読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思い出旅・2012年 スイス (3)首都ベルンの2

思い出旅 スイス

そうだ、スイスへ行こうか! 続編

f:id:hansui:20170212064647j:plain

7月12日

いよいよスイス国内の旅が始まります。

ホテルロビー、AM8:30集合です。

支度をして早めに部屋を後にし、ホテルの前庭や付近を散策。

 

f:id:hansui:20170127092340j:plain

f:id:hansui:20170127092410j:plain

ホテルは高台に建ってるので、旧市街の街並み方向が見下ろせます。

街並の奥に白い山々・・

遠景の青空にふわりと浮かぶ白い嶺、

f:id:hansui:20170127092846j:plain

ベルナーオーバーランドでは!!?

ベルナーオーバーラント地方とは、アイガー、メンヒ、ユングフラウの3山に

代表されるアルプスの名峰が連なるベルン州の南部の高地帯で,

旅の後半に行く予定です。

f:id:hansui:20170127093035j:plain

うん、方向的に間違いないようです。

f:id:hansui:20170127121826j:plain

ロビーに戻ると、ベルン案内の日本人女性ガイドさんが待っていました。

今日はこれからベルン市内の観光へ。

ベルン旧市街はュネスコ世界遺産です。

まずは、旧市街を望む人気スポット、丘のバラ公園へは近いので徒歩で向かいます。

公園にて左、ガイドさん。右、添乗員さん。

f:id:hansui:20170123183754j:plain

バラ公園からは世界遺産、旧市街が一望です。

エメラルドグリーンのアーレ川にU字型の囲まれ

淡い灰緑色の砂岩の壁・赤い屋根瓦の家々がびっしりと並び建ち、

中央に目の前に広がる古都ベルン・中世の風情たっぷりの街並み。

はひときわ高い大聖堂の塔。

f:id:hansui:20170127094536j:plain

 東西に細長いベルン旧市街。

北・東・南の3方をアーレ川に ぐるりと囲まれ、西の端は朝の散歩で歩いた

方向にあるベルン駅に当たるようです。

街の大きさはせいぜい1000m×500m程度とか。

f:id:hansui:20170127094937j:plain

スイスで一番高い尖塔を持つ大聖堂、尖塔は補修工事中。

f:id:hansui:20170127095226j:plain

左、グリーンのドーム屋根はスイス連邦議事堂。

右隣の尖塔は旧市街地の時計塔

f:id:hansui:20170209205923j:plain

移動しながら街並みをゆっくり眺めます。

その昔は木造建築だったそうですが、1400年代の大火から、

この石造り街並みとなったそうです。

ゆっくり滞在して、街の隅々まで散策したくなりますね。

f:id:hansui:20170209210509j:plain

 左手石橋の左川辺に後で訪れる「熊公園」が有る。

f:id:hansui:20170209210533j:plain

バラ園を少し散策し旧市街地へはバスで移動します。

f:id:hansui:20170209211009j:plain

 

f:id:hansui:20170127100635j:plain

f:id:hansui:20170209211034j:plain

今日から明後日までは、この大型バスが私達7人だけの貸し切りバス。

f:id:hansui:20170127100706j:plain

ぐるりと回り込んで丘を下り、ベルンの市名にちなんだ熊牧場へ立ち寄り。

f:id:hansui:20170209212220j:plain

1191年にこの街を つくったツェーリンゲン家のベルヒトルト5世が狩で最初に

しとめた 動物が熊だったため、そのまま熊が市のシンボルと なっています。

ベルンの名前の由来はドイツ語の熊という意味だそうです。

f:id:hansui:20170209212406j:plain

f:id:hansui:20170127102830j:plain

パンフでよく紹介されてる、「熊の綱渡り」

f:id:hansui:20170127103058j:plain

この辺はトラムではなくトロリーバスが走ってるようです。

バラ公園から見えた橋と教会ですね。

f:id:hansui:20170127103347j:plain

再びバスで移動、市街地へ入り市内散策です。

f:id:hansui:20170127110512j:plain

連邦議会議事堂

f:id:hansui:20170127122704j:plain

f:id:hansui:20170127111305j:plain

スイス国立銀行」。スイスフランの発行管理を行っています。
地下には膨大な金塊が眠っているとか・・・・。

f:id:hansui:20170211154721j:plain

 

f:id:hansui:20170211155903j:plain

街路は、ほぼ碁盤目になっていて、初めて歩きでも道迷は全く心配ない。

せいぜい牢獄塔 と時計塔を間違えないように。

(ガイドさん)

牢獄塔

f:id:hansui:20170127112535j:plain

時計塔

 1218年から時を刻んでいる「時計塔」。

f:id:hansui:20170127114241j:plain

カラクリ時計

毎時ごとに仕掛け時計は動くということで、5分ほど待って

10時のカラクリを楽しみました。

f:id:hansui:20170127113642j:plain

人形がそれぞれ変化してるのわかるかな?(クリックしてください)

f:id:hansui:20170211200413j:plain

時計塔前の噴水塔

f:id:hansui:20170127114350j:plain

アインシュタインが住んでたアパート

行列の観光客で入館はパス。

f:id:hansui:20170127114803j:plain

まさに中世古都の街並み、何とも言えない雰囲気ですね。

 

f:id:hansui:20170127114922j:plain


旧市街に点在する「噴水」は、様々な彫刻と意匠が施されています。

16世紀に作られ、その数は100基に及ぶそうです。

道路の真ん中に建てられたものが多く、交通機関に影響するものもあり

「世界で最も魅力的な交通障害物」と呼ばれてるんだそうです

f:id:hansui:20170127115142j:plain

石畳の街並み。

両側とも15~16世紀に建てられた石造りの建物の道路面は、

「ラウベン」と呼ぶ、歩道が建物の一部に組み込まれたアーケード状の構造に

なっていて、有名ブランドから、有名無名の工房ショップ、ちょっと変わった雑貨屋まで、あれこれの新旧のお店や工房が連なっています。

街全体がユネスコ世界遺産になってしまうくらいの、古き都・ベルン。

時計修理屋さんかな?

f:id:hansui:20170127115429j:plain

f:id:hansui:20170127115906j:plain

1421年から の歴史は古い大聖堂が見えてきました。

スイスで一番高い尖塔で、約100mあるんだそうです。

尖塔修復工事中で残念ながら登りませんでした。

f:id:hansui:20170127122911j:plain

大聖堂内を拝観

礼拝堂。

5,040本のパイプを持つ巨大なパイプオルガン。

f:id:hansui:20170212122030j:plain

f:id:hansui:20170212122147j:plain

そしてステンドグラス。

f:id:hansui:20170127161904j:plain

f:id:hansui:20170127162610j:plain

f:id:hansui:20170127162935j:plain

 

f:id:hansui:20170127163502j:plain

正面入口の上にある"最後の審判"の レリーフ

天国と地獄の様子が描かれていています。

f:id:hansui:20170127163531j:plain

剣を振り上げている、大天使の聖ミカエル。

f:id:hansui:20170127163604j:plain

最後に市役所前へ出て、AM11:00 名残惜しいけどベルン観光は終わりです、

ガイドさんの見送りを受け、待機していてくれたバスにて次の地へ向かいます。

バスの運転手さんはドイツの方でした。

(市役所前噴水塔はモーゼでした)

f:id:hansui:20170127164307j:plain

7人を乗せてバスは一路フランス、モンブランの里シャモニィーへ。

農作物畑はほとんど見かけないと言われ、旅中車窓から見えるのは、

ほとんど牧草地(アルプ)でしたが、ここは麦畑?。

f:id:hansui:20170127164704j:plain

続きます