読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思い出旅・2012年 スイス (1)旅立ち

思い出旅 スイス

そうだ、スイスへ行こうか! 2012年

f:id:hansui:20170123152213j:plain

2012年7月11日、AM9:45

飛行機は成田空港を飛び立ち、初めての、そして最後?(たぶん)の夫婦海外への

「スイス・アルプス膝栗毛」旅が始まった。(地図の青と赤線)

f:id:hansui:20170212065236j:plain

振り返ってまずは、何と言っても素晴らしい添乗員さん(女性)だったことです。

よく旅の良し悪しは「添乗員」次第、と言われますが、まったくその通り。

差し出がましくなく、さりげなくしっかりとサポートしてくれる。

緊急対応の仕方も素晴らしく、海外初旅でも全く安心して旅が楽しめました。

あれから早5年、それでも昨日のことのように、懐かしく思い出してます。

 

「思い出旅・2012年 スイス」 旅ブログをはじめます。

 

2012年7月10日

二人ともパート仕事を終えて、いったん家に帰り

夜の地元発最終リムジンバスで成田へ向かい前泊。

よく11日、成田に集合したのは、私達を含め3夫婦でした。

そして添乗員さんとの7名での旅が始まりました。

 

f:id:hansui:20170117070456j:plain

ルフトハンザ航空にて2回の機内食、永い永いフライト。

席はトイレに近い席と頼んであったので、後方の気兼ね不要二人席。

ドイツ・フランクフルト乗り継ぎ便にて、ついにスイス・チューリッヒ空港着。

 時差修正、11日 PM5:30

f:id:hansui:20170117071000j:plain

f:id:hansui:20170121071146j:plain

緊張した入国手続きも、「こんにちは」の挨拶で済み、ビル出口前には

50人乗りの大型バスが待ってました。

なんとそれに乗るのは、3夫婦と添乗員さんの7人!!

帰宅ラッシュのチューリッヒから高速道入り。

車窓に流れる風景は、異国情緒たっぷり(ははは・・当たり前だ)。

村や町に教会の尖塔、石造りやログハウス風の家々。

じわ~と、外国へきてるんだな~・・・、と実感は深まってきます。

 

f:id:hansui:20170121071659j:plain

PM8:30、スイスの首都ベルン着。

添乗員さんが用意していた、ホテル内での案内や部屋やエレベーターの使い方や

明日のスケジュール表。

ホテル内は部屋やエレベーター利用は、カード形式になってました。

(ホテルの窓から)

f:id:hansui:20170212115312j:plain

 広いバスタブゆっくりと湯につかり、長いフライトの疲れをとりました。
今晩は夕食が有りません。
私たちのドライブ旅などで使うことが多い、カップ天麩羅蕎麦で遅めの夕食。

晩酌イッパイは、これも持参の紙パック麦焼酎のお湯割り。

無事到着、乾杯!!
PM11:00頃、さすがバタン・キューで爆睡。

f:id:hansui:20170121100738j:plain

 

 続きます