読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思い出旅・2012年 スイス エピローグ

思い出旅 スイス

2012年7月19日 AM7:55  成田空港 着
    AM12:30 無事に猛暑の街ちに帰って来ました。

 

スイス9日間の旅を終えて2週間。

何気なく見ていたTVの旅番組で映されていた、北アルプスの山並み。

急に山が恋しくなり、

少しは涼しいかな?久しぶりに上高地乗鞍岳へ行こうか!

となれば話は早い。

8月4日、車中泊の支度で早朝5時に出発し、上高地へのバス乗り場、沢渡へ。

f:id:hansui:20170314114356j:plain

10分ほどの待ちでバスに乗車、上高地入り。

f:id:hansui:20170314114644j:plain

終点手前の大正池で降りて、久しぶりの上高地散策へ。

驚くほどのお隣さんの国の言葉が飛び交っている。

大正池、焼岳

f:id:hansui:20170314115028j:plain

雄大な穂高連峰に抱かれた、標高約1,500メートルの上高地

f:id:hansui:20170314115518j:plain

おや、スイスよ!の声に見る立て看板。

f:id:hansui:20170314115827j:plain

スイス・アルプスを思わせる赤い三角の屋根と丸太小屋風の建物、

上高地帝国ホテルでした。

f:id:hansui:20170314115939j:plain

ラウンジもレストランも大勢の待ち客で、入りませんでしたが、

つい先日まで行っていたスイスの風情を思いだしましたね。

f:id:hansui:20170314130448j:plain

 

f:id:hansui:20170314131045j:plain

久しぶりの上高地を後にし、沢渡から乗鞍高原へ向かいます。

乗鞍岳は現在はマイカー乗り入れ禁止です。

f:id:hansui:20170314131602j:plain

登山バス発着所の、乗鞍高原観光センター前の駐車場で車中泊

f:id:hansui:20170314132222j:plain午前3時半発、ご来光バスに乗車して2700m、畳平へ上ります。

f:id:hansui:20170314173311j:plain

九十九折りの急坂、右に左に大きく揺れながら、ぐんぐん高度が上がります。

森林限界を超えると深紅の地平線。

f:id:hansui:20170314173417j:plain

 

f:id:hansui:20170314135125j:plain

標高2700m、畳平入口で下車、

10分程度の登りでご来光が見られる、大黒岳(2772m)へ登ります。

正面に穂高連山、左手に槍ヶ岳。連なる峰々は北アルプス

はるか遠くに望めるのはは白山かな?

f:id:hansui:20170314135036j:plain

ご来光は八ヶ岳方面から昇ります。

夏とはいえ標高2700m、厳寒の夜明けです。

f:id:hansui:20170314171619j:plain

 

f:id:hansui:20170314135230j:plain

朝陽に染まる、

左、三角の突起が、乗鞍岳主峰、標高3026mの剣ヶ峰

f:id:hansui:20170314135256j:plain

朝陽に染まる魔王岳(2,763m)

f:id:hansui:20170314135318j:plain

北アルプス穂高連山方面

f:id:hansui:20170314135339j:plain

穂高連山(麓の雲海の下に上高地

f:id:hansui:20170314135400j:plain

槍ヶ岳

f:id:hansui:20170314135420j:plain

黄金の雲海

f:id:hansui:20170314135441j:plain

向うへ下れば飛騨方面

f:id:hansui:20170314135504j:plain

大黒岳山頂

f:id:hansui:20170314165636j:plain

中は活火山、焼岳 右雲の下に上高地大正池

f:id:hansui:20170314135523j:plain

来て良かった~の帰り道

f:id:hansui:20170314135545j:plain

高山植物の女王・コマクサ

f:id:hansui:20170314135604j:plain

この下に畳平のゲートが有る。(昔は午前7時開門でした)。

手前で2度ほど車中泊をしたっけね。

f:id:hansui:20170314135627j:plain

中 主峰・剣が峰(3026m)5年ほど前に登ったね~

f:id:hansui:20170314135651j:plain

左、富士見岳(2817m)右、摩利支天(2872m)

f:id:hansui:20170314135716j:plain

f:id:hansui:20170314181515j:plain

f:id:hansui:20170314135735j:plain

f:id:hansui:20170314135759j:plain

標高2702mの畳平ターミナル

15年前にマイカーで初めて訪れた。

f:id:hansui:20170314135853j:plain

畳平ターミナル

(熊騒動を思い出しますね)

f:id:hansui:20170314165553j:plain

素晴らしいご来光に心も温まり、シャトルバスにて乗鞍高原へ下り、

再び猛暑の街へ帰ります。

 

END

 

 

 

 

思い出旅・2012年 スイス(15) ルツェルン    そして終章

思い出旅 スイス

そうだ、スイスへ行こうか! おしまい編

 

7月17日 午後

プリエンツでの昼食も終え、再びバスの旅。

(紫線 赤星印)

f:id:hansui:20170212181201j:plain

ぐんぐん高度を稼ぎ峠越え山道、3つの湖畔を通りルツェルンへ向かいます。

右に左に大きく曲がり、揺り篭に乗ったようにゆらりゆらり、・・

ふ~としばらく居眠りしていました。

f:id:hansui:20170209121659j:plain

f:id:hansui:20170209121746j:plain

山間の駅舎

f:id:hansui:20170209121930j:plain

f:id:hansui:20170209122132j:plain

バスに揺られて1時間、ルツェルン湖へ到着、

f:id:hansui:20170209122310j:plain

かってはスイスの首都であった「ルツェルン」に到着です。

車窓から、8世紀に建てられた「ホーブ教会」が見られました。

17世紀に火災で焼失した後に再建され、内部には立派なマリアの祭壇と

4950本ものパイプを持つパイプオルガンがあるようです。

(添乗員さんの解説)

f:id:hansui:20170211170204j:plain

f:id:hansui:20170209122436j:plain

 まずはルツェルンを代表するスポット「瀕死のライオン記念碑」公園へ。

パンフレットより、
「中世のスイスは貧しい山国だったため、おおぜいの若者は傭兵として外国に行かざるを得ませんでした。フランス革命の時、ルイ16世の護衛部隊として最後まで忠誠を尽くし、息絶えたのがスイスからの傭兵だったのです。
ルツェルンからも多くの傭兵を輩出していました。
彼らの忠実さと勇猛さを讃えてできたのが、この記念碑です」

日本ではあまり知られてないように思いますが、人気の観光スポットの様で、

まさに世界各地からの観光客で猛烈な混雑、で早々に退散。

f:id:hansui:20170209122636j:plain

 公園からは街並みを散策しながら歩いて、ルツェルンのシンボル、カペル橋へ。

f:id:hansui:20170209123016j:plain

f:id:hansui:20170209132820j:plain

f:id:hansui:20170209132844j:plain

f:id:hansui:20170209132907j:plain

f:id:hansui:20170209132940j:plain

古都ルツェルンを代表する、有名な観光名所二つ目は、

f:id:hansui:20170209133930j:plain

ルツェルン湖から流れ出るロイス川河口にかかる、屋根付きの木の橋、

カペル橋。

f:id:hansui:20170209133247j:plain

カペル橋の建造は1332年。屋根付きの木の橋としては、ヨーロッパ最古と言われて

います。

しかし1993年の8月、不審火により、橋の約3分の2が消失してしまいまい
今の橋は再建されたものです。
橋の天井部分には、町の歴史を物語る板絵が架けられ、ツアー団体が重なると、

立ち止まる観光客で渋滞も起きてしまうとか。

f:id:hansui:20170209134753j:plain

f:id:hansui:20170209134921j:plain

 

f:id:hansui:20170209135148j:plain

f:id:hansui:20170209135553j:plain

下流

カペル川の下流にある屋根付きの木橋の「シュプロイヤー橋」。

1408年完成の橋です。

西側からの敵の侵入を防ぐ城壁の役割をしていたそうです。

f:id:hansui:20170209135740j:plain

上流側。右手に1666年に造られた、バロック様式のイエズス教会。

内部には華やかな天井画があるようですが時間外で見られませんでした。

f:id:hansui:20170209140106j:plain

川を別の橋で渡り戻し、旧市街などへの散策へ。

f:id:hansui:20170209135954j:plain

お店巡りだけでなく、看板巡りや、

f:id:hansui:20170209140448j:plain

f:id:hansui:20170209141913j:plain

壁画巡りも楽しいでしょね。

f:id:hansui:20170209142005j:plain

f:id:hansui:20170209142043j:plain

f:id:hansui:20170209142119j:plain

f:id:hansui:20170209142514j:plain

旧市役所庁舎

f:id:hansui:20170209143229j:plain

f:id:hansui:20170209143304j:plain

f:id:hansui:20170209144135j:plain

ここで一旦自由時間となりました。

バスはホテルへ行き、各自の荷物は部屋に運び入れて置く由。

バスに乗ってホテルへ行くもよし、各自歩いて行くも良しとのことで、

一組の御夫婦はバスに同乗して、もう一組のご夫婦はお目当ての買い物が有るので

2,3店を覗きたいと歩いて。

私たちはスイス最後の日、もったいなので街を散策しながらホテルへゆくことに。

夕食は街のレストランなので夕6時ロビー集合。

 

f:id:hansui:20170306135709j:plain

添乗員さんが渡してくれた、市内図を便りに方向を決めて歩きます。

面白いですね、片方だけ展示の靴屋さん。

f:id:hansui:20170209144241j:plain

アイスクリームをいただきます。

若い娘さんはお隣の国の方。

f:id:hansui:20170209155339j:plain

 そういえば、日本の方にはほとんど出会わなかった?

宿泊するツアーも少ないとの話でしたが。

f:id:hansui:20170209160427j:plain

f:id:hansui:20170209161152j:plain

f:id:hansui:20170209161446j:plain

f:id:hansui:20170209161751j:plain

旧市庁舎前広場で聖歌隊の歌声が流れてました。

f:id:hansui:20170209161938j:plain

まだまだ盛況のお店もあれば、閉店のお店も。

f:id:hansui:20170209162622j:plain

f:id:hansui:20170209162724j:plain

首都ベルンほどではありませんが噴水塔(給水塔)結構見かけます。

f:id:hansui:20170209162800j:plain

昼に通ったかぺル橋も反対側から渡ってみました。

f:id:hansui:20170209162914j:plain

f:id:hansui:20170209163101j:plain

f:id:hansui:20170209163314j:plain

f:id:hansui:20170209163517j:plain

まさに古都の佇まい。
賑やか通りから一歩、小路を入ると別世界が広がります。

f:id:hansui:20170209163624j:plain

ルツェルン

地図で確認するとホテルは左へ曲がり、駅の左後ろです。

f:id:hansui:20170209163824j:plain

f:id:hansui:20170305173908j:plain

おや「バックパッカー」?

昔でいう木賃宿はこっちかな?。

f:id:hansui:20170306140407j:plain

f:id:hansui:20170306141335j:plain

(この後は、バッテリー切れで写真無し)

一旦ホテルへ行きシャワーで汗を流し、着替えをして再び集合。

バスで最後の晩餐 レストランへ。 ルツェルナー・クーゲリパステーテと言う、

長ーい名前の「牛肉の煮込みパイ料理」でした。

スイス旅最後の夜と言うことで、ビール・ワインをいただきながら、

いっぱいの思い出に話が弾みます。

 やはりどうしても、「帰えってきたカバン」が大きな話題に。

f:id:hansui:20170306154005j:plain

店が満員になってる様子で、予約の無い人たちは外で空きを待ってました。

食事を終えて、ご夫婦一組は添乗員さんとホテルへ戻り、

もう一組の御夫婦は、もう一度お目当ての買い物へと。

我々二人は、スイス最後の夜、ぶらぶらホテルまで歩いて帰るとに。

まだ明るさは有りますが、もう午後の9時を過ぎています。

急に涼しさを感じ、中央駅のホーム横から構内に入り、駅ビル内を散策。

ここにもCoopがありました。

駅正面へでてホテルへ。

(スイスでは改札口が無いので、何処からでも構内への出入りは自由なんですね。)

9時半頃、ホテルへ戻りました。

 

ここでなんとも冷や汗もの!

エレベーターに乗り、ルームカードを差し込んでから
降りる階のボタンを押します。

部屋の前に立ち、ルームカードを差し込み、ドアを開けようとしましたが、

開きません。
あれ?部屋を間違えた!・・・・か? カードには部屋番号が有りません。
覚えていた番号に二人とも自信を無くし一階上へ行ってみることに・違ってます。
 やっぱりさっきの階の部屋でいいんだ!
エレベーターで降りるのも面倒なので、すぐ側に見えた
 ガラスドアーを明けて階段へ入りました。

一階下へ降り、ガラスドアーから入ろうとしましたが・・・
 開かない!!   ロックされてるぞ!!
 急いで入った上の階へ戻りましたが、やっぱり、開きません。
更に上へ行きましたが、ドアー開きますが戸外で屋根です。

 閉じ込められたぞ〜!!
 添乗員さんに携帯で連絡しようか・・・
 いや、各階試しながら下まで行ってみよう・・・

各階試しながら、人が来ないか覗きながら降りました。
とうとう0階(日本で言う1階です)です。

押したドアーは、す〜と、開きました。
開いた〜・・よ〜かったな〜・・・・でも????

そうだったんです、階段は昇降の為でなく完全な「非常用階段」だったのですね。
防犯上ホテル内からは出れるが、外部からは侵入できないように

なっていたんですね。

旅慣れない、冷や汗ものお粗末・・・・
(皆さんも気を付けて・・知ってた!・・失礼)

 

7月18日
 8日目

モーニングコール  AM4:15
スーツケース出し  AM5:30
集合        AM 6:00
朝食は朝が早いので、バケットサンドです。

ホテルを出るとピラトゥス山?のモルゲンロートです。
大きなバケットサンドを受け取り、バスに乗り込みます。

f:id:hansui:20170209164925j:plain

f:id:hansui:20170312091342j:plain

さようなら、

f:id:hansui:20170209165428j:plain

思い出をかみしめるかのように、バスの中は静かでした。
みんな顔を窓に附けて、外の景色を見つめています。

f:id:hansui:20170209165818j:plain

AM7:30頃、チューリッヒ空港へ。

朝食で受け取ったバケットサンドは、大きすぎて1個でギブアップ!

f:id:hansui:20170209170501j:plain

AM9:05   チューリッヒを飛び立ち、スイスを離れました。

(青い線 バス、赤い線 鉄道)

f:id:hansui:20170212182034j:plain

AM10:10 フランクフルト国際空港 着
PM 1:50             発

f:id:hansui:20170209170336j:plain

日本時間
7月19日 AM7:55  成田空港 着

成田 AM1030 発 リムジンバス、
    AM12:30 無事に猛暑の街ちに帰って来ました。

振り返れば、決して天気に恵まれたとは言えない旅でした。

それでも、圧倒的ド迫力で迫るアルプスの峰峰や、中世街並みを残すの古都。

なんといっても、マッターホルンを目の前に仰ぎ、アイガー北壁の岩肌にじかに触れ、

あのフリーハイキングを、無事に歩き通せたことです。

チューリッヒ、ベルン、シャーモニィ(フランス)、ツェルマット、

グリンデルワルト、ルツェルン

「スイス9日間の夫婦旅 いい旅夢気分」 心に深く刻まれた思い出旅でした。

  いや~よく歩けたもんです!!

f:id:hansui:20170301184528j:plain

 

思い出旅、スイス、ブログ、完(Ende)。

ありがとうございました。

思い出旅・2012年 スイス(14) プリエンツ湖クルーズ

思い出旅 スイス

そうだ、スイスへ行こうか! 続編

 

7月17日
7日目

モーニングコール  AM6:15
スーツケース出し  AM7:15
朝食        AM7:00〜
集合        AM8:15

朝、5時半、モーニングコール前に目覚め、外を見ると、
フィッシャーホルンの頂が闇に白く浮かんでます。

アイガーもぼ~とした、シルエット。

f:id:hansui:20170207162433j:plain

f:id:hansui:20170207162833j:plain

昨夜、寝る前にざっと整理した荷物を、もう一度きちんと収納します。
ハイキング関連の登山シューズやウエアなどの用具や防寒衣類は、

もう使用することが無いのでトランクの中へ。

「灯が点ったよ〜」

カミサンの声で外を見ると、
昨夜はモルゲンロートだったフィシャーホルンの一峰が、
ぽっと火を灯したように輝きだしました。

 

f:id:hansui:20170311042654j:plain

 

f:id:hansui:20170207165905j:plain

左にクライネス・フィッシャーフォルン(3895m)

f:id:hansui:20170207174303j:plain

そして、アイガー、何度も、何度も、何度も仰ぎ見ます・・ 

f:id:hansui:20170207174109j:plain

流れる雲の中にアイガー頂上、右日陰、アイガー北壁

f:id:hansui:20170207175121j:plain

f:id:hansui:20170207180339j:plain

さよなら、アイガー 3,970mの頂上まで姿を現します。

f:id:hansui:20170207182922j:plain

昨日あの下を歩いていたとは夢の様。

f:id:hansui:20170207182140j:plain

立ち去りがたい何とも美し、神秘的な姿でした・・

f:id:hansui:20170207175557j:plain

スーツケース出しをして朝食へ。

出発の時間が迫ってきました。

f:id:hansui:20170207182251j:plain

メイリッヘン。

f:id:hansui:20170311043748j:plain

今日はインターラーケンへ下りプリエンツ湖のクルーズ。

その後古都ルツェルンへと向かいます。

f:id:hansui:20170208061730j:plain

 

f:id:hansui:20170212181201j:plain

AM8:30
今日のバスも50人乗りの大型バスです。
明日の空港までお世話になります。
(運転手さんは、イタリアの方でした)

アルプスともお別れです。

いい旅夢気分の中、バスが動き出しました。

f:id:hansui:20170311044445j:plain

さよなら~アイガー・・みんな無言で窓に顔をつけてます・・

f:id:hansui:20170208062132j:plain

バスはヘアピンカーブをゆっくりと、ぐんぐん高度を下げてゆきます。

写真、右の電車は急勾配で斜めです。

f:id:hansui:20170208174953j:plain

しばらく右に左に大きく揺られながら道を下ると、川に沿って道は続きます。

両側は緑の草原、アルプです。

f:id:hansui:20170208175235j:plain

バスは山を下り、ユングフラウ地方への玄関口、ブリエンツ湖とトゥーン湖の間に

位置するインターラーケンの街に入ってきました。

f:id:hansui:20170208175609j:plain

f:id:hansui:20170209103231j:plain

スイス7日目の旅は、インターラーケンからエメラルド色の美しい湖、

プリエンツ湖のクルーズし、その後古都ルツェルンへと続きます。

インターラーケン・オスト駅隣り合わせの船乗り場に到着です。

f:id:hansui:20170209103506j:plain

 

f:id:hansui:20170208180732j:plain

AM9:15船出 船着き場の有るアーレ川から、プリエンツ湖へ入ります。

f:id:hansui:20170208181149j:plain

アレー川の鉄橋を潜り抜けてきたんです。

f:id:hansui:20170209105421j:plain

湖畔 に立ち並ぶ家々は貸別荘だそうです。こんな別荘でゆっくり滞在、方々へ足を延ばしてみたいですね。

f:id:hansui:20170208181719j:plain

船は縦に長ーい湖を、ジグザグに寄港しながら進みます。
それぞれの寄港地で乗り降りが有り、
クルーズ船は観光専用ではないんですね。
湖畔に点在する集落や別荘、ホテルなどの対岸への生活の足になってるんだそうです。

可愛い乗船者

f:id:hansui:20170301180745j:plain

f:id:hansui:20170301180759j:plain

 船上レストランでコーヒーを飲みながら、ゆったりとしたひと時を過ごします。 

f:id:hansui:20170311045934j:plain

f:id:hansui:20170208185452j:plain

f:id:hansui:20170209104811j:plain

f:id:hansui:20170209104927j:plain

前方左手に連なる山並みは、標高2,350mのブリエンツ・ロートホルン。

湖畔の街並みが終点、プリエンツのようです。

f:id:hansui:20170209111830j:plain

ずいぶん前にTVで世界の鉄道を放映したときに紹介されていた、

ブリエンツ・ロートホルン。

傾いている機関車で登る人気の観光スポット(拝借パンフより)

f:id:hansui:20170208184748j:plain

ギースバッハの船着場。大勢のハイカーが下船しました。

ハイキングコースがあるのかな?

f:id:hansui:20170209110855j:plain

船着き場そば湖に流れ落ちるギースバッハの滝

f:id:hansui:20170209111436j:plain

 

f:id:hansui:20170208185834j:plain

f:id:hansui:20170311050158j:plain

ゆうたり優雅な1時間余のクルーズをも終わり、
プリエンツに着港。

鉄道駅と一緒です。

f:id:hansui:20170209112713j:plain

f:id:hansui:20170209113827j:plain

プリエンツは、古くから木彫りの里なんですね。
職人を育成するため、スイスで唯一の木彫り工芸学校が1884年に設立されたそうです。

船着き場の大きな木彫り

f:id:hansui:20170209113528j:plain

バスでその木彫り工芸博物館へ寄ります。

船から見えたロートホルン・クルム山への、ロートホルンSL鉄道の

始発駅が見えました、

f:id:hansui:20170209114404j:plain

木彫り工芸博物館でお出迎え。

記念撮影用なんだそうです。

f:id:hansui:20170209115133j:plain


館員の方の(日本人女性でした)案内で、見事な作品の
観賞や作業場の見学。
通常入口付近以外館内は、撮影禁止になっているそうです。
原因は?
団体ツアーの見学が増えてきたためだそうです。
撮影に夢中になり、大事な高額な作品を破損させてしまう事態が多発したため

との事でした。

私たちは少人数、ちょうど他に来館者もない時でしたので、一部でした撮影を

させてもらえました。

f:id:hansui:20170209115425j:plain

「北海道 アイヌの木彫り熊」

館員さの説明に中に、「北海道・八雲町」
が飛び出しました。
え、八雲町

北海道のアイヌの木彫りは、昔から?お土産品だけでな
く、工芸品としても良く知られてますよね。
そのルーツがじつはスイス・プリエンツに有ったのです。

1924年、私が生まれる16年前)、
尾張徳川家の当主であった徳川義親氏は、
尾張藩士たちが入植した北海道の「徳川農場」がある八雲町で、 農民たちの冬期の収入源として、前年にスイスから 持ち帰った熊の木彫を生産するよう提案した。
 そうでした、八雲町は、私の住んでいた町の隣町です。
移り住んだ中学の頃、友人に教えてもらってました。
まったく消えていた記憶が、館員さんの話でよみがえりました。
幼いころから、「伝統工芸アイヌの木彫り」と思ってきた
木彫りは、実は近年になって始められた木彫りだったのですね。

小一時間、ゆっくり館内を見学。
小さな木彫りも買いました。
ははは・・普通なら買わないな〜
すっごく高いんですよ!

そして昼食は町はずれのレストランで、スイスで最後の昼食。

 

f:id:hansui:20170209120155j:plain

そして最後の観光、古都ルツェルンへと向かいます。

f:id:hansui:20170209120404j:plain

続きます。

思い出旅・2012年 スイス(13)メンリッヒェンからの眺め

思い出旅 スイス

そうだ、スイスへ行こうか! 続編

 

PM1:00、

待望のアイガー北壁直下「アイガー・トレイル」も無事に下山しアビルゲン駅に

降りてきました。

アルプス山岳の旅も今日で終わりなので、日暮れまで目いっぱい楽しみます。

電車で二駅下ったグルント駅で下車し、眼下に見えていた「メンリッヒェン」

へ上ります。

歩いて? いえいえ・・・

電車が下ってきました。

f:id:hansui:20170206114516j:plain

f:id:hansui:20170206115511j:plain

電車は急勾配をギシギシゆっくりと下ります。

f:id:hansui:20170206115938j:plain

f:id:hansui:20170206120039j:plain

車内でお喋りしていて、あっ!降りなきゃ・・ て・・降りちゃいました・・・ 

 構内をでてから、あれ??変だな!???

ハハハハ・・(笑って誤魔化して)・・マチガエター!!こんなこと有るから、

楽しいね~・・

f:id:hansui:20170206120309j:plain

 この駅で次の電車を待っている時に、日本からのご夫婦に出会いました。 

ハイキングで歩いてきて、駅のトイレへ寄ったんですね。

 奥さんは初めてのスイスとの事でしたが、6日間、グリンデルワルトに滞在、

方々のフラワーハイキングを楽しまれてるそうです。

今日が3日目との事でした。  うらやまし~いいですね~・・・

なんと、これから私たちがグルントからゴンドラで登る、

メンリッヒェンへ向けて、行ける所までハイキングをするそうです。

また、上でお会いすることが有るかもね! て、ご主人が明るく言って、

手を振りながら去ってゆきました。

f:id:hansui:20170206120630j:plain

再び列車に乗って、ひと駅下りグルントに着きました。

f:id:hansui:20170206122725j:plain

 PM 3:30 頃グルントより、ヨーロッパ最長のロープウェイと言われる

ゴンドラリフトでメンリッヒェンへ登ります。

ゴンドラ乗り場から、鋭い槍を延ばすシレックホルンですが、

残念ながら頂上はさらに奥で見えません。

f:id:hansui:20170301122318j:plain

f:id:hansui:20170301115534j:plain

アイガーは相変わらず山頂は雲の中、

f:id:hansui:20170301115640j:plain

右下〇囲み

f:id:hansui:20170206122820j:plain

ゆらり、とゴンドラが上昇開始、

メンリッヒェンからは、クライネシャディックまでの、ユウングフラウ三山を望む、 フラワーハイキング道として人気のルートが有ります。

日本からの多くのツアーでは、ユングフラウへの行きか帰りに、

このコースをハイキングルする様です。

ゴンドラはゆっくりのようですが、結構早いんです。

傾斜度も緩やかに見えてましたが、ぐんぐん高度が上がってます。

グリンデルワルトの街並みが眼下に大きく広がってきます。

f:id:hansui:20170206132722j:plain

アイガー少し雲間に見え隠れ。

f:id:hansui:20170301120033j:plain

シュレックホルン(4078m)が初めて針峰山頂を現しました!

諦めていただけ感激!

f:id:hansui:20170301173044j:plain

 下は牧場になっていて、冬はスキーゲレンデです。

f:id:hansui:20170301120616j:plain

f:id:hansui:20170206133833j:plain

f:id:hansui:20170301120647j:plain

雄大な山岳風景が広がります。

右から、アイガーの東端、

中は、シュレックホルン(4078m)

そして、一番左がヴェッターホルン(3692m)

f:id:hansui:20170206133502j:plain

右手、槍型、天を突く・シュレックホルン山頂(4078m)

左奥の弓なりの山は、ベルグリシュトック(3,656m)、

f:id:hansui:20170301123300j:plain

窓越しで見ずらいですが、草原は黄色の花絨毯です。

 

 

f:id:hansui:20170301120740j:plain

ゆらいゆらりと30分揺られ、メンリッヒェンへ着きました。かなり強い風が吹き、雲が流れます。

f:id:hansui:20170301121248j:plain

アイガー・メンヒ・ユングフラウの三山は、頭を雲の中に隠したままでした。

目の前の三角錐の山はチュッケン(2,521m)、f:id:hansui:20170206134102j:plain

ここへ来た目的は、ハイキングでは有りません。

今回のツアーでは訪れない、この山をはさんだ反対側の、

ラタウンターブルネン峡谷を見たいため、上がって来たんです。

奥の突起上がメインリッヘン(2,343m)の山頂。

手前左手電波塔の建物がロープウェイ乗り場です。

f:id:hansui:20170301121510j:plain

お花畑の絨毯。遠くに湖が望める。

グリンデルワルト方向はベッターホルンの北壁

北壁の根元の尾根を越えて、岩壁に沿いなが下ってきたんですね。

奥に見える雪山群はは昨日越えてきたフルカ、グリムセン峠方向かな。

f:id:hansui:20170206182050j:plain

右手大きくそびえる、アイガー北壁頂上(写真右)は雲の中。

f:id:hansui:20170206135455j:plain

こんな姿には会えなかったのが、ちょっぴり心残りかな。

(北壁直下ハイキングするきっかけたなった写真、

                   アイガーと右奥メンヒ)

f:id:hansui:20170304091254j:plain

いかに日本人が訪れてる分かります。

f:id:hansui:20170206141015j:plain

これです、この眺めを目にしたくってやってきたんです。

氷河が造り出したU字谷として有名な「ラウターブルンネン谷」が

奥深くまで続きます。

f:id:hansui:20170206141452j:plain

峡谷より一段台地の谷底の村ウェンゲンから行き来する、ロープウェイは

垂直に近い角度で急降下。

f:id:hansui:20170206142250j:plain

こじんまりした標高は1274m台上のウェンゲン村も、人気の観光宿泊地。

左手に、クライネシャデックへ上るヴェンゲンアルプ鉄道の駅が見えてます。

f:id:hansui:20170206161010j:plain

f:id:hansui:20170206144553j:plain

側の展望所からの眺める、峡谷の風景は・・・

雄大を通り越し、表現が困難な深い深い谷、そして無数に流れ落ちる滝。

あのパンフレットや紀行写真で観て憧れた風景が、目の前に展開していました。

時折、ガスが流れ谷を隠してしまいます。

そしてベールを祓うように峡谷が現れます。

深い谷底の村、ラウターブルンネン

f:id:hansui:20170206145948j:plain

f:id:hansui:20170206150018j:plain

ゲーブル、山岳鉄道と乗り継ぎ到着する、断崖の上に点在する海抜1650mの

ミューレン村(赤〇。)

さらに雲の中は(緑〇)ケーブルを乗り継いで行くと、

f:id:hansui:20170218205014j:plain

シルトホルン(2,970m)の回転レストランがある円形展望台があるのですが・・。

ユングフラウ三山(アイガー、メンヒ、ユングフラウ)をはじめ、ぐるり四方に広がる200峰を超えるを山を眺められるそうです。

(アイガー北壁直下ハイキング時、アイガークレッシャー駅で偶然写してた

 シルトホルン(2,970m)山頂)

f:id:hansui:20170219042210j:plain

左奥は小槍を持ったようなチンゲルホルン(3562m)など、3500m前後の

山が、ぐるりと深い谷を抱くように聳え立つ山容は、まさに絶景。

f:id:hansui:20170206150120j:plain

遠くに目を向けると、山合いに湖が見えてます。たぶん明日の湖上クルーズをするプリエンツ湖のようです。

f:id:hansui:20170206150437j:plain

あの駅でお会いしたご夫婦と巡りあう事は、有りませんでしたが、帰りのゴンドラから、下を歩く多くのハイカーの姿が見えてました。

中に居られたかもしれませんね。

ユングフラウは左手雲の中に頭を隠したまま。

雪のシルバーホルン(3695m)

f:id:hansui:20170206150547j:plain

f:id:hansui:20170206150701j:plain

6日目も夕方になり、今日でスイスのアルプとはお別れです。

グルントへゴンドラで降りると、目の前にシュレックホルン(4078m)

がそびえてます。槍型山頂は雲の中。

f:id:hansui:20170206151306j:plain

シュレックホルン(4078m)の山頂付近へ、パラグライダーがふんわり

飛ん行きます。

どんな絶景が待ってるのかな~・・飛んでみたいわね!てカミさん。

(写真をクリックしてください、真ん中白い雲の上))

f:id:hansui:20170208055304j:plain

ベッターホルン

f:id:hansui:20170206151456j:plain

f:id:hansui:20170206151721j:plain

ホテルへの帰り道、COOPで今夜の晩餐??のお買いもの。

そうなんです、今晩は夕食もフリーなんですよ。

 ハム・ソーセージのセット、チーズ、サラダセットを買い込みホテルへ。

もちろんビールと白ワインも。

途中でお仲間のご夫婦とばったり出会いました。

レストランを紹介してもらったので、と街の散策がてら向かうところでした。

ホテル手前で見上げる雄大な山容は・・

白いピークがグローセス・フィッシャーフォルン( 4049m)

左側の三角岩のピークがクライネス・フィッシャーフォルン(3895m)

氷河はイシュメーアグレッチャー

f:id:hansui:20170208060359j:plain

こうして、6日目の夜を迎えました。

バスタブに湯を満たし、至福のタイム。

窓辺にテーブルを移動して、まずはビールで、カンパーイイ!!カンパーイイ!!

窓から右手に、アイガー

f:id:hansui:20170206152446j:plain

正面に、フィッシャーフォルン山魂と氷河

f:id:hansui:20170207170645j:plain

左手は、シュレックホルン(4049m)の雄大な岩峰

f:id:hansui:20170206152847j:plain

アイガーが姿を現しました!!目の前の岩峰は東端。

雲が流れた一瞬、右奥に頂上が姿を現します。その右下が北壁のようです。

f:id:hansui:20170206153120j:plain

少し着込んで外のテラスに移動、乾杯を重ねながらただただ眺めるのみですね。

陽が傾き夕暮れの窓辺。

f:id:hansui:20170206153713j:plain

アイガーの山頂が燃えだします

f:id:hansui:20170206153924j:plain

フィッシャーフォルンがモルゲンロートに染まっています。

f:id:hansui:20170206154105j:plain

f:id:hansui:20170206154216j:plain

PM9:25 ふっと、火が吹き消されたように、モルゲンロートは終わりました。

アルプス最後の夜がようやくやってきたようです。

巨艦、アイガー

f:id:hansui:20170206155141j:plain

f:id:hansui:20170206154756j:plain

f:id:hansui:20170206154852j:plain

 再び部屋に戻り、暮れゆく4000m級の山々のシルエットを眺めながら

いつまでも乾杯!が続きました。

 

明日へ

 

 

 

 

思い出旅・2012年 スイス(12)アイガー北壁直下    ハイキング

思い出旅 スイス

そうだ、スイスへ行こうか! 続編

 

>満ち足りた心で胸を膨らませ 8:10下山列車へ<

さあ、これからが2度目の我らがハイライト・フリータイムハイキング。

カミさんと私は、アイガートンネルを抜けてすぐの

アイガーグレッチャー駅 (2320m)へ。

降りるよ~

f:id:hansui:20170227210212j:plain

ここから次の駅クライネシャディックまでの、下りハイキングが多いようですが、

まだ時間が早いためか、降りたのは私たちだけでした。

f:id:hansui:20170227210406j:plain

いってきま~す・・・・

f:id:hansui:20170227210628j:plain

一度駅内に入り、駅員に、

「ハイキング アイガートレイル こっちか (指でさしてです)」

 ヤー、と笑いながら、ホームの向こう側になる路へ 案内してくれました。

(ハハハ・・ここでも出川スタイル会話だったね)
 チョピリ不安と大きな期待に胸躍らせ、ハイキングのスタートです。

 

f:id:hansui:20170205052318j:plain

 アビルゲン、2時間 下の緑の白抜き文字は Offenだから開いてるだね?

右の自転車マークは、赤丸は禁止マークなんです。

左の窪みにはマリア像。

f:id:hansui:20170205131332j:plain

アイガークレッシャー駅の頭上にそびえるのは、

 右、メンヒ(4,107 m)、下を流れる全長2.6kmのアイガー氷河。

左はアイガー西端

f:id:hansui:20170227211624j:plain

朝陽を浴びるユングフラウ(4,158 m)左はメンヒ

真ん中雪尾根にスフィンクス展望台の有る、ユングフラウヨッホ(3454m)

f:id:hansui:20170227212355j:plain

 ユングフラウの右の山魂はシルバーホルン(3695m)

f:id:hansui:20170206061830j:plain

さらにず~と右奥に目を移せば、一瞬雲を突き抜けて現れたのは?

f:id:hansui:20170215091902j:plain

この絶景を後ろにしてコースへと。f:id:hansui:20170205123830j:plain

アイガートレイルは数年前に新設されたコースで、ハイキングルート解説書にも、

中・上級者向けと書かれていました。

添乗員さんの話では、先週まで残雪のため閉鎖になっていたそうです。

出発点はアイガーグレッチャー、終点はアルピグレンです。

岩壁にはめ込まれていた解説板。

距離、6km、差705m、上2320m~下1615m 

1997年 開かれた   かな??

f:id:hansui:20170213115251j:plain

(下写真は、コースをいろいろ調べていて見つけた、アイガートレイルを

 歩くきっかけとなった写真)

真ん中の山 左 アイガー北壁、頂上 右、アイガー西壁 右奥 メンヒ

アイガーのあの北壁は、高さ1800mもあるそうです。

ちょっとアバウトですが。

右赤〇、アイガークレッシャー(スタート)、左へ下るオレンジ線がコース

f:id:hansui:20170227204952j:plain

靴紐を締め直し、さあ、出発です。

前にそびえる岩壁を目指します。

f:id:hansui:20170205123955j:plain

コースに入ると北壁のすぐ下を歩くので、岩壁に遮られて

ユングフラウ、メンヒなどのアルプスの山々の眺望はおろか、

あまりにも真上過ぎて、アイガーの頂上さえ見ることはできません。

しかし、間近で見るアイガーの厳しさ猛々しさ、荒涼としたガレ場に咲いている、

高山植物の花々が見られる感動のコースです。

(と、ハイキング資料にありました)

日陰の岩場は、キ~ンと冷気が頬を刺します。

朝はほとんど日陰を歩くことになるので、朝の花々は触ると凍れて氷花に!

 

f:id:hansui:20170205131100j:plain

右手は覆いかぶさる岩壁絶壁、左は落ち込むガレ場。

縫うように続く細い道筋。

スイス・アルプス、アルピニスト憧れの岩峰アイガー

その岩肌にじかに触れアイガーの鼓動を確かめる・・・・

いくわよ~・・はい!  さあ、足を進めるぞ~。

f:id:hansui:20170205131502j:plain

スキーリフト場を過ぎると、左は切り落ちたガレ場に点々と花が咲き乱れています。。

 

f:id:hansui:20170205132014j:plain

f:id:hansui:20170205132154j:plain

雲の切れ間から見えた下界。

クライネシャデック駅、登山電車が登ってきます。

左がラウバーホルン(2,472m)、右頭を雲に隠したのがチュッケン(2,521m)。

チュッケンの後ろにメイリッヘンの尾根があり、見えているクライネシャデック

へと下ってくる、ツアーなどで人気のハイキングコースあります。

クライネシャデックには、アイガー北壁という題名で小説を書いている、

アルプスをこよなく愛した山岳小説家、新田次郎の石碑があるそうです。f:id:hansui:20170206083250j:plain

  ファルボーデの結構大きな人工池。

池の向こう側に回ると水面に映るユングフラウやメンヒ・アイガー3山の

姿が映り込むようです。

f:id:hansui:20170206083512j:plain

(パンフ写真拝借)

f:id:hansui:20170206092831j:plain

ガレ場に咲き乱れて、足が進まなくなってます。

f:id:hansui:20170205133031j:plain

せっかくアルプスへ来たので、せめてハイキングの中で登山雰囲気を味わいたい、

と選んだコースでした。

お~い、右手も注意、落石に気を付けて~・・さすがに緊張気味かな、

f:id:hansui:20170205134456j:plain

f:id:hansui:20170205202114j:plain

f:id:hansui:20170205202459j:plain

アイガーには雲が掛っていますが青空が広がり、足もとは高山植物の花園が広がります。

f:id:hansui:20170206082511j:plain

f:id:hansui:20170205202708j:plain

すっかり「アルピニスト」気取りの至福のハイキング。

f:id:hansui:20170205202941j:plain

f:id:hansui:20170205203005j:plain

 

f:id:hansui:20170205203115j:plain

f:id:hansui:20170205203426j:plain

f:id:hansui:20170205203721j:plain

 空に向かって歩きます。

f:id:hansui:20170205203829j:plain

f:id:hansui:20170205203929j:plain

f:id:hansui:20170205204104j:plain

 振り返り、

f:id:hansui:20170205204305j:plain

花の丘を登り・・・

f:id:hansui:20170206084234j:plain

北壁直下手前で、追い抜いていった二人組は、アイガー岩壁の登山でしょうか。
赤いウェアの方は、山岳ガイドのように見えました。

アルプスの三大北壁と呼ばれている、アイガー北壁は高さ1,800mの岩壁。

(他は、フランスとイタリアの国境に位置するモンブラン山塊の

標高4,208mグランドジョラスの北壁と、マッターホルン北壁)

f:id:hansui:20170205204402j:plain

f:id:hansui:20170206082754j:plain

今、この辺かな。

 

f:id:hansui:20170301103523j:plain

f:id:hansui:20170205204530j:plain

北壁では、すでにもうひと組が岸壁を登り始めてました。

後で調べてみると、ここはアイガー登山への練習岩壁場だったようです。

一般人の登山には、専門登山ガイドと登ることが義務付けられており、

技量テストを受けるんだそうです。

マッターホルンの展望台で出会った、登山に来た方が言ってました)

テスト中かな?

f:id:hansui:20170205204742j:plain

雲が流れ少しだけ姿を現した北壁(左)

f:id:hansui:20170205205013j:plain

覆いかぶさるように垂直にそそり立つ北壁。

首を反らしただけでは見上げられません。

体を外側に弓なりに反らし、さらに首を45度近くに反らして見上げます。

側にアイガー北壁登山ルート標識が建ってます。

1938年にアイガー北壁初登攀に成功したときのルートが示してありました。

四角で囲ったところはユングフラウヨッホへ向かうトンネル内の鉄道駅

のところで、窓から外を眺められます。

 

f:id:hansui:20170205205457j:plain

 ガスが昇ってきて、カーテンを引いてしまいます。

ふ~と音もなく立ち上るガスに包まれてしまいます。

f:id:hansui:20170206084546j:plain

f:id:hansui:20170205205825j:plain

ガスの中、ガレ場の上の方から奇妙な鳴き声が聞こえてきました。

グェグェとしわがれカエル声やクックックッとにわとり声。

氷河時代からの貴重な生き残り、茶の夏羽色の雷鳥ファミリィーでした。

カミさんが大喜び、しばらく撮影タイム

f:id:hansui:20170205210005j:plain

北壁に下から雲が立ち上り、風に煽られ

チラリと荒々しい岩壁が姿を見せます。

f:id:hansui:20170205210124j:plain

雲の下の方から、カランコロンと鈴の軽やかな音色がの上ってきます。

あの音色は・・

f:id:hansui:20170205210312j:plain

登って来た二人組もクライマーの様でした。

先ほどの登攀口へ向かうのかな

アイガー北壁直下二つ目ののガレ沢を横断してます。

落石注意です。

f:id:hansui:20170205210545j:plain

f:id:hansui:20170205210709j:plain

f:id:hansui:20170205211010j:plain

f:id:hansui:20170205211203j:plain

f:id:hansui:20170205212351j:plain

沢を渡ると再びお花畑が始まります。

あら、早く~・・てカミさんの呼び声。

指さす先に、アルプス三大名花の一つと言われる、

鮮やかブルーのエンチアン(リンドウ科)がまだ咲いていた!

f:id:hansui:20170213140412j:plain

そして「アルペンローズローズ」、ツツジの仲間ですね。

f:id:hansui:20170205212127j:plain

マッターホルン、ハイキングで出会った「エーデルワイス」と

三大名花に出会えたことになります。

f:id:hansui:20170131062030j:plain

f:id:hansui:20170301104222j:plain

追い越して行ったのハイカー

f:id:hansui:20170205211437j:plain

登って来たのは女性ハイカー

走るような速さで登ってきて、風のように遠ざかってゆきました。

f:id:hansui:20170205211337j:plain

f:id:hansui:20170213183036j:plain

見上げると、パンフで見た目安の岩峰と滝が見えました。

残念ながら雲に隠れてるが、アイガー北壁頂上真下に差し掛かったようです。

 

f:id:hansui:20170206084737j:plain

小さな雪渓も渡ります

f:id:hansui:20170205212827j:plain

日本人ハイカー、単独行の若い女性が同じコースを去って行きました。
今日がスイス最終日で、下山後空港へ向かうとのことでしたね。

f:id:hansui:20170205213017j:plain

そして下から登ってきた、20名ほどの日本人ツアー登山者に会い

挨拶を交わします。
装備からみても、山岳ハイキングをメインにしたツアーのようです。
それ以外、日本の方には会うことはなっかた。

f:id:hansui:20170205213136j:plain

 だいぶ下って来たようです。

相変わらず雲が低く、遠見がありません。

向かい合うは、左ラウバーホルン(2,472m)、中がチュッケン(2,521m)。

右奥に小さくメンリッヒェン頂上。 

f:id:hansui:20170207060918j:plain

スタート初に見えた人口池かな?

f:id:hansui:20170206083917j:plain

雪庇の沢を渡ります

 

f:id:hansui:20170206085215j:plain

f:id:hansui:20170205213324j:plain

f:id:hansui:20170205213552j:plain

ハロー、グーテンダーク、こんにちは

 

f:id:hansui:20170205213819j:plain

途中、見晴らしの良いところでランチタイム。
持ってきたお握りは硬めでしたが、それはそれで景色をおかずに、
美味しく頂きました。

f:id:hansui:20170206090045j:plain

f:id:hansui:20170205213938j:plain

雲が周りを取り囲み、遠望はあまり得られませんが、雲の切れ間から時折覗く

グリンデルワルド谷を挟んで対面する山魂は、お仲間が添乗員さんと行ってる、

山上湖や花園の点在する、ファウルホルン方向かな。

ガイガーを中心に、4000m級のアルプスの絶景ポイントでもあるそうです。

見えてるかな?

f:id:hansui:20170206053032j:plain

デジカメを超アップ

f:id:hansui:20170206053048j:plain

岩盤上を歩く感じ。

よく草が根を張れるもんですね。

f:id:hansui:20170205214202j:plain

牧場に入ります

f:id:hansui:20170205214317j:plain

この辺か、(青星)

f:id:hansui:20170301104745j:plain

f:id:hansui:20170205214510j:plain

真ん中にベッターホルン

下の尾根は昨日向こう側からバスで越えてきた、グローセ・シャイデック峠

f:id:hansui:20170205214617j:plain

f:id:hansui:20170205214654j:plain

岩壁を回り込むと、滝が現れます。

子供がわいわい、楽しそうですね・・

f:id:hansui:20170205215046j:plain

f:id:hansui:20170205215346j:plain

轟音と共に岩盤の割れ目を滝のように流れ落ちてゆきます。

f:id:hansui:20170206090352j:plain

アビルゲンの駅が眼下に見えてきました。

f:id:hansui:20170205215459j:plain

一枚岩のような岩盤上にも草が根を下ろし、牛がのんびり食んでいます。

先ほどのカランコロンは、ここから聞こえていたんだん。

f:id:hansui:20170205215700j:plain

 

f:id:hansui:20170205215756j:plain

f:id:hansui:20170205215852j:plain

滝から回り込んで下るガレ場道周りは高原の花園

f:id:hansui:20170214154951j:plain

f:id:hansui:20170214155244j:plain

コース案内道標が建ってます。

ここは標高1725m、真っすぐ進めば、アイガー東端を下って、グリンデルワルドに2時間半くらいで降りられるようです。

ただしペット連れは無理ですよ、かな?

f:id:hansui:20170214160118j:plain

(写したのはピンボケで、拝借フォット)

f:id:hansui:20170214160224j:plain

道標ではアビルゲンまで20分、なんだけど・・

ここからコースは、ほぼ左直下へ方向転換。

下の見えるアビルゲンへ向かって、標高差100mを急降下の九十九折。

針葉樹林帯の中を高度を下げると、再び花咲き乱れる草原に。

f:id:hansui:20170205220521j:plain

珍しいですね、白トリカブトの花

f:id:hansui:20170206090612j:plain

f:id:hansui:20170214161934j:plain

f:id:hansui:20170205221204j:plain

アイガーは雲間に隠れてしまいましたね

f:id:hansui:20170206091653j:plain

雲に覆われたこの右上方向が、アイガー山頂のようです。

さっきの滝がはるか上になっている。

f:id:hansui:20170206093831j:plain

f:id:hansui:20170206091726j:plain

コース中、前方に常に見え隠れしていた、

左、ヴェッターホルン(3,692m)ちょんとの突起が頂上のようです。

 4000mには及ばないが、聳える雄姿はひと際どっしりと巨大の山容です。

中、シュレックホルン(4,078m)の北端。槍型頂上はもう少し右奥アイガーの陰。

右、アイガー東端がグリンデルワルトに落ち込む。

圧倒的な大きな岩の塊。威風堂々の山容

f:id:hansui:20170206091931j:plain

長いゴンドラで上がれる、なだらかに左右に広がるメンリッヒェンの尾根。

右、三角がメンリッヒェン(2,343m)、左・チュッケン(2,521m)左、頭が雲の中。

さらに左端がラウバーホルン(2,472m)

後で行くからね~

目の下すぐにアビルゲン駅が見えるのですが、なかなか近づきません。

最後の急降下で、さすがに膝はガクガク!!

 

f:id:hansui:20170206095702j:plain

PM1:30 アルピゲレン駅へ下山。

f:id:hansui:20170205221255j:plain

f:id:hansui:20170205221400j:plain

素晴らしかったわね~・・カミさんも大満足。

ああ、最高だったな~

雲流れる巨大な岩壁絶壁、岩盤草原に咲き乱れる花々。

ガスのカーテンの中を歩き、岩尾根上を歩き、ガレ沢を下り登り、

小さいながらも雪渓を渡り、結構アップダウンのアイガートレイル。

岩山登りはできなくっても、望んだアルプスのミニ登山体験。

十分触れ合えた山岳ハイキングだった。 

 例によって私たちの足並みは超遅く、なんと4時間越えの、のんびりハイク。

(これでは、団体行動ハイキングは参加できない!)

f:id:hansui:20170206114235j:plain

まだ時間が有るので、列車でグルントへ向かいます。
グルントからはヨーロッパ最長のゴンドラに乗り、

メンリッヒェン尾根(2222m)へ登ります。
 そこから是非眺めたい光景が有るので。

f:id:hansui:20170206114326j:plain

続きます

 

思い出旅・2012年 スイス(11)朝焼けユングフラウヨッホ

思い出旅 スイス

 

そうだ、スイスへ行こうか! 続編

 

グリンデルワルト

7月16日、6日目・・ああ今日は月曜日なんだ。

 モーニングコール  AM 3:00 超早起き。

さすがに、モーニングコールで飛び起きました。

前夜の内にすべて準備は済んでるので、さっと支度して

ロビー集合、 AM3:30 
ホテルを出ると満点の星空・・じゃなかった、一部だけ!

ホテルから歩いて10分くらいかな、深夜のグリンデルワルト駅へ。

まだ真夜中のグリンデルワルドの駅には、日本各地発のツアー参加者グループも、

続々と集りました。

今日は、今回の旅行会社が仕立てた貸切登山電車で、

グリンデルワルド駅(1034m)からヴェンゲルンアルプ鉄道に乗車。

クライネ・シャイデックでユングフラウ鉄道に乗り換し、

さらに、アルプスの岩盤(アイガー)をくり抜いて、登山列を走らせ

標高3,454mの、ユングフラウヨッホ・トンネル駅まで運んでくれます。
ユングフラウヨッホ駅は、ヨーロッパで最も高い位置にある鉄道駅だそうです。

 ヨッホとは山のピークとピークの間の鞍部を意味します。

ユウグフラウとアイガー、メンヒとの鞍部と言うことですね。

富士山の八合目より高い所に、標高差2000mを一気に上がってしまうので、

経験なしの初めての高さ。

大丈夫とは思えども・・心配なのは高山病。

インターラーケンからも電車到着。

ツアーの方が降りてきました。 

f:id:hansui:20170204173708j:plain

 

f:id:hansui:20170204173725j:plain

まだ深夜にも関わらず元気な声が飛び交います。 

AM 4:05  みんなの願いを込めて、電車は登り始めました。
 その願いとは・・・・・

あれ?ハイジのアニメが放映されてた。

車窓は真っ暗、日本人の貸し切りサービスかな?

ともったら観光案内でした。

f:id:hansui:20170204174027j:plain

シギシと列車が登ります。
街灯りがどんどん眼下に遠ざかり、車両が急勾配を登っているのが 判ります。

クライネ・シャイデックで待機していた、ユングフラウ鉄道にすぐ乗り換へます。

満点とは行きませんが、星空も広がってまずまずの晴れの様子。

しばらくして突然、走行音が大きく変わりました。

あっ、トンネルに入ったんだ!
すごいです、山岳鉄道はアイガーの固い岩盤を削てトンネルを掘って、
アイガー、メンヒを貫いてるんですからね。

しかも長い長いトンネルのため蒸気機関車は使えず、まだ日本で明治の

夜明け頃に電化で計画されたとは驚嘆!
 途中、トンネル内で2駅に停車。
 岩壁につけられた窓からは・・真っ暗で山のシルエットだけ見えました。 

駅の一つからはトンネル外に抜け出られ、アイガーの岩壁を登っての登山が

できるそうです。

f:id:hansui:20170204174827j:plain

f:id:hansui:20170204174844j:plain

AM5:00 

スイス初の世界自然遺産に登録された地、

トンネル内の「ユングフラウヨッホ駅」。

3454m、人生の中での最高所、立っているとは不思議な思い!!

f:id:hansui:20170228070402j:plain

 駅前で添乗員さんから、注意事項、順路、等の説明を受け、迷路のような
トンネル路を進みます。

今のところみんな高山病の症状は無し!

f:id:hansui:20170204174930j:plain

f:id:hansui:20170303091508j:plain

トイレの場所もしっかり確認。

f:id:hansui:20170211141857j:plain

まだ夜明けまで時間が有るので、今年新たに出来た施設や氷河内トンネルなど、

トンネル内の経路の施設を楽しく見学しながら 進んでゆきます。

f:id:hansui:20170204180255j:plain

緩い上り勾配の、動く歩道(エスカレーター)

2か所続いてあります。

f:id:hansui:20170204180317j:plain

f:id:hansui:20170204180335j:plain

回転ドアを入ると、急に体が冷気に包まれます。

氷河をくり貫いて作った「氷の宮殿」、氷河洞窟へ入ります。

f:id:hansui:20170204180413j:plain

ヨーロッパで一番の高所駅「TOP OF EUROPE」

f:id:hansui:20170204180432j:plain

氷河の地層が見られるところがありました。

宮殿内は常に氷点下になるよう空調調節がされてるとか。

f:id:hansui:20170204180451j:plain

f:id:hansui:20170303091658j:plain

展望台へ上る前に、天上の雪原、厳寒のプラトー・テラスでへ出ます。

f:id:hansui:20170302053144j:plain

肌を刺す冷気

これだ!!これを感じたくって来たんです。

朝焼けが始まってます。

今、この時間にここへ来た者の最大の特典。

超早起きの甲斐が報われた一瞬。

 

f:id:hansui:20170204181001j:plain

シルエ ットは、メンヒ(4107m)か!

メンヒはドイツ語で「修道士」を意味する。

昼間であれば、ここからメンヒの中腹にある山小屋、メンヒスヨッホヒュッテ

までの天上雪原ハイキングができるらしい。

f:id:hansui:20170204181020j:plain

右手奥、メンヒの陰に隠れ、舞台袖でじっと出番を待つかのような、

主役のユングフラウ(4158m)

f:id:hansui:20170304115908j:plain

厳しい冷気にじっとしていられません。

出入り口へ駆け込みです。

いよいよ、展望台へのエレベーター前へ。

人気のスポットですね。用意してきた絵葉書投函。

f:id:hansui:20170211163738j:plain

f:id:hansui:20170204181437j:plain

全員高山病の症状無し!!で一安心。

再度、注意事項、朝食の場所 時間等の説明。
一気に高速エレベーターで、スフィンクス展望台(3573m)へ。

「 Top of Europe!!!」

そこに展開する極寒の夜明けへ!!、ピリピリ肌を突き刺す冷気。
真っ青な空、デッキに出ると墨絵の様なメンヒ(4099m)

f:id:hansui:20170204182320j:plain

墨絵姿にパッとスポットライトの放射光が流れ、主役、

ユングフラウ(4158m)は舞台上でモルゲンロートに染まる!!!

f:id:hansui:20170204182347j:plain

ふっと左下へ目を移すと、雲海の地平線はピンクに染められた幽玄の世界。

f:id:hansui:20170204182413j:plain

f:id:hansui:20170302053853j:plain

f:id:hansui:20170204182449j:plain

f:id:hansui:20170302053826j:plain

ほどんと無風ですが何せ、厳寒の世界。

顔がピリピリ、耳も痛くなってきます。

日の出の瞬間をとらえようとビデオもセットしましたが、作動不能になる

恐れありで即撤収。

f:id:hansui:20170204200133j:plain

 

メンヒの右から昇る 日の出まではもう少し。

あまりの厳しい冷気に耐えかねて、一旦、展望室内へ避難です。

f:id:hansui:20170204182902j:plain

 

f:id:hansui:20170304123701j:plain

 

f:id:hansui:20170304123727j:plain

 

山頂に陽が当たりだします。

f:id:hansui:20170204200620j:plain

ユングフラウを源とするアレッチ氷河。全長24km

氷河の上をトレッキングのコースもあるそうです。

f:id:hansui:20170211151733j:plain

はるか眼下に、うっすらと雲間に見えたクライネシャデック

f:id:hansui:20170204201129j:plain

 

f:id:hansui:20170304123419j:plain

そろそろご来光近し、みんな一斉に屋外へ飛び出します。

f:id:hansui:20170204201827j:plain

そしてメンヒ~の山影よりAM 6:10、感動の日の出。
大きな歓声が上がります。
手をたたく人、肩を抱き合う人、ばんざ~いい!!!

f:id:hansui:20170303094028j:plain

f:id:hansui:20170303094007j:plain

こんかいのツアーを選んだ大きな理由の一つは、望みがかないました。

f:id:hansui:20170204202256j:plain

 

 もう一度ユングフラウを目に焼き付けて、

f:id:hansui:20170303094542j:plain

大勢の嬉しい賑やかな声が飛び交う、スフィンクス展望レストランで朝食。

レストランは超満員!!でした。

f:id:hansui:20170228184131j:plain

賑やかな電車で8:10下山へ。

f:id:hansui:20170204203827j:plain

カミさんと私は、アイガートンネルを抜けたすぐの駅

「アイガークレッシャー」に下車。

降りたのは私たち二人だけ。

さあ、これからがこの旅2度目のフリータイムハイキングです。

f:id:hansui:20170204204021j:plain

気を付けてね~・・・行ってきま~す・・・

f:id:hansui:20170204204422j:plain

続きます

 

思い出旅・2012年 スイス(10)グリンデルワルドへ 2

思い出旅 スイス

そうだ、スイスへ行こうか! 続編

 

昼食も済み、迎えのバスがやって来ました。

そしてそしてそして・・・・

f:id:hansui:20170203132652j:plain

運転手さんがなにか大声で、添乗員さんに話かけます。

パッと輝いた添乗員さんの笑顔・・・見つかった!!! 

しかもあと30分ほどで転送列車が到着!!!

わっ!!歓声が上がりました。良かったね~・・・・

 

運転手さんも我々が食事の間、駅に待機し何度か駅員さんに確認してくれていた

ようです。(ほっと、笑顔の添乗員さん)

f:id:hansui:20170203132959j:plain

アンデルマット駅で、今か今かと列車の到着を待ちます。

f:id:hansui:20170203133132j:plain

f:id:hansui:20170203133214j:plain

待ちに待った列車がトンネルから姿を現し、ゆっくり峠を降りてきました。

f:id:hansui:20170211052350j:plain

f:id:hansui:20170203134215j:plain

f:id:hansui:20170203175323j:plain

列車から降りてきた車掌さんの手には、カバンがしっかりと握られてました。

すぐ中身を確認、パスポートOK! いや~よかったですね~・・・

氷河特急アンデスマット駅、思いでに一番残る駅になりました。

ありがと~スイスの鉄道の皆さん,ポストバスの運転手さん。

大アクシデントも無事解決。

ほぼ1時間ほどの遅れだけで、旅は再開されました。

f:id:hansui:20170210215905j:plain

ちょっぴり沈みがちだった一行は笑顔いっぱいになり、

さあ、フルカ峠、大氷河、グリムゼル峠、そしてグロッセシャイデックをこえて

ユングフラウヨッホのグリンデルワルトへ・・・・・・

再び感動スイス旅は進みます。

バスはぐんぐんと高度を上げ、フルカ峠(2413m)へと走ります。

f:id:hansui:20170203135429j:plain

下の街はアンデルマットから一駅手前のレアルプ集落。

ちょと解りづらいですが、集落の右手に鉄道の新フルカトンネル出入り口と

峠へ登ってくる旧路線が見てるんですあ・・・。

アンデルマットは中央谷間の奥になるようです。

f:id:hansui:20170203135445j:plain

長野県の今はマイカー禁止ですが、あの乗鞍岳の標高2000mへ登る山岳車道を

思い出しますね。

f:id:hansui:20170203140212j:plain

川を横断、谷間に延びる、フルカ峠越え時代の氷河急行の旧線路が見えてます。

f:id:hansui:20170228173139j:plain

バイク・ツーリングを楽しむサイクリストが大勢走ってます。

バスも、決して追い越を強要するような運転はしません。

追い越しができるようになるまで、ゆっくり待ちながら走ってます。

f:id:hansui:20170203140341j:plain

フルカ峠(2413m)のピーク付近と、添乗員さんから説明。

滝が流れ落ち、花がいっぱい咲いてました。

う~ん、ピンボケ・・・・

f:id:hansui:20170203181813j:plain

ピークを少し下ると、眼下にローヌ谷を見下ろす建つホテルが見えてきます。

f:id:hansui:20170203141017j:plain

 駐車場は満杯で、手前のスペースを確保し氷河が見えるとこまで歩きます。 

f:id:hansui:20170203141213j:plain

その先にドライブインがあり、店内を通ってローヌ氷河への遊歩道があり、

氷河洞窟がありますが有料です。トイレも有料でしたね。

頭上は雲が多く、遠景は望めません。

f:id:hansui:20170203141301j:plain

f:id:hansui:20170203141505j:plain

峠では雄大なローヌ氷河、氷河から流れ落ちる大滝。

時間ロスのため氷河までは行きませんでしたが、雄大な景観が広がってます。f:id:hansui:20170203141606j:plain

f:id:hansui:20170211053814j:plain

f:id:hansui:20170211053925j:plain

流れ落ちた滝はローヌ川となって、あの氷河特急が走った線路沿いを流れ、

さらに先は、あのシオン城の有ったレマン湖へ注ぐんですね。

f:id:hansui:20170211054204j:plain

そしてレマン湖からの流れはソーヌ川と合流し、最終的に地中海に注ぐ全長812km

(スイス国内231km)に及ぶ大河なんだそうです。

スイスのこの氷河に水源を持つローヌ川の流れは地中海にそそぐ、大ロマンですね。

f:id:hansui:20170203142821j:plain

峠の一軒宿。朝夕景を眺めてみたいもんです。

 

f:id:hansui:20170226210126j:plain

見下ろす谷底から煙が立ち上ってます。

ちょうど氷河急行の旧路線を、蒸気機関車が上って来たんです。

新トンネル開通により廃線になって居たのを、世界中の鉄道フアンの方々の

強い要望で、募金をつのり、民間の手で再開をしたそうです。

f:id:hansui:20170211055148j:plain

トイレ休憩もして、峠を下ります。

いったん下のグレッチ村へ下り、再び右手の雲の中へと消えてる超急坂を

上って行くそうです。

f:id:hansui:20170228174307j:plain

f:id:hansui:20170228174525j:plain

バスの前方下る道路、右手上って行く線がフルカ鉄道の線路。

来るとき谷間に見た線路になるんです。

f:id:hansui:20170203212016j:plain

f:id:hansui:20170226210721j:plain

九十九折りの急坂を谷底へと下って行きます。

f:id:hansui:20170203144032j:plain

f:id:hansui:20170226211107j:plain

f:id:hansui:20170226210954j:plain

f:id:hansui:20170226211213j:plain

谷底に降りると谷間のグレッチ村。

f:id:hansui:20170203144405j:plain

さらに、曲がりくねった道を上り、次はグリムゼル峠 (2165m)へ。

f:id:hansui:20170203212722j:plain

グリムゼル峠近くから後ろ右手にローヌ氷河がちらりと見えてましたね。

f:id:hansui:20170203213128j:plain

f:id:hansui:20170226211443j:plain

グリムゼル峠(2156m)のトーテ湖は濃いガスが流れ、

レースのカーテン越しのような景色が広がってました。

f:id:hansui:20170226212049j:plain

ここにはホテル、ドライブインや、マーモットが飼われている施設が

あるそうですが、バスは素通りです。

一瞬、雲が流れ下の幽玄の湖が姿を現しました。

f:id:hansui:20170211071814j:plain

上のトーテ湖はローヌ川を経て地中海へ。

下のグリムゼル湖はアーレ川・ライン川を経て北海へ流れていくんだそうです。

ライン川か、・・ドイツ国内を流れるライン下り・・

それぞれの流れをたどり行くんです、なんともロマン!

f:id:hansui:20170226212115j:plain

f:id:hansui:20170226212141j:plain

美しい山上湖、ダムとワイルドな風景を抜けて、ハスリ谷をぐ~うんと

下りていくと

f:id:hansui:20170226212431j:plain

f:id:hansui:20170226212449j:plain

f:id:hansui:20170226212517j:plain

小雨のマイリンゲンの集落。

f:id:hansui:20170226212633j:plain

 

f:id:hansui:20170203150542j:plain

雨降り滝が何本も流れ落ちてます。

f:id:hansui:20170203150713j:plain

さらに、ヴェッターホルンの真下に位置する

グローセ・シャイデック峠(1961m)へと、バスはすれ違い困難の

細い山道を曲がりくねりながら高度を上げ

アイガー麓にあるグリンデルワルトに向かって行きます。

f:id:hansui:20170203151133j:plain

森林を抜けて高原へ上がってくる頃には雨もやみ青空も見えてきた。

f:id:hansui:20170203151749j:plain

f:id:hansui:20170226212952j:plain

あら!氷河よ!!

カミさんの声に急ぎ左席に移り見上げると、氷河と流れ落ちる滝。

f:id:hansui:20170203152032j:plain

見上げるド迫力の岩壁

f:id:hansui:20170302051632j:plain

右手に広がるは色鮮やかなアルプ(アルプとは牧草地帯のこと)

f:id:hansui:20170226213145j:plain

ヴェッターホルン(3701m)の真下に位置するグローセ・シャイデック峠。

黒い壁面で迫り、氷河も目の前にです。

黄色い車は乗って来たポストバス。

後方に越えてきたフルカ峠やグリムゼル峠の方向だね。

f:id:hansui:20170203165850j:plain

f:id:hansui:20170302051944j:plain

そしてそして!!目の前に

 

f:id:hansui:20170203170458j:plain

f:id:hansui:20170302052158j:plain

切り立った北壁で有名な、アイガー(3,970M)、

見下ろす先に目的地、グリンデルワルトの街並みが広がり、さらに遠く中央にには

雪のユングフラウ(4.158m)がそびえてます。

f:id:hansui:20170203170850j:plain

ここからはマウンテンバイク(自転車)道やトレッキングコースが沢山あるようです。

バス停がコース標式になってます。

黄色い標識がトレキングコースです。

f:id:hansui:20170203172202j:plain

バスはグローセ・シャイデック峠を下り、グリンデルワルトへ下ってゆきました。

f:id:hansui:20170302052313j:plain

f:id:hansui:20170302052512j:plain

PM6:00頃 グリンデルワルト・ホテル着。

ベルン州の高地 、ベルナー・オーバーラント と呼ばれる地方の中でも、

グリンデルワルトは、とりわけ美しい町として知られています。

f:id:hansui:20170301091606j:plain

f:id:hansui:20170301092421j:plain

夕食はホテルでメインがお肉かお魚のチョイスメニュー。

かみさんは、肉、私は魚(鮭?鱒?)

食事中の話題は何といっても、あの置き忘れカバン事件。

みんなで白ワインを頂きながら、奥さんの味方をして大いに盛り上がりました。

さんざん奥さんにやりこめられてもご主人は・・・
ははは・・そのうち、何とかな~るだろ~お~・・そんなに心配して無かったよ!

で、またみんなからブーイング・・わいわい、賑やかな夕食会でしたね。

 

こうしてスイス旅一番の、波乱の一日が終わりました。

f:id:hansui:20170226213955j:plain

(紫線 赤星印)

f:id:hansui:20170212180920j:plain

15・16日 連泊です。

さあ、明日はモーニングコールAM3:00の超早出です。
そして、またまたフリータイム・ハイキングが待ってます。

「どうしても晴れてほしい!!」

と祈りながら、マジックライスでお握りを準備して就寝、いい夢続きますように・・・・、

そとはまだ薄明り。

f:id:hansui:20170301092730j:plain

続きます。