平成31年 アルバムを兼ねたブログ 春徒然 春蘭

3月17日(日)、カミさんがOL新入社員時代から続いてる親友たちと、

年に2回行く旅行の春の打ち合わせを兼ねた昼食会へ行くので、

駅まで送った足で、そのまま30分ほどで行ける瑞穂町の施設と、

更に足をのばして都の薬用植物園へ車を走らせてきました。

先週に瑞穂町の施設、耕心館の山野草の咲く庭立ち寄った時に見つけていた花名札、

白花ショウジョウバカマ・・咲いてるかな?

咲いてましたね~真っ白い花が咲いてます。

f:id:hansui:20190318183817j:plain

f:id:hansui:20190318184252j:plain

おやこれは?   八角蓮の芽吹きなんです。

ちょいと摘んで春の味わいを・・なんて

f:id:hansui:20190319035032j:plain

次いで、近くの瑞穂町狭山のカタクリ園へ立ち寄り。

前回は蕾だったカタクリも開花し2輪ほど咲き始めてましたが、 

f:id:hansui:20190319035451j:plain

ぱっと見た目は何の花?の咲き方も一輪・・百合の花咲き!

葉の色も赤ぽい、咲き進んだらどんな姿で立ち上がるんでしょうか・・

f:id:hansui:20190319035532j:plain

カタクリの里も開花が始まり、あと一週間くらいには見ごろになってきますね。

楽しみです。

カタクリの里からさらに30分ほど都向かって車を走らせると、

都の薬草園です。

今日は何が咲いてるかな・・・

入口の案内板の中に「研修館内で春蘭展示会」の案内を見つけ、

さきに園内を一回りし山野草花を楽しみ、帰りに館へ立ち寄り。

園内の林地内にはカタクリが咲き始め、春蘭もあちこちに花を咲かせてます。

園内の咲く春蘭。

f:id:hansui:20190318064325j:plain

園内を一回りし、最後に研修館の春蘭展示会場へ。

春蘭だけの展示会へ足を踏み入れたのは初めて??、いや初めてですね。

f:id:hansui:20190317184226j:plain

シュンランは、北海道から九州に広く分布し、日本を代表する野生ランです。

シンビジウムの仲間で、主に里山や人里に近い山地の雑木林などに自生し、
葉は細く、縁には細かいぎざぎざ(鋸歯)があります。

春に緑色の花を1茎に1花、まれに数花を咲かせます。
この仲間は古くから「東洋ラン」と呼ばれ、名花・秀花の選別も多く行われ、

古典園芸植物としても親しまれています。(案内文より)

 

日本春蘭 露雪

f:id:hansui:20190318064519j:plain

f:id:hansui:20190318064907j:plain 

日本春蘭 朱金花系

f:id:hansui:20190318065102j:plain

f:id:hansui:20190318065223j:plain

 日本春蘭 赤紅花系 f:id:hansui:20190318113619j:plain

日本春蘭 青花 八面美人  凛とした立ち姿・・f:id:hansui:20190318113723j:plain 日本春蘭 黄花チャボ 芭蕉扇   

f:id:hansui:20190318114545j:plain

日本、中国(合) 朱金 (富貴の光)

f:id:hansui:20190318115220j:plain

日本春蘭 黄花系

f:id:hansui:20190318115525j:plain

日本春蘭 白花 (雪姫)
なんとも優しいいい感じ・・

f:id:hansui:20190318115754j:plain

中国春蘭 一茎九花 (一茎九華)

f:id:hansui:20190318120028j:plain

寒蘭 紅更紗花 (浩徳の花)

f:id:hansui:20190318120722j:plain

台湾春蘭 紅糸蘭 (乙女)

f:id:hansui:20190318121110j:plain

中国春蘭 梅弁花 (宋 梅)

f:id:hansui:20190318122824j:plain

中国春蘭 蓮弁蝶咲 (剣陽蝶)

f:id:hansui:20190318123058j:plain

中国春蘭 水仙弁花 (汪 字)

f:id:hansui:20190318123324j:plain

コーナーの一部には、長生蘭 新世紀 桃色 (セッコク)も。

東北地方南部以南の山地や岩場に見られる小型の着生ラン。
斑入りや花変わりなどが「長生蘭」の名で古典園芸植物として
親しまれているそうです。

f:id:hansui:20190318123707j:plain

セッコク系とありましたが、後ろのは春蘭?

 

f:id:hansui:20190318123739j:plain

おまけ、白花エンレイソウ(鉢植え)

f:id:hansui:20190318134241j:plain

カタクリの花は・・・・

デジブックアルバムにしてみました。

www.digibook.net


















 

平成31年 アルバムを兼ねたブログ 春徒然 青い菊

昨年、クレマチス園の一般公開へ行った茨城県・筑波実験植物園で、

「世界初の青い菊」の花を初めて一般公開展示されてることを知り、

3月14日車を走らせました。

技術の開発成功は、2017年に記者発表され報道されていたそうです。

今回は、標本のように美しく樹脂包埋された「青いキクの花」を展示し、

研究課程などを一般公開をしています。

展示は園入口管理棟で行われてました。

(この園内にはこの管理棟を通って入園します)

f:id:hansui:20190315111847j:plain

 (農研機構パンフ記述より)

「キクには青い花をもつ近縁野生種が存在しないため、交配など従来の品種改良法では青いキクの開発は困難であったが、「農研機構」はサントリーと共同で、遺伝子組換え技術を用いて、青いキクの開発を目指しました。2013年には青紫色のカンパニュラの色素修飾遺伝子を働かせることで、目標とする色素をほぼ100%持つキクを開発しましたが、その花色は紫色でした。より鮮やかな青色を目指してさらに研究を進め、今回、「青いキク」の開発に成功しました」

f:id:hansui:20190315111925j:plain

樹脂包埋展示の「青い菊」、アオですね~・・・

f:id:hansui:20190315112135j:plain

四角い透明の樹脂に包埋されてるので、プリズム効果のような感触で見られます。

f:id:hansui:20190315112353j:plain

 

f:id:hansui:20190315113040j:plain

f:id:hansui:20190315113147j:plain

f:id:hansui:20190315113503j:plain

f:id:hansui:20190315180453j:plain

このピンク菊が元となり、遺伝子組換え技術により、

青い菊が誕生してるそうです。

f:id:hansui:20190315113919j:plain

f:id:hansui:20190315114410j:plain

f:id:hansui:20190315113741j:plain

 同じような技術によって開発された花(左)、

カーネーションとバラも展示されてますが、青紫色や青みがかった色の花ですね。

f:id:hansui:20190315114031j:plain

展示写真パネル(報道公開時の撮影)

f:id:hansui:20190315114834j:plain

  研究経緯など詳しいことは下記サイドを参照ください。

農業・食品産業技術総合研究機構
www.naro.affrc.go.jp

これから生態系への影響などさらに研究を重ね、花市場へは10年後くらいを

目安にしているそうですので、街でお目にかかることは・・・・

 

 

平成31年 アルバムを兼ねてブログ 3月徒然 春 1

3月9日(土)

東京都多摩のホームセンターへ出かけた帰り、通り道にある

瑞穂カタクリの里と、山野草を楽しめる瑞穂町の社会教育施設「耕心館」へ

寄り道。

弥生3月、春の風

瑞穂町カタクリの里はそろそろ目覚めたか、葉を伸ばし始めたがちらほら。

 桜と見誤た野梅系の梅の花

f:id:hansui:20190310044115j:plain

f:id:hansui:20190310044533j:plain

鮮やかな緋梅系の梅

f:id:hansui:20190310044702j:plain

f:id:hansui:20190310043900j:plain

f:id:hansui:20190310044826j:plain

そして、見つけた、デビュー待ちのカタクリ一輪!!

もうすぐだね~・・

f:id:hansui:20190310044238j:plain

カタクリの里を後に、もう一つの寄り道、耕心館へ。

早春花、福寿草はそろそろ引退かな・・

f:id:hansui:20190310065715j:plain

咲いている! キクザキイチゲ(菊咲一華)

f:id:hansui:20190310070828j:plain

f:id:hansui:20190310045059j:plain

f:id:hansui:20190310045616j:plain

咲いていた! ユキワリイチゲ(雪割一華)

f:id:hansui:20190310050209j:plain

f:id:hansui:20190310050529j:plain

f:id:hansui:20190310071137j:plain

ミスミソウ(三角草)

f:id:hansui:20190310071315j:plain

f:id:hansui:20190310044338j:plain

おや、葉が茶褐色、ミヤマキケマンかな??

f:id:hansui:20190310065858j:plain

バイカオウレン
f:id:hansui:20190310070425j:plain

 セリバオウレン

f:id:hansui:20190310071525j:plain

鉢植えで、馬酔木

f:id:hansui:20190310071739j:plain

春が来た!

付近では桜も蕾を膨らませ、開花宣言が発せられるのももうすぐ。

 

下のフォットは、前日、立ち寄った多門院の 雪割草。

f:id:hansui:20190310072554j:plain

 

 

 

 

平成31年 アルバムを兼ねてブログ 2月徒然 春探し2 

2月20日 AM6:30 朝焼け、無風、快晴
朝靄が漂ってます。

f:id:hansui:20190220164532j:plain

f:id:hansui:20190220164709j:plain

今日は春の陽気になる予報。

f:id:hansui:20190220164815j:plain

庭のオキザリス、クロッカス、雪割草

朝から気温が上がりだし、昼前には窓を開けて春の陽気を・・

あいや~STOP、すぐにピシャリ。

(そうでした、花粉症がいるんでした・・)

f:id:hansui:20190220161405j:plain

f:id:hansui:20190220162555j:plain

春の温かさに誘われてのいつもの散歩道へ足を運びます。

毎年、一番咲きの桜、

おっ、咲いてる!!

f:id:hansui:20190220155628j:plain

寒桜でしょうか、やや小ぶりの桜です

毎年、近辺では一番早く咲きだします。

f:id:hansui:20190220155719j:plain

f:id:hansui:20190220155813j:plain

f:id:hansui:20190220155918j:plain

もう一本の樹は?

 やあ~咲きだしてますね・・

f:id:hansui:20190220160059j:plain

同じ樹なのに。これはまた綺麗なピンク!

f:id:hansui:20190220160139j:plain

散歩道沿いに咲く、黄花クロッカス

f:id:hansui:20190220160452j:plain

仏の座にオオイヌノフグリ

f:id:hansui:20190220160639j:plain

そして、街路樹のコブシも綻びはじめ

f:id:hansui:20190220161119j:plain

立ち寄った多門院では、1月末に咲きだしていた福寿草が満開に、

f:id:hansui:20190220161633j:plain

f:id:hansui:20190220161709j:plain

雪割草も2、3輪

f:id:hansui:20190220162459j:plain

f:id:hansui:20190220162525j:plain

福寿草の付近に落ち葉の中の黄色い小さな彩は・・

や~、咲きだした~!! 黄花節分草

f:id:hansui:20190220162124j:plain

f:id:hansui:20190220162150j:plain

汗ばむような散歩道。

20日になった深夜が、スーパームーンだったけど見られなかった・・

今夜の月の出はでもまだ大きいかな?

だけど見られるかな~・・・・

 

平成31年 アルバムを兼ねてブログ 2月徒然 春探し

7日、所用で出かけ帰りに少し回り道して、都薬用植物園へ寄り道。

お目当ては先週寄ったときはまだ見られなかった「節分草」。

 入園し真っすぐに山地性植物を栽培のロックガーデンへ向かいます。

あれ、咲いてないのかな??

コーナーに近寄って、目を凝らすと「おおつ!咲いていた!」

3輪ほどが、小さな小さな花姿を見せてました。

f:id:hansui:20190208201856j:plain

 f:id:hansui:20190208202816j:plain

側にはスノードロップもチラホラ。

f:id:hansui:20190208203054j:plain

スイセンの原種の交配種だそうです。

本来は秋咲きのようですが、まだ咲き続いていたようですね。

水仙・オータムジュエル

f:id:hansui:20190208203228j:plain

常緑の冬咲きクレマチス・アンスンエンシス ウインター・ビューティー

f:id:hansui:20190208203538j:plain

f:id:hansui:20190208203654j:plain

コダチクリスマスローズ

f:id:hansui:20190208210112j:plain

 ひめりゅうきんか(姫立金花)?

f:id:hansui:20190208210223j:plain

 早春花 福寿草

f:id:hansui:20190208211106j:plain

f:id:hansui:20190208211239j:plain

黄花クロッカス

f:id:hansui:20190208211350j:plain

白梅

f:id:hansui:20190208211602j:plain

f:id:hansui:20190208211644j:plain

フキノトウ

f:id:hansui:20190208211747j:plain

温室の花

シュロガヤツリ(マダガスカル原産・帰化植物

f:id:hansui:20190208211942j:plain

香料用植物・マツリカ(茉莉花

f:id:hansui:20190208212248j:plain

 トウガラシ・奈良紫の花

f:id:hansui:20190209060523j:plain

全体的に園内は春の気配が遅れているような。

セツブンソウが見られたから、まあ、いいか・・

10日ほどたったら、また来てみよう。

ちょっぴり早春を楽しんだ1時間でした。

明日から寒波が入り、この冬初めての雪が降るとの予報。

しばらく真冬を体験になるかな。

そして明日へと・・・

 

 

 

平成31年、アルバムを兼ねて徒然ブログ 2月立春入り

節分、立春が過ぎて、2月も早6日が過ぎてます。

1日夜明けの月と木星

f:id:hansui:20190206052453j:plain

2日、夜明けの月

f:id:hansui:20190206052728j:plain

3日、夜明けの月、AM6:01 月が昇ります。

月が生まれ変わる新月は5日。

月の出が夜明け後で陽の光の中に溶け込んでしまうので、

肉眼で見える一番細い月のようです。

f:id:hansui:20190206053429j:plain

f:id:hansui:20190206052845j:plain

AM6:30、空の朝焼けが始まると、もう姿を見ることができません。

f:id:hansui:20190206053248j:plain

時々立ち寄りのお寺では、黄花沈丁花も早開花が始まってますね。

赤花沈丁花はもうすぐかな?

1月末に一株咲きだした福寿草も少しづつ咲きだしてる。

(2月2日)

f:id:hansui:20190206053844j:plain

f:id:hansui:20190206054005j:plain

f:id:hansui:20190206094642j:plain

昨年より遅れていた庭のクロッカス。

3日朝に蕾を見つけてましたが所用で出かけ、帰ってきた夕刻にはとじて

蕾も大きく膨らんでいた。

陽のある内に、今年の一番花は咲いたようです。

1月の20日頃に早くも咲き始めてしまった、シレネ・カロリニアナも

次々と咲きだし、チューリップ(原種系)もぐんと背を伸ばし始めてます。

f:id:hansui:20190206055058j:plain

先月に咲きだしだしていた雪割草も大きく開きだしました。

f:id:hansui:20190206055844j:plain

3日、夕暮れ散歩の空

南西

f:id:hansui:20190206060025j:plain

北西

f:id:hansui:20190206060234j:plain

東南

f:id:hansui:20190206060300j:plain

4日夜明け

f:id:hansui:20190206060455j:plain

北側の窓辺の朝焼け雲

f:id:hansui:20190206060606j:plain

f:id:hansui:20190206060632j:plain

4日、咲いているクロッカス(一番花)、ポツリポツリ咲き続くオキザリス

次々と咲き始めたシレネ・カロリニアナ

f:id:hansui:20190206060904j:plain

f:id:hansui:20190206061048j:plain

5日(火)4月上旬のバカ陽気。

公園内の図書館へ向かいながら、春散策。

蝋梅はピークは過ぎてもまだまだ満開

f:id:hansui:20190206061646j:plain

f:id:hansui:20190206061710j:plain

f:id:hansui:20190206061802j:plain

 梅の花もあちらこちらでほころび始めましたね。

f:id:hansui:20190206070854j:plain

f:id:hansui:20190206070923j:plain

 

f:id:hansui:20190206072329j:plain

f:id:hansui:20190206070812j:plain

f:id:hansui:20190206072522j:plain

f:id:hansui:20190206072552j:plain

f:id:hansui:20190206072623j:plain

 お茶亭庭園にも足をのばしてみます。

f:id:hansui:20190206072854j:plain

おや、もう咲きだしたよ、ウグイスカグラ。

鶯の鳴き声があちこちで聞こえるころに、盛りを迎えるので命名されたとか。f:id:hansui:20190206073145j:plain

f:id:hansui:20190206073228j:plain

 お茶亭前の梅の樹

f:id:hansui:20190206091640j:plain

f:id:hansui:20190206091709j:plain

f:id:hansui:20190206091738j:plain

f:id:hansui:20190206091829j:plain

庭園でも、福寿草が春に呼びかけている・・

f:id:hansui:20190206091857j:plain

 明けて6日(水)

昨日の春陽気から一転、本当に久しぶりの雨模様に突入。

この地で冬を迎えること30余年。

立春を過ぎても、まだ一度も雪降りになっていない冬は、初めてですね。

 

そして明日へと・・・

 

平成31年 日々徒然 保存写真整理でデジブックアルバムにして、

 14年も前の大雪の2月に、ツアーで行った世界遺産
合掌集落・岐阜県白川郷
写真を保存していたCDを、誤って廃棄したと思って
諦めていたら、嬉しやひょいと本棚の陰に見つけた。
前にもデジブックアルバムにしていたが、誤って消去して
しまったので、再びデジブック作成しCDへダウンロードしておくことに。
ブレブレの写真ばかりで、PCでしか見れないDBCD
ですが、懐かしい思い出写真です。
(TVでも見られるデジブックはDVDで有料作成)

そういえば今年、2019年から白川郷ライトアップ観光は、事前予約制になったんですね。
増大する観光客に小さな集落としては、対応しきれなく
なってしまったんだとか。
国として増大方針を掲げる訪日観光客。

いらっしゃい!いらっしゃい!だけでは・・もう対応が
困難、さて国のかじ取りは?

f:id:hansui:20190130184332j:plain

f:id:hansui:20190130184052j:plain

f:id:hansui:20190130184234j:plain

f:id:hansui:20190130184130j:plain

f:id:hansui:20190130184234j:plain

 いち早く春をのぞき見、フクジュソウ

いつも春の気配を見つけに訪れるお寺があります。

ことしも早々とフクジュソウが、気配を教えてくれました。

1月31日 (昨年より1週間遅れた開花でした)

f:id:hansui:20190202060756j:plain


www.digibook.net