そんな、じじばば道中ブログです*
 
11月3日に歩き残してた「碓氷峠越え」を果たし、街道は江戸から
28番目・和田宿へ一本線に継ながりました。

 

第20回、下諏訪宿から塩尻宿へ、後編です。。

最後の急登を曲がると、でた~・・切通しの先は塩尻峠の十字路になった広場。

松林の右手を少し上ったところが頂上で、標高1055m。

白い展望台が設置されてます。

AM11:45

峠には松本藩領と諏訪藩領との郡境の宮として「富士浅間神社」が祀られ、
明治天皇塩尻峠御野点所」などの石碑群が在ります。

f:id:hansui:20171114120053j:plain

ちょうど昼頃なのでここで昼食にするか、峠を下って、側を通る高速道の

みどり湖PAまで足を伸ばすかを話し合うと、

カミさんは「トイレのあるPAにしましょう」ということで峠を下ることに。

決まるとカミさんは、さっささっさと急坂を下っていってしまいました。

お~い、展望台は・・まあ、いいか、

右手奥には展望台が在りますが、寄らずに峠を下ってしまいました。

f:id:hansui:20171114121405j:plain

栄泉画の塩尻峠「諏訪ノ湖水眺望」は冬景色。

 氷結した諏訪湖渡りが描かれてますね。

f:id:hansui:20171114121925j:plain

塩尻峠は5差路になって、北に向かう尾根道に向けて、大きく

「塩嶺高ボッチハイキングコース」の案内がある。

坂を一気に下ると家屋が見えてくるのが、寛永8年(1796年)建築の

「上条茶屋本陣跡」。

本棟造り、門、玄関、上段の間、次の間などが残されているようです。

皇女・和宮も休息したようです。

江戸時代に本陣を勤めた上条家は、子孫の方が今もここに住まわれています。

f:id:hansui:20171114160425j:plain

向かいに「明治天皇塩尻御膳水」と書かれた碑があり、後ろに井戸が残されて

いました。

f:id:hansui:20171114160637j:plain

 あの山は?

カミさんの声に左手を見ると、ゴツゴツとした雪山が望遠できます。

デジカメをアップで覗くと「木曽の御嶽山」でした。

もう10年も前になってしまいましたが、カミさんと初めての山小屋泊りで

登ったことがありました。

山上湖が綺麗だったわね~・・てカミさん。

f:id:hansui:20171114161537j:plain

(10年前、思い出の御嶽山頂湖、三の池)

f:id:hansui:20171116083348j:plain

下り道は木柱道標に夜通道(よとうみち)とありました。

塩尻側に住む美しい娘が岡谷の男に惚れて、毎夜この道を通って逢いに行った

という伝説があるんだとか。
追いはぎも出たと言うこの峠道を、若い女性が一人で通るなど信じられませんが
ちゃんと護衛がついていたかな??

夜通道の杉林の中に親子地蔵尊

天明の大飢饉時、行倒れになった旅の親子を供養のため、享保元年(1716年)

に建てられたそうです。

f:id:hansui:20171114162513j:plain

 さらに道を下ると左手にこんもりとした小山があり、

江戸から57里目「東山の一里塚南塚跡」

街道書によると「元和2年(1616年)塩尻峠が開通し中仙道が牛首峠経由から

塩尻峠経由に変更された際に築造された」と在ります。

f:id:hansui:20171114163707j:plain

ゆるやかに降り切ったところで、左から登ってくる道と交差した。
右手に分かれて山へ登る方向の道は「高ボッチスカイライン」と呼ばれ、

10kmほど北のレンゲツツジで知られた「高ボッチ高原」への道。

f:id:hansui:20171114164446j:plain

高原は高ボッチ山( 1665m )からその奥の鉢伏山( 1929m )に連なる山頂周辺に

広がる高原で、毎年六月中旬頃に、「レンゲツツジ」が一斉に花を咲かせることで

知られ、数年前には何度か高原車中泊で訪れたことがあった懐かしい高原です。
(思い出のレンゲツツジ

f:id:hansui:20171114170108j:plain

高ボッチ高原では牧場内の草原コースで草競馬も開催されるんです。

山道のマンホールの蓋にデザインされてます。

f:id:hansui:20171114170425j:plain

さて、中山道に戻りましょう。

坂道をさらにくだると右手杉林の中に旧東山村の鎮守、東明神社と道脇には

馬頭観音道祖神などが並んでいます。

f:id:hansui:20171114171005j:plain

地域は東山、集落が近づいてきました。

遠くの山並みは何処でしょうか?

f:id:hansui:20171114172357j:plain

今日出合った何組目かのご夫婦が峠越えへ向かって行きます。

f:id:hansui:20171114172550j:plain

おっ、「雀おどり」だよ! 独特の屋根飾り

f:id:hansui:20171115051926j:plain

峠道は国道20号の峠道に接し、すぐ右手の脇道へ進みその先で国道と合流します。

少し先で再び右手の上り道へと向かいます。

f:id:hansui:20171114173906j:plain

紅葉の緩い上り道を進むと、

f:id:hansui:20171114174341j:plain

唐松林が黄金色に輝く、のどかな里山が広がります。

f:id:hansui:20171114174516j:plain

右手、唐松林の斜面に大きな石碑があり、「牛馬守護神」とありました。

街道には道祖神庚申塔馬頭観音などいろんな石仏石塔がありましたが、

「牛馬守護神」は初めてと思います。

街道書にも解説は記載されておらず、帰宅して調べてみたところ、

民俗信仰の荒神様という信仰があり、そのなかに、大事な大切にしていた

牛馬の安全祈願と、子ども達の健やかな成長を祈ってお参りした

荒神があるそうで、その神を祀ったのでしょうか。

話は違いますが、よく神社などの神馬厩に猿の彫刻がほどかれてます。

日光東照宮の三猿が有名ですが、 

その解説の中に

「厩神を祀る多くの地方では猿が馬の守り神とされており、厩の柱の上に

厩神の祠を設け、猿の頭蓋骨、または猿の手足を神体として納めていた。

また猿の絵を描いた絵馬やお札を魔除けとして貼ったり、季節ごとに馬の安全を

願う祭礼として、厩の周りで猿を舞わせる風習もあった。

大道芸の猿まわしはその名残りである」と書かれた書もありました。

f:id:hansui:20171115092705j:plain

牛馬守護神の少し先で左カーブし、右手の宗教団体系の施設石垣沿いに真っすぐ

下ってくると国道20号と交差します。

そこには信号も横断歩道も無く、左手に横断地下道が作られてますが・・

f:id:hansui:20171114182446j:plain

車の行き来を見極めて、それ!渡れ・・

渡った右手は新しそうな施設はワイナリーが在りました。

駐車場から雲間に雪山が・・乗鞍?穂高

f:id:hansui:20171114183136j:plain

街道は右手土手に、伐採されてしまった防風林の切り株が続く坂道を下ります。

土手の上は少し前までは松本営林署塩尻種苗事業所の苗畑だったそうですが、

現在は国道沿いに在ったワイナリーのブドウ畑が広がってます。

土手下に植えられてるのはカリンのようです。

f:id:hansui:20171114184126j:plain

土手道が途切れたところで、下を長野自動車道が通る跨架橋に出、

左右に登り下りのみどり湖PAがあり、橋周辺にはPAからの高速バス利用者用の

駐車場が用意されていて数台の車が駐車してます。

バス利用者用の階段を下り、パーキングで昼食と足休め。

f:id:hansui:20171114185336j:plain

リックには途中で買ってたサンドイッチなども入ってましたが、

信州と言えば蕎麦がいいで、 美味しかったです。

 さしずめPAは「車茶屋」とでもいえるかな。

f:id:hansui:20171114195407j:plainゆっくり足休めもしてPM1:30、再び街道歩きへ復帰します。f:id:hansui:20171114195848j:plainハウスの並ぶ畑脇に嘉永6年(1853年)建立の馬頭観音

いままで数えきれないほどの馬頭観音を目にしてきましたが、

街道旅を始める前によんだ資料によれば、

馬頭観音六観音のひとつで、宝冠に馬頭をいただき、忿怒(ふんぬ)の相をした

観音菩薩(ぼさつ)。

魔を馬のような勢いで打ち伏せ、慈悲の最も強いことを表すという。

江戸時代には馬の供養と結び付いて信仰されるようになった。

石仏として像立され始めるのは、近世中期ころ、死馬の墓標として造立され

るようになります。
初期は像塔が多いが、次第に文字塔に移り変わってきた」そうです。

f:id:hansui:20171114200114j:plain

 地区は柿沢地区。

手入れされた生垣の落ち着いた家並の柿沢集落坂道が続きます。

小春日和の信濃路の里

f:id:hansui:20171114200428j:plain

馬頭観音のウンチクを話しながら歩いていて、、街道書に記載されてた

武田、小笠原の塩尻峠合戦の戦死した小笠原勢の亡骸を埋葬した「首塚胴塚」への

案内板を見過ごしていたことを、しばらく先で気が付いた!!f:id:hansui:20171114200607j:plain

右手に双体道祖神

f:id:hansui:20171114200743j:plainあれ、「柿沢公民館」の案内板の文字、書体が癖文字だ、

f:id:hansui:20171115061930j:plain

家並みは、峠を控えての立場だった柿沢集落です。
大きな蔵が目立ち、中には屋号が記されている蔵もあります。

「雀おどり」と言われる棟飾りを上げた、本棟造りのおおきなお屋敷が続きます。

街道書によれば、
本棟造(ほんむねづくり)は、長野県の中信地方から南信地方にかけて分布する

民家の形式で、切妻造り妻入り、ゆるい勾配の屋根、雀おどしと呼ばれる棟飾り、

正方形の間取りなどが特徴で、豪農などの印でもあったようです。

見た目にもどっしりとした、家全体に風格がありますね。
f:id:hansui:20171114200905j:plain

f:id:hansui:20171114201128j:plain

 

f:id:hansui:20171114201252j:plain

左手に高札場跡

f:id:hansui:20171114201805j:plain

旧家風情の大きなお屋敷塀脇に「道祖神

f:id:hansui:20171114202003j:plain

f:id:hansui:20171114202324j:plain

お屋敷の左手、倉の下にある石仏は「七観世音」とは珍しい!

七観音とは
聖観音 千手観音 十一面観音 馬頭観音 如意輪観音 不空羂索観音 准胝観音     だそうです。一度に七観音様をお参り、ご利益をいただける?

 観音様の呼び名で親しまれている観音菩薩は、仏教発祥の地インドで誕生した

仏尊です。仏教の伝来と共に中国経由で日本へ渡って来ました。
 観音菩薩には、様々な姿に変身して私達衆生を救うという性質もあります。

あらゆる輪廻からの救済と、あらゆる現世利益的な功徳に対応出来るとされている

のが七観音なのだそうです。と街道書にはありました。

f:id:hansui:20171114204124j:plain

道路を跨いだ大きな鉄骨製鳥居のようだが、中山道をまたいでいる。
これは首塚の交差点を反対側に入った、丸山にある八幡神社の鳥居だそうです。

f:id:hansui:20171114204859j:plain

 

穂高連山かな、乗鞍岳?・・

f:id:hansui:20171114205537j:plain

街道は火の見櫓の二股を左の道へ進みます。

ほどなく川沿いになり、ここで左側から来た国道153号に合い、
中山道は、そのまま国道153号に吸収されて右手へ橋を渡って進みます。

f:id:hansui:20171114212240j:plain

国道を少し行くと右手に道祖神が二体。

二体とも双体道祖神のようですが、左のは抱擁道祖神で、「お女郎道祖神」と

呼ばれてるとか。

f:id:hansui:20171115101940j:plain

道祖神の脇道を入ってもう一本北側の道へ抜け出て、柳の見事な大木、

そして大きな山門を構えた「永福寺」へ立ち寄ります。

寺伝では、1521年に近くの長畝に臨済宗の長福寺として開基されたといいます。

そこが、古い塩尻宿の北の入り口だったと言われている。
 その後、中山道塩尻宿の成長にともなって1634年、宗旨を真言宗に変え、

上町の南(長福寺跡)に移設された。
  やがて塩尻宿が建設され宿場町として成長すると、さらに1704年に現在地に

移設され寺名を永福寺にあらためた、とあるそうです。

f:id:hansui:20171115102508j:plain
 石柱に木曽義仲ゆかり寺と彫られています。

永正年間(1504~21)木曽義仲の末孫である義方上人が,義仲の 菩提を弔うため,義仲信仰の馬頭観音を本尊とする観音堂を建立する。
   義仲は、挙兵して平家を京洛から駆逐したことで征夷大将軍の位をおくられ、
朝日将軍と尊称されたことにちなみ、この観音堂は朝日または旭観音堂と
呼ばれるようになった。
  その観音堂はその後、焼失してしまい、1855年に二代目立川和四郎の手で再建
されのが現存のお堂です。
入母屋造りの茅葺屋根が美しく、塩尻市有形文化財となってます。
  観音堂の前には馬の銅像が立っていまが、木曾義仲の愛馬「鬼葦毛」かな。
 

f:id:hansui:20171115171746j:plain

 

f:id:hansui:20171115150409j:plain

f:id:hansui:20171115151828j:plain

仁王門(山門)は、和四郎の弟子立、棟梁立川(立木)音四朗種清の手により、

三間一戸、入母屋、桟瓦葺き、総欅、楼門形式で,明治27年(1894年)の建立.。

f:id:hansui:20171115151118j:plain

屋根に雀踊りを載せた本棟造りの庫裏

f:id:hansui:20171115173954j:plain

 あら、この木、何か変よ!のカミさんの指さす木を見ると、

えっ、イチョウの木に桜の木が!!

イチョウと桜の古木が一本にくっついてしまったんですね。

(そういえば間の宿茂田井で梅ノ木にモミジが生えていたね・・)

f:id:hansui:20171115173437j:plain

 街道に戻るとくっきりと乗鞍岳・・8月にご来光バスで登ったね、

f:id:hansui:20171115152102j:plain

永福寺山門前の道を、そのまま200mほど行くと国道153号との仲町T字路で、

その手前に江戸から58番目の「柿沢の一里塚跡」の石碑が置かれてます。

(平成26年に建てられたものだそうです。宿内は遺構現物はほとんどありませんが、

  跡碑などは良く整備されてます)

f:id:hansui:20171115152856j:plain

その先で国道に合流地点が塩尻宿の江戸口になるようで、新設された風情の

「是より西 中山道塩尻宿」の道標が建てられてます。f:id:hansui:20171115154627j:plain

塩尻宿は、

江戸から58里3丁,30番目の宿。
当初の中山道は下諏訪から三沢,小野,牛首峠を経て贄川(にえかわ)宿桜沢へ通じ,塩尻を通過していなかったが,元和2年(1616)現在の道となり

中山道・伊奈街道(三州街道)・五千石街道・松本道(→千国街道)と

交通の要衝であり,名の示すとおり牛馬で運ばれてきた日本海からの北塩と

太平洋からの南塩が出会った南北「塩の道」の最終地点として、

中山道成立以前からの宿場として賑わった。

中山道では旅籠数二番目の多さ,飯盛り女を多く抱え,歓楽を売り物に旅人以外に

近在からも宿泊客を集め賑わった宿場である。

 文政11年(1828)と明治15年(1882)の二度の大火で江戸時代の建物は殆ど焼失。

 宿往還の長さ8町28間余,道幅2~3間。

慶安4年(1651)の塩尻宿書上帳では家数119軒・人数828人、

旅篭は45軒、

幕末の天保14年(1843)の「中山道宿村大概帳」では家数166軒・

人数794人,本陣:1,脇本陣:1,旅籠:75軒 であった。 

(人口が減ってるのはなぜでしょうね)

f:id:hansui:20171116175706j:plain

道の向かいには大きな馬頭観音f:id:hansui:20171115154908j:plain

その先左手の倉手前、木柵で囲まれたところは宿の京方に鎮座する

阿礼神社の「御旅所」だそうです。

f:id:hansui:20171115160522j:plain

50mほど先に左手へと道があり、角に「三州街道」の道標碑が建てられてます。

南に進む道が、諏訪湖近辺から天竜川に沿いつつ、伊奈飯田を経て三河へ至る

南(表)「塩の道」であったそうです。
名古屋市を起点とする国道153号には、「三州街道」の愛称があるのだとか。

f:id:hansui:20171115161942j:plain

「塩の道」と言へば、何回か歩いたわね、てカミさんが思い出してました。

数年以上前になりますが、毎年5月の連休に、信州信濃の小谷、白馬、大町で

開催される「塩の道祭・(街道ウォーキング)」へ参加し、野山の道を歩きました。

いまこうして旧街道を歩いてるのも、その時の楽しさが素地になってるのかも

しれません。

(思い出の塩の道まつり

f:id:hansui:20171116053906j:plain

二度の大火で宿場のほとんどが焼失し,江戸面影は極めて少ないですが、

石柱や案内板が設置されており、旧中山道塩尻宿の影を想うことができますね。

f:id:hansui:20171115163954j:plain

20mほど先右手に

塩、米、材木、女人等を取り締まった「松本藩塩尻口留番所跡」。

f:id:hansui:20171115165617j:plain

少し先に「十王堂跡」がある。

脇に5~6基の石塔群,庚申塔や何とも可愛らしい双体道祖神もある。

(十王とは、地獄において亡者の審判を行う閻魔大王をはじめとする十人の王の

  総称です)

f:id:hansui:20171115170110j:plain

松本を経由して糸魚川に至る、北(裏)「塩の道」五千石街道碑

 諏訪藩の飛び地となった、5千石の領地巡見のために作られた街道。

ここから松本市内牛つなぎ石先までおよそ16kmの道である。

(街道書より) 

f:id:hansui:20171115180057j:plain

 五千石街道碑から数分先,右手に「小野家住宅」

塩尻宿に唯一残る江戸時代の建物で、国重要文化財
宿場町の有力商人で大地主でもあった「いてふや」の屋号で呼ばれていた旅籠で,

文政11年(1828)の火災後の建築とされる。

間口8間で奥行き40間の広壮な屋敷で、主屋2階の客室5部屋はいずれも

絵画・装飾が施され,とくに「桜の間」は,天井・板壁・天袋小襖に桜の極彩色の

絵が描かれているという。

f:id:hansui:20171115180822j:plain

東棟と西棟があります。

つい最近、修復されたのかな、綺麗な建物でした(惜しいかな未公開)

f:id:hansui:20171115181044j:plain

f:id:hansui:20171115181105j:plain

向かい住宅脇に、飛脚問屋跡碑が建ってます、

f:id:hansui:20171115181304j:plain

その先すぐの並び空き地に、上問屋跡碑

f:id:hansui:20171115181943j:plain

右手郵便局隣が高札場跡、下問屋跡の碑

f:id:hansui:20171115182104j:plain

郵便局から10m位先の道の左手は、「本陣跡」
当初小口家が勤めていたが,平林家に替わり,明和8年(1762)以後は川上家が

務めた。

屋敷は間口24間,建坪367坪,門構え,玄関付き。造り酒屋を兼ね,

裏の宿場用水の南に酒造場と酒蔵があった。
 中山道の本陣では最大であったが,明治15年(1882)の大火で焼失。

f:id:hansui:20171115182822j:plain

 さらに向こう隣りは脇本陣

脇本陣は,
本陣の西隣りにあり,本陣・川上家の分家、川上喜十郎が勤めていた。

建坪270坪,門構え,玄関付き,同じく明治の大火で焼失したが,

奥の庭園は昔の姿を残していると云う。

f:id:hansui:20171115183028j:plain

すぐ隣りに「塩尻陣屋跡」

塩尻宿は慶長10年(1605年)以降は天領となり、享保10年(1725年)には

幕府直轄領となって陣屋が置かれていた。

 

f:id:hansui:20171115183309j:plain

現在陣屋跡は、「さかばやし」がつりさげられている明治16年創業の造り酒屋
「笑亀酒造」
創業明治16年とあるから、大火の後に創業したのだろう。

海鼠壁の穀藏は国登録有形文化財とか。

f:id:hansui:20171115184139j:plain

 100mほど進むと歩道橋の有る信号機のない四差路で、中山道は国道152号と

分かれ右に折れていく。

左手歩道橋階段下に「駕籠立場跡の碑」と右手階段脇角に「塩尻宿鉤の手跡」の

石碑がある。宿場特有のいわゆる”桝形”である。

f:id:hansui:20171115202857j:plain

中山道を鉤の手に曲がるとすぐに阿礼神社。

社殿は将軍綱吉時代の寛保三年(1743)に再建したものだが、古くは坂上田村麻呂

木曽義仲も参拝したという長い歴史を持つ神社である。

例大祭は、塩尻祭りと呼ばれ、近隣から山車が7台が集結し、神社神輿は

宿内へ入ってすぐ左手にあった、御旅所まで巡行されるようです。

f:id:hansui:20171115204326j:plain

実に愛嬌のある狛犬ですね。

f:id:hansui:20171115204653j:plain

神社と隣りの小学校前の道が桝形に左手に曲がり、小学校門前に

「是より東 中山道 塩尻宿」の道標が有り、宿の京方(西口)でした。

f:id:hansui:20171115205418j:plain

地域は堀の内、お屋敷の塀に囲まれて男女双体道祖神

f:id:hansui:20171115210210j:plain

その先に旧堀の内村の名主を務めた、堀内家住宅(国重要文化財)でしたが、

保存修理中でテントで覆われてました。

ちなみに、国重文ですが、

発注者名は 堀内家の家人名(個人での保存修理なのでしょうか?)

工事請負は「田中社寺株式会社」とあり、 

国宝・重要文化財保存修理工事の専門会社でした。

f:id:hansui:20171115210737j:plain

200mほど先の大小屋交差点で国道153号と交差する。

交差角に「蟲玉大神」「秋葉大神」「庚申」「道祖神」「南無妙法蓮華経」の5つの石碑が並ぶ。

 f:id:hansui:20171116035711j:plain

国道を渡りさらに左手の細い道へが中山道です。

角に二体の馬頭観音道祖神

f:id:hansui:20171116035444j:plain

住宅の並ぶ小路を行くと川沿いになり再び国道に合流、橋を渡って南へ進みます。

f:id:hansui:20171116040619j:plain

川は高ボッチ山に源を発し、流末は奈良井川に落ち合う田川。

f:id:hansui:20171116044646j:plain

橋の上から西北の雪山は北アルプスの嶺

f:id:hansui:20171116041335j:plain

橋を渡り150mほど南へ足を進めると

f:id:hansui:20171116042507j:plain

下大門三叉路の交差点。

左手へ曲がるのが旧中山道

国道152は右手へとカーブしてゆき松本方面(松本街道)へ向かう追分です。

今日の旅はこの下大門三叉路が足止地点。

このまま三叉路の真ん中の道へ入り塩尻市街地へと進み、塩尻駅へ向かいます。

f:id:hansui:20171117212304j:plain

f:id:hansui:20171116041633j:plain

現代の塩尻市中心街は、塩尻宿から約2kmほどはなれた塩尻駅周辺になってます。

鉄道駅と宿場町が離れてることが結構多いですね。

カミさんが「鉄道敷設計画時に、塩尻宿周の方々の反対があったのかしらね」

f:id:hansui:20171116042741j:plain

f:id:hansui:20171116043305j:plain

PM3:30 塩尻駅前へ。

遠回りになるけど北アルプスを眺めながら帰ろう、と長野道を走り松本、安曇野

周辺で夕日を受けた北アルプスの雪山の嶺々を眺め、上信越、関越と走り

PM8:00、旅を終えました。

またいつの日か中山道木曽路へ・・・

塩尻宿の民家に咲いていた秋ばら)

f:id:hansui:20171116175105j:plain

第20回、おわり